中国問題

中国からの稲妻

6月
24

中国周辺で、熱は上がり続けている

その勃興により平穏さが増すと考えている新興国にとって、中国は警告すべき数の前線で侵略ではないかと疑われることに従事している。インドは、合意された国境のないジャンムー・カシミール州のラダックを中国から分かつ「実効支配線〈LAC〉」のインド側19キロの所に、中国軍兵士がキャンプを立ち上げているという。日本は、中国の海洋監視船が毎日東シナ海の紛糾している尖閣諸島の周りをまわっていると報告する。そして4月26日に、中国はフィリピンに、いくつかの場合は何十年もそこに至りあったりする南シナ海のかなりの島や礁から「すべての国民や設備を引き揚げる」よう要求した。これらすべての事例で、中国はいくらかの正当性を持って挑発に反応しているのだと主張する。しかしながら、それは、ますます不安を持つ隣国にとって慰めとはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソフトパワーはカネでは買えない - 中国外交

6月
10

中国の経済的強さは、アジアの他の所でのその人気に大きな貢献をしていない

中国の需要の触手は、今ではアジアの隅々にまで到達している。中国のスープに鳥の巣を供給する遠く離れたインドネシアの村の不似合いなほど豊富なツバメの巣、シンガポールのカジノ、かつては捨てられた鶏の足の市場を今見つけているインドの養鶏場、オーストラリアのピルバラとモンゴルのゴビに広がる広大な鉱山。中国はその地域にとって、市場としてだけではなく、輸出業者、投資家、建設業者、そして政府援助の素としても重要なのだ。

しかし、中国の経済力と、その経済がその地域に影響する多くの積極的な方法は、外交的な利点をもたらしていはいない。実に、その地域的な関係は過去20年間よりも悪い状態にあるのだ。日本との間では、彼らは争っている尖閣諸島についてとても悩んだままなので、武力紛争が深刻な可能性を持っている。東南アジアでは、南シナ海を巡る紛争でつながりは劣化している。ミャンマーは20年にわたって中国との友好関係を強化した後で、今ではその依存を減らすために西に向かって傾いている。インドとの関係は、商業関係の急速な増加にもかかわらず、相互不信に特色づけられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

米の男が来る - アイスランドとの自由貿易(中国)

5月
29

ヨーロッパへの足掛かり、しかしなんのために?

4月15日に中国のヨーロッパの国との最初の自由貿易協定の調印を促したのは、安い魚の見通しではないかもしれない。アイスランドの首相ヨハンナ・シグルザルドッティルが6日間中国を訪れているうちに合意されたその貿易協定は、その2国間貿易でほとんどの関税(アイスランドが言うには2012年に4.2億ドル以上だった)を除外するだろう。アイスランドの人口がたった32万人で、他のヨーロッパ市場への低関税参入がその協定には含まれていないので、多くは中国の真の目標が、北極を通る航路へのより良いアクセスだと信じている。

先月、極地政策への中国人専門家が、2020年までにその国の貿易の15%までが、変動する気候によって暖められた北極航路を通って動くだろうと予測した。たとえその推計が誇張されていても、北極の氷が縮み続けることは、その地域の重要性を強化するだろう。中国は、北極についての調和した政策を探る8か国の機関である北極評議会の常任オブザーヴァーとして来月承認されることを望んでいる。中国はそうするためのアイスランドの後押しを必要としている。航路とアイスランドの港の利用を越えて、それはまた、北極のエネルギー資源と宇宙研究設備にも興味を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

竜たちが合体する - 海洋安全保障

4月
12

その海洋利益を守るために、中国は民間沿岸警備を立ち上げている

退職前の最後の政策演説で、去年の11月に中国の当時の指導者胡錦濤は、その国が「海洋大国」として立ち上がるべきだと語った。3月14日に胡氏の最後の任を引き継いだ彼の後継者の習近平は、これが起こるようにすることに熱心なようだ。同じ日、中国の立法府は、競合する民間機関を統一した沿岸警備に変える段階を承認した。そばの国々は複雑な感情を持つかもしれない。

