治安

聖なる混乱 - ナイジェリアでの誘拐

2月
28

ナイジェリアでの誘拐は手におえない

9月6日に暗闇を抜けてナイジェリアの主要な石油の町ポート・ハーコートに向かって家に車を走らせて、イグネシアス・カティ大司教とその妻は、武装ギャングが彼らを誘拐しようとするのに何の考えも持っていなかった。しかし、それは異常なことではなかった。ナイジェリアで2番目に高位な英国国教会の聖職者の誘拐は、その妻はのちに解放されたが、ニジェールデルタの湿地帯の住民が残酷にも慣れている犯罪の、普通よりも高い水準ではあるが、単なる別の実例にすぎなかった。

石油地帯での誘拐は、例外なく身代金目的だ。外国の石油関係者が一般的な目標だったが、豊かなナイジェリア人事業家、目立つ学者、そしてサッカー選手さえもがますます狙われやすくなっている。誘拐の脅威は、ナイジェリア最大の都市でその経済の中心でもあるラゴスでも、今年かなり悪くなっている。

めったにニュースにもならないが、最近その国中で多くの誘拐がある。2013年の前半に、ナイジェリアでは世界で最多の誘拐未遂があり、記録されたそのような事件の26%を占めた。メキシコが2番目の10%で、パキスタンが3番の7%だったと、犯罪についての情報を集めるロンドンの会社NYAインターナショナルは計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

犯罪の下落の興味深い事例

9月
21

 

犯罪は豊かな世界で急落している。これを下げ続けるために、政府は刑罰ではなく予防に集中すべきだ

1990年代に、保守的なアメリカの学者ジョン・ディルリオは、「超捕食者」の新種、「人間の生活に全く何の尊敬も払わず、未来に何の感覚も持たない子供たち」が、ほぼ無期限にアメリカを恐怖に陥れるだろう、と論じた。彼だけではない。専門家は、犯罪が増え続けるだろうと納得した。法を守る市民たちは、ガードに警備された門のある共同体に退却するだろう。政治家と警察長官は、怒鳴って統計をごまかそうとすること以外にほとんど何もできなかった。

ディルリオ氏はのちに撤回し、悲観主義者が間違っていたことがはっきりとしている。彼が書いてすらいるように、アメリカの犯罪の波は壊れているのだ。その町は大きくより安全になっており、残りの先進世界も続いている。日本からエストニアまで、財産と人々は1970年代以来ほとんどどの時よりも安全だ。予想を困惑させることに、景気後退は下降傾向を邪魔していない。アメリカがトレイヴォン・マーティンの射殺について激しく議論している時でさえ、新しいデータは、若いアメリカ人の殺人率が30年来の低さにあることを示している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

このような仲間と一緒に… - コートジボワールの恐ろしい過去

9月
18

コートジボワールの大統領は、正邪の感覚を課すのに苦労している

コートジボワールの中西部にあるマウント・ペコ国立公園の野営地で最近政府の兵士たちを楽しませた時、緑と青のパジャマのズボンをはいて、アマデ・オレミは彼らと何気なく冗談を言い合い、携帯電話の写真のためのポーズをとった。少なくとも100人はいると信じられている、オレミ氏の個人的民兵は、10年以上にわたってその保護された森林を占領していた。数時間後、政府の兵士たちが彼を捕らえ、引きずって青いヴァンの中に悲鳴を上げながら蹴りこんだ。「なぜ私だけが犯罪で告発されるのか?」彼は語った。「彼らは私なしで食べたいのだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

森から出て - インドの未統治の空間

8月
09

殺人的な攻撃は、インドの「アウトランド」での無視を強調する

コングレス党のための政治ポスターが林床にばらまかれている。ジープは弾丸で穴だらけになっている。政治家とその息子が殺されたところにハエが揺らめいている。それは、5月25日にインドの政治家たちを運んだ17台の車の護衛隊をマオイストの反乱軍が待ち伏せ攻撃した3日後の、曲がりくねった丘の脇の道での光景だ。犠牲者のほとんどは20分間の銃撃戦の間に亡くなった。攻撃者たちはそれから少しの目立った生き残りをしょっ引いて、即座に処刑した。全部で、28人が殺された。

そのコングレス党の政治家たちは、チャッティースガル州の遠く離れた森林地域の鉱物が豊かなバスタル県での集会から戻っており、そこはインドの土着民のアディヴァシーが優勢である。その訪問は危険が高かった。マオイストは、その地域を「解放地域」だと考えており、政治家などに近づかないよう警告する。しかし、その護衛隊への治安保護は、一人の軍のレンジャーが少なくとも100人の人民解放ゲリラ軍がいると推計するものに対して、わずかだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧困デモ - ブルガリアの危機

4月
17

短命な政府に対する絶望的なデモ

1か月に満たない間に、ブルガリアで6人が自らに火を放った。3人が亡くなった。36歳のアマチュア写真家でロッククライマーのプラメン・ゴラノフの焼身自殺による死は、特に大衆に衝撃を与えた。ゴラノフ氏は、ここ数週間その国を揺り動かしているデモの象徴の、ブルガリアのヤン・パラフ(チェコスロヴァキアへのソヴィエトの侵攻に対して1969年に自らに火を放った学生)になっている。「あなたは我々の勇気と自由への愛に火をつけた。」彼の死の後に喪に服した国民の日に、そう書いた旗が掲げられた。

焼身自殺はブルガリアでは新しい現象ではない。医療慈善団体の国境なき医師団によれば、人口7,300万人のブルガリアは1983-2003年の間に、年平均7.4件の焼身自殺があり、そのほとんどが政治的動機によるものだ。しかし、このデモの波と、政治的目標に向けて究極的な犠牲をしようという個人の意思は、共産主義崩壊以来のどのものよりも悪い。ブルガリア人は、激しい不正、公共民間両部門でのひどい管理、役に立たない官僚機構、高い失業率、そして貧困に摩耗している。「その政治危機の根深い原因は、貧困だ。」ソフィアのウニクレディト・ブルバンクの首席エコノミスト、クリストファー・パフロフは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い警察、お決まりの悪い警察 - 南アフリカの警察

4月
10

そのタクシー運転手の死は警察いたるところの失敗を強調する

ヨハネスブルグの東の荒っぽい町のダヴェイトンのエンピルウェニ通りで、集まった群衆に監視され、二人の警察官がTシャツとジーンズを着た男と議論する。その警察官たちが彼を逮捕しようとすると、その男は抵抗し、3人の同僚が参加し彼を地面で組み合う。彼らは警察車両の後ろに彼の手を縛りつけ、走り去ろうとするが、路上のその男の足と背中が彼らを邪魔する。二人の警察官が車のスピードを上げるために彼の体を持ち上げ、叫ぶ男をその後ろで引きずった。その苦難が始まって2時間後、モザンビークから来た27歳のタクシー運転手ミド・マシアは警察の留置房で死んで横たわる。彼の扱いの携帯電話による映像は、南アフリカ警察(SAPS)のひどい規律と野蛮さへの注意を惹いている。大騒ぎが報道された結果として、8人の警察官が告発される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

東の刑期 - 日本の牢獄

3月
19

日本人は犯罪者さえも秩序を守りよい行動をする

東京のすぐ外にある赤レンガのファサードを持った千葉刑務所は、ヴィクトリア期の英国の監獄のように見える。似ているのはそこまでだ。英国の牢獄はしばしばうるさく汚く暴力的だが、千葉は幾分元兵士たちのためのスパルタ退役ホームに