キューバ

一般教書演説 - 「中産階級経済」

1月
26

バラク・オバマは2016年への基調を整えようとする

大統領の年次一般教書演説はある規則の下での儀式だ。例えば、連合はいつでも「強い」。大統領与党はいつでも彼を応援し、野党はそうしない。しかし、主要な規則は、大統領は彼の議題が他の人たちを説得することによってのみ実行することができる、とは決して認めないことだ。1月20日のバラク・オバマの6回目の演説も例外ではなかった。実際には、それは世界でもっとも力のある男の弱さをかつてないほど示した。

オバマ氏の演説は楽天的だった。アメリカは今、金融危機の「ページをめくることができる」と彼は語った。失業率が下がり、赤字が縮小し、燃料が安くなったことを受けて、彼は「我々は、地球上の他のどの国よりも我々自身の未来を自由に書くよう、景気後退から回復している。」と結論づけた。卒業率の上昇を指し示して、彼は政府が「我々の子供たちがより競争の激しい世界に準備する」為の応分のつとめを果たしている、と論じた。彼は「中産階級経済」を主張した。これは、明らかに、「勤労家庭が絶え間なく変わる世界の中でより安心を感じられるよう助けることを意味する。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸分割 - ラテンアメリカの地経学

7月
08

その地域は二つの二者択一のブロックの後ろに落ち込んでいる。市場主導型の太平洋同盟と、より静態的なメルコスールだ

5月23日に、コロンビアの町カリで、4つのラテンアメリカ諸国、チリ、コロンビア、メキシコ、そしてペルーの大統領が、その商品貿易の90%にかかる関税を取り除く協定に調印する。彼らはまた、残りの10%への関税も、7年以内に撤廃するというタイムテーブルにも合意する。彼らはすでに、お互いの国民へのヴィザ要件を取り除いており、共通市場を立ち上げることに向けて迅速に動く熱意を宣言している。太平洋同盟と自分たち自身で呼んでいるそのグループは、チリの財務大臣フェリペ・ララインによると、「現在ラテンアメリカで進んでいるもっとも興奮することだ。」部外者の中にもそう考えるものもいる。コスタリカとパナマも参加したいと思っている。カナダの首相スティーヴン・ハーパーとスペイン首相マリアーノ・ラホイは、カリの会議に立会人として出席すると言っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新世界 - ラテンアメリカと移民

5月
03

長く才能の輸出国だったラテンアメリカは、今それを輸入している

ラテンアメリカの移民の歴史は昼食の話題にぴったりだ。1,200万人のメキシコ人がそこに住んでいるので、タコスとトルティージャの露店が合衆国中に広がっている。マドリーでは2000年代初めの経済危機から逃れたアルゼンチン人たちによって給仕されたパリージャの上でステーキがジュージューいう。そのような珍味を洗い流すために、どの大きな都市のバーも亡命キューバ人によって振られたモヒートを出す。

最近、料理の考えは両方向に流れる。メキシコ・シティは、スペインのタパスバーでいっぱいだ。新しいポルトガルのベーカリーがサンパウロで跳ね上がっている。アメリカの簡易食堂でさえも国境の南に浸透している。その理由は、ラテンアメリカが意欲的な移民の出発点であるのと同様に目的地になっているということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

過去と未来 - ラテンアメリカの統合

2月
24

その地域の時代錯誤の新しい顔

ヨーロッパがひれふし、ラテンアメリカの多くが急成長する中で、かつて大西洋をまたいだ「戦略的連合」のジュニアパートナーだったものが命令をしていると期待するかもしれない。しかし、そうではない。1月26,27日のチリの首都サンティアゴでのEUとの2年に一度の首脳会談と、その次の日のラテンアメリカとカリブ海諸国の共同体であるCELACの懇親会で、ラテン諸国は内部分裂と過去の目立ちたがり屋政治へののめりこみの両方を示すと決めたようだ。

たぶんそれが、ドイツのアンゲラ・メルケルとスペインのマリアーノ・ラホイ以外のヨーロッパのより重要な指導者たちがわざわざ長旅をしようとしなかった理由だろう。仕事の主要な潜在的な点は、EUと、ブラジルとアルゼンチンに率いられた貿易ブロックのメルコスールとの間の、長く停滞した貿易交渉だった。これらは1990年代に始まった。「しかし、お互いの市場へのアクセスという中心問題において、我々は依然として仕事に取り掛かっていない。EUの貿易担当委員のカレル・ドゥ・グヒュトは嘆く。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジャマイカを作り直す