海洋法施行努力は、長い間、競合する官僚機構の間で分断され、とても貧弱な調整しかされていなかったので、公的メディアでさえも彼らを中国の伝説上の竜王の子供たちを参照して「海をかき混ぜる9頭の竜」とあざけった。実際、5つの機関は中国が主張する海域での法施行力を持っている。しかし、彼らの重なる機能は、彼らの協調が明らかに欠如していることを通して時に外交問題を引き起こすのと同様に、資源の無駄だと考えられる。競合する領域主張によってかき乱された海では、中国はそれが自分の権利だとみているものをより有効に主張することのできる機関がほしい。多くの役人は、アメリカや日本の沿岸警備隊をモデルとして見ている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京はヨーロッパシフトを目指す - 中国の中東欧投資

11月
27

EUの新しい加盟国に言い寄ることは賢い投資だと証明するかもしれない

中東欧への中国の投資は、その他の新興市場へのものよりもずっと遅れていた。しかし、去年、北京は機会に目覚め始めたように見える。

ここ数か月で、中国は普通ではない「農産物融資」契約をウクライナと合意しており、その下ではキエフはメイズ供給の代わりに30億ドルの与信限度を受け取る。

今年、北ブルガリアのロヴェチのそばのバホヴィツァでEUでの最初の中国の自動車工場である長城自動車会社の工場で生産が始まった。それは、その地域でのより広い中国の自動車投資への道を切り開きうる試験計画だと広くみなされている。同月、中国は、リュウゴン機械が道路機械メーカーのフタ・スタロワ・ウォラを約1億ドルで買収することにより、ポーランドでこれまで最大の投資を完了した。

4月に中国首相の温家宝は、北京の求めで開催され、300人の中国人事業家を引き連れた、ワルシャワでの投資フォーラムの呼び物だった。14人ものその地域の首相と会い、温氏は、東ヨーロッパの社会資本と技術への合弁投資計画に100億ドルの特別与信限度枠と5億ドルの投資協力基金を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアは本当にこれらで戦争に向かってしまうのか?

10月
09

島々についての小競り合いは、その地域の平和と繁栄への深刻な脅威だ

アジアの国々は、正確には一粒の砂に世界を見ておらず、その沿岸に散らばる小さな露頭や礁に国益の重大な脅威を見出している。今夏には中国、日本、韓国、ヴェトナム、台湾、そしてフィリピンを巻き込んだ一連の海洋紛争があった。今週、日本語で尖閣諸島として知られる無人の諸島についての紛争のために、中国中の町でより多くの反日暴動があった。トヨタとホンダはその工場を閉じた。両側の熱っぽいレトリックの中で、一つの中国の新聞が、要領を得ない外交を飛ばし、日本に原爆をくらわせるという主食にまっすぐ向かおう、と有益な提案をした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

唇と歯のようには近くない - 中国とインド・ヴェトナム

10月
26
中国はインドがヴェトナムとの友好関係を深めていることを恐れるべきではない
 
中国の主権が問題になっているとき、北京の新聞のグローバルタイムスは気取った言葉を使わない。9月に、ヴェトナムがインドの国有石油ガス会社ONGCが南シナ海で中国が領有権を主張する水域で探索をするために結んだ契約は、「中国を限界に押し込む」だろうとガミガミ言った。しかし、今月、インドとヴェトナムは「エネルギー協力」の合意に達した。グローバルタイムスは、ヴェトナムがその共産党書記長グエン・フー・チョンが北京を訪れている間に中国との海洋の小競り合いを解決するための「グランドルール」について合意したたった1日後にそれが署名されたことに激怒した。いま、その新聞は「中国は、その立場を示し、中国に対するより向こう見ずな試みを妨げるために行動を起こすことを考えるかもしれない」と怒鳴る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
中国問題 を購読