SABミラー

自給しろ - ナイジェリアの農業

6月
25

ナイジェリアがその農地を改良できさえすれば

「ほしいモノリストがあるならば、」東部ナイジェリアタラバ州の農民ルカ・アブグは語る。「私はトラクターがほしい。」「農業はゆっくりとした骨の折れる仕事で、私はしばしば労働者を雇わなければならない。自分が60歳くらいだと考えているアブグ氏は語る。農業は依然としてナイジェリアの最大の雇用主だが、そのほとんどは、単なる自給農家だ。農民は、古来の初歩的な方法と基本的な道具を使う。タラバのいくつかの場所で事態は変わっているが、あまりにゆっくりだ。その国の、最新で、ここ最近では最も精力的な農業・自然資源相アキンウンミ・アデシナは、速度を上げる決心をする。

ナイジェリアの政府は、大規模農業の潜在性について皆大きく話すが、その国は依然としてその緑の革命を待っている。国家統計局によれば、ナイジェリアの1.67億の人々のうち60%程度は農民だ。中央銀行は、今年の後半にすべての数字が「再計算」されれば下がりそうだが、農業はGDPの41%を占めているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ほかの人が到達していない気持ち良い部分 - 南アフリカの酒造業

11月
13

その大陸のもっとも新しい国でのSABミラーの冒険

イアン・アスルワース=エルヴェイが南スーダンの最初の醸造所を立ち上げるというミッションを引き受けた時、彼はテントの中に入った。9か月間、そして一晩320ドルでだ。

SABミラーの子会社である南スーダン・ビヴァレッジのその南アフリカ人管理者は、ほとんどすべてがまだ建設されていない場所へ入ることの困難を払いのける。

「私は、南スーダンが世界中のほかのどんな発展途上国と比べてもいかなる大きなリスクをもたらすとは考えていない。」彼は語る。「物事はここではただより簡単に簡単になっているのだ。」

南スーダン人は、アルコール禁止の北のハルトゥームの体制から分離することに2011年1月に投票した。

現在、南アフリカはほかのアフリカに対する最大のアフリカの投資家だが、その南スーダンの拡大は未知の領域への珍しい襲撃を記録する。

「過去10年間にわたって南アフリカからの安定した流出のしたたりがある。」シティのサブサハラアフリカのストラテジスト、レオン・マイバーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

塊からラガーへ - アフリカのビール

4月
07

大陸の渇きをいやす競争

統計はめったにアフリカには当てはまらない。ビール消費を見てみる。平均的なアフリカ人は商業的に生産されたビールを年にたった8リットルしか飲ん でいない。平均的なアメリカ人にがぶ飲みされる70リットルかそこらに比べれば、アフリカ人は白けたやつらの群れのように聞こえるかもしれない。しかしそ うではない。

アフリカ人は、ソルガム、キビ、そして多かれ少なかれ何かしら発酵性のものから作った自家製の酒をかなりの量ごくごく飲んでいる。ロンドンに上場しているビールメーカーのSABミラーによる調査では、量で測ると、アフリカの自家醸造市場は公式の市場の4倍の規模だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

位置について、ヨーイ、投資 - 南スーダンでのビジネス

7月
14

世界で最も変わった経済の一つへようこそ

南スーダンの首都であるジュバにあるザッカリ博士の植物学者の売店では、AIDS、狂気、失恋、そして「男性機能不全」の治療法を提供するが、無秩序なコニョコニョ市場の彼のブリキの掘っ立て小屋に来る顧客に最も人気があるのは、「ビジネス相談」だ。南スーダンは7月9日から独立し、投資家、起業家、そして求職者が、新しい国の装備を整えるという見通しに誘われて首都に流れ込んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
SABミラー を購読