8月
22
その困難を抱えたカリブ海の国が黄金の誕生日を祝うとき、その首相は次の50年のために準備をする
 
彼の犯罪的な君臨の高みで、クリストファー・“デュードゥス”・コークは、その強力なストリートギャングがジャマイカを殺人首都に変えるのに役立った暴力的な薬物王以上のものだった。大統領と呼ばれたコークは、政治的なドンで、ジャマイカの首都キングストンの都心部の塊の事実上の支配者だった。政府がついに彼の逮捕に動き、麻薬密輸の罪で2010年に彼を合衆国に引き渡した時、治安維持軍と彼の支持者の軍との間の衝突で76人が亡くなった。
 
コークは6月に合衆国連邦刑務所に23年間服することを宣告された。そしてほとんどのジャマイカ人は、8月6日にそのカリブ海の島国が50回目の独立記念日を祝うので、彼の没落を歓迎している。しかし彼らはまた、ジャマイカ初の女性指導者でコークがかつて支配していたざらざらのキングストンの飛び地からの初めての歓迎を受けた新しい首相のポルティア・シンプソン・ミラーが、暴力的な犯罪とそれを生み出す貧困を減らすことによって、より良い次の50年を作る役にたつことができるとも望んでいる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ンゴジに敬意を表す - 世界銀行

4月
09
世界がバラク・オバマに実力主義の意味を示す黄金の機会だ
 
世界銀行からのエコノミストが金と助言を施すために貧しい国々を訪れるとき、彼らは繰り返し政府に身びいきを排し、最高の使える候補者にそれぞれの重要な仕事をやらせるよう教える。それはよい助言だ。世界銀行はそれを取り入れるべきだ。次の総裁の任命に際し、その銀行の総務会は、もっとも影響力のある出資者のアメリカの候補者を拒絶し、ナイジェリアのンゴジ・オコンジョ=イウェアラを選ぶべきだ。
 
世界銀行は、世界最高の開発機関だ。その総裁は政府での経済と金融での経験を必要とする(それは結局銀行なのだ)彼か彼女はまた、開発分野での広い経験を持っているべきだ。オコンジョ=イウェアラ女史は、これらの性質をすべて、そしてコロンビアのホセ・アントニオ・オカンポはいくらか持っている。バラク・オバマが押しているアメリカ人公衆衛生教授ジム・ヨン・キムは対照的に、せいぜい一つだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

2回目は・・・ - 海からの電力

1月
13
海の熱は発電に使えるかも知れない
 
アメリカの官僚主義の標準によってでさえも、13年間なにも成し遂げることなしに動き続けることは印象的だ。しかし、それが1981年に開設され一度も許可を出すことのないまま1994年に閉鎖された海洋熱エネルギー変換(OTEC)許可局の運命だった。その事務局は、その国の宇宙機関NASAの海洋版であるNOAA、アメリカの国立海洋大気局の一部だ。そして、OTECの考えは、タービンを動かし発電するために海面と海底の温度差を利用するというものだった。その動機付けは1970年代の石油価格の急騰だった。しかしひとたびその動機付けがなくなれば、代替エネルギー源と最後にはその事務所への関心もなくなった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソクラテス

12月
19

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クイーンズウェイ・シンジケートとアフリカ貿易 - 中国国際基金

8月
22

中国のアフリカとの石油取引はある不透明な企業連合に支配されている。普通のアフリカ人は、そのかなり儲かる取引から不当な分け前しか得ていないようだ

中国の次の国家主席になりそうな男がアフリカの石油会社の幹部に会う時、人はその王子が優位に仕切ると期待するだろう。しかしながら、マニュエル・ヴィセンテとの間ではそうは行かない。今年の4月15日に、そのアンゴラの国有石油会社であるソナンゴルの会長でCEOは、北京の真ん中にある贅沢な花に飾られた部屋に大股で入り、中国の副首席で中国共産党の次期総書記と目される習近平と握手した。ヴィセンテ氏はアンゴラ政府で何ら公的地位を持っていないが、あたかも国の長の称号を与えられたかのように、習氏はその客に中国は「相互の政治的信頼強化」を望むと再確認した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

キューバ を購読