貧困

めちゃくちゃなスープ - インドの栄養失調

12月
15

有権者に影響を与えるための巨大な安い食糧計画は栄養失調を終わらせないだろう

「歴史的」で「無類な」は、与党インド国民会議の党首のソニア・ガンディが、8月20日にデリーで始まったインドの新しい食糧法を表現するのに使ったものだ。彼女は貧者の飢餓を終わらせることを約束した。その法律とその導入へのより正確な言葉は、「その場しのぎ」で「混沌とした」だろう。その計画はインドの12億の人々のうち8億人に到達することを狙い、彼らにそれぞれごくわずかな価格で月に5キロの米か小麦を施すものだ。それは、それを世界最大の食料補助にする。しかし、それは、混乱、冷笑、そして財政的無責任さの主張の中で始まっている。

その食糧計画は、ガンディ女史の雑用係のマンモハン・シン首相が、議会が最後には合意しなければならないというめったに使われない執行力の法令として7月にそれを導入した時、法律になった。ガンディ女史は、5月の終わりに予定されている総選挙に打ちのめされることを恐れ、だから議会党はいまその計画を通すことに急いでいる。議会は依然として説得されなければならない。彼女はその法案を、20年前に暗殺され、その騒々しく宣伝された誕生日が立ち上げの日に選ばれた、彼女の夫のラジヴ・ガンディの思い出に結び付けようとした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧乏の肖像

10月
03

人々を貧困から引き上げることについての合意は、驚くほど最近のことだ

7月17日に、インドは最新の貧困の数字を発表した。それらは、勇気づけられる物語を語る。貧困線以下のインド人は、2004-05年の37%を超えるところから下がって、2011-12年には22%に少し満たないところになったのだ。選挙がそれほど遠くないので、これらの数字は異論なくは通らないだろう。否定的な態度を取る人は、すでにその数字が政府をよく見せるために早く発表されていることに不平を言っている。しかし、政治的反対派がそれについて頑張って戦う時でさえも、彼らが論議しないことについて注記することは価値がある。誰も貧困の減少が悪いことだとは言っていない。そして誰も、政策立案者が大量の貧しい人々を貧困から出すことを助けようとするべきだということについて論じていない。これは、世界的な合意を写している。国連であれ世界銀行であれ、雑多な役人であれ意識の高い有名人であれ、誰もが貧困の軽減は望ましくかつ可能だと考えている。その議論は詳細についてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧困の終わりに向かって

8月
09

10億人近くの人々がここ20年で極度の貧困から抜け出ている。世界は同じことを再び目指すべきだ

1949年の就任演説でハリー・トルーマンは、「世界の半分以上の人々が悲劇に近い状況で生活している。歴史上初めて、人類はこれらの人々の苦しみを和らげる知識と技能を持っている。」それはトルーマンが望んだよりもずっと長くかかっているが、世界は最近人々を極度の貧困から引き上げるのに驚くほどの進歩をしている。1990-2010年の間に、その数は発展途上国の総人口比で、ほぼ10億人の削減で、43%から21%に、半分に減っている。

今、世界は最も不幸な人々を引き上げると言うトルーマンの約束を履行する真剣な機会を持っている。その惑星に住んでいる70億の人々のうち、11億人が国際的に受け入れられた1日1.25ドルの極貧線以下で暮らしている。政府や国際機関からの政治家や高官といった国連のいつもの面々は、2000年9月に始まり2015年に期限切れになるミレニアム開発目標(MDGs)にとってかわる目標の新しいリストを作成するために、今週会議を始め、それは来年かそこらまで続く。各国政府は彼らの主要な新目標として、2030年までに極貧状態の人々の数をさらに10億人減らす狙いを採用すべきだ。
 

お辞儀をしろ、資本主義

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アンデス・コネクション - ペルーの地域開発

5月
12

距離を減らし、貧困を下げる

ペルーの高地は長い間南アメリカの貧困者の大きな集中地の一つを守ってきた。これは、1970年代に大きな階級を廃止した抜本的な農地改革の後ですらも持続した。この世俗の停滞の説明は、(アメリカ土着民の「怠惰さ」のせいにする)人種差別主義者から、経済学者の間にはびこる高地小作農は安い輸入品とやりあえないという考えにまでわたる。しかし、ペルー中央銀行の元総裁リチャード・ウェッブは、アンデス高地の貧困のもっとも重要な説明の一つは、地理的な孤立で、これは急速に縮小している、と新しい研究の中で論ずる。

