ナイジェリア情勢

危険な新しいレヴェル - ナイジェリアのテロリズム

9月
08

大統領は大きくなるテロリストの脅威に直面している

少なくとも23人の人々を殺したナイジェリアの首都アブジャの国連本部での8月26日の自爆テロは、政府と反対派テロリストの間の紛争の危険度を鋭く上げた。それは、ナイジェリアで国際機関を狙った初めての自爆テロだった。それは外国人居住者を混乱させた。そしてそれは、人々に、グッドラック・ジョナサン大統領の政権がそのような攻撃を止めるのに説得的な計画を持っているのかということについて疑問をもたせた。

第一の容疑者は、その名前が「西洋の教育は罪」を意味するムスリム過激派のボコ・ハラムだ。その報道官のひとりは、外国人記者に、その行動は、ナイジェリアの軍と警察によるそのメンバーへの屈辱的な扱いに復讐するために実行された、と語った。保安上の厄介な失敗を認めることに気が進まないけれども、ナイジェリアの高官はその教派を非難している。

その攻撃は、ボコ・ハラムの野望の大きな躍進を示しており、それが今では4年前にアルジェリアの国連事務所に似たような攻撃を仕掛けたイスラム・マグレブ諸国のアル・カイダ(AQIM)といったより組織されたほかの集団と結託しているかもしれないことを示唆している。ナイジェリアの秘密警察は、ボコ・ハラムのメンバーのひとりが最近ソマリアから帰ってきて、その攻撃を監督した、と言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中東のように見える - 北ナイジェリア

8月
29

イスラム過激派は日々の脅威だ

ナイジェリア北部は、大規模な貧困と失業に襲われた黄塵地帯だ。しかし全ての中で最悪の諸悪の根源は、その地域のイスラム主義者、特にボコ・ハラムと呼ばれる集団かもしれない。それは、その国の大統領の邪魔をするために、ほぼ毎日銃撃を行い、時には爆弾も爆発させ、ますます国際的投資家を心配させている。

「西洋の教育は罪」を意味するボコ・ハラムは、北東部のボルノ州の首都であるマイデゥグリで創設された。それは、800人以上が殺された2009年の分離主義暴力によって目立つようになった。その集団は、ナイジェリアでのシャリーア法のより広い適用を求めて戦っているといい、しばしば警察、教会、バーを狙ったボルノでの多数の攻撃を行ったと主張している。

過去10年以上にわたって、ナイジェリアのムスリムが有力な北部は、しばしば北部の連帯の名のもとに、その国の36の州のうち12の州にシャリーア法を導入することにより、宗教的保守主義を実施することを想像している。前回のシャリーアを施行しようとする試みはムスリムとキリスト教徒との衝突を引き起こし、多数の死者を出した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア情勢 を購読