家計調査からのデータは、家族労働生産性と村落の大きさとの間の相関を示す。平均して、生産性は地方と小さな町との間で倍になり、首都のリマではさらに倍になるのだ。学校や診療所といった公共サーヴィスへの接続もまた、村落の大きさとともに増す。これは、なぜ何百万ものアンデス農民が、過去80年間にわたってペルーの太平洋岸に移民してきているかを説明する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧困の地理学

9月
22

世界の最貧層をいかに助けるかについて解くのは彼らがどこに住んでいるかに依存する

世界の最貧層はどこに住んでいるのか?明白な答えは、貧しい国々だ。しかし、最近の記事の中で、英国開発学研究所のアンディ・サムナーはその明らかな答えが間違っていることを示した。1日2ドル以下で生きている人の4/5は、貧しい国ではなく、一人あたりの国民所得が1,000ドルから12,500ドルの間の中所得国に住んでいるということを彼は見つけたのだ。彼の発見は、経済成長の長いが不公平な期間は多くの発展途上国を中所得の地位に引き上げたが、その人口の少数を貧困の苦境に残しているという事実を反映している。そのような国々に中国やインドのような大国が含まれるので、少数派すらもとても大きな数の人々を占める。中所得国は自国の貧困層を助ける余裕があるので、それは問題だ。もしその貧困問題が国境の中にあれば、外国援助は貧困削減にあまり関係がない。助けるより良い方法は、中所得国の国内政策をより「貧者にやさしく」することだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

応援すべき下落 - 世界的貧困

3月
12

歴史上初めて、貧しい人々の数はどこでも減っている

過去4年は1930年代以来最悪の経済危機で、1970年代以来最大の食料価格上昇のように見える。それは確かに貧者の列を増大したに違いない。

それは間違っている。絶対的貧困(豊かな国々で普通に使われている相対的貧困と混乱してはいけない)で生活している人の数を2005年から更新してきた世界銀行の開発調査グループからの世界的貧困のもっともよい推計がやってきた。新しい推計は、金融と食料価格危機の初めの年だった2008年に、1日1.25ドル以下(2005年の価格で最も一般的に採用されている貧困線)で生活している人口の数の割合も、世界のどの部分でも減っている。これは、その銀行が1981年にその数字を集め始めて以来、広い部分にわたって減少が見られた最初の例だ。

2010年への推計は部分的だが、その銀行が言うには、その年の世界的貧困はその1990年のレヴェルの半分だったことを示している。世界は、1990年から2015年の間に世界の貧困を半分にするという国連の「ミレニアム開発目標」を5年早く達成したのだ。これは、年間に1ポイントを少し超える長期的な貧困減少率が、2重の危機にもかかわらず、2008-10年にも下がらなかったことを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪政にむっとする - 富、貧困、そして脆弱な国家

7月
29

適度な富と悲惨な統治が混じり合った新しい範疇の国々

ほとんどの人々は自分たちは失敗国家とはどのようなものか知っていると考えている。明らかな例はソマリアで、そこでは今週南部で飢饉の発生が国連によって公式に認められた。援助は、イスラム民兵のシャバブがかつて反ムスリム的だとした援助機関への禁止を解除した後に少しずつ始まった。ほとんどの点で、苦しんでいる地域は権威の崩壊の典型である。過激派が道路と市場を支配し、政府は首都から出ると無力で、部外者は存在する限りのなけなしの援助を提供する。

しかし、すべての失敗国家や脆弱な国家がソマリアのようなわけではない。今月世界銀行は、高、中、低所得国に分けた国々の年次リストを発行した。いくつかのアフリカの国々はソマリアよりもよくやっている。彼らは貧困国から低所得国に昇進した。しかし、著しいことに、そのリストの下位中所得国の56カ国のうち15カ国程度(すなわち1/4以上)はまた、先進国クラブであるOECDによる脆弱失敗国家リストにも載っている。それにはコートジボワールからイエメンまで含まれるが、最も重要なのはパキスタンとナイジェリアだ。国家の失敗は、それが示すとおり、必ずしも貧困といったほかの人間の苦悩と一緒にやってくるわけではない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

貧困 を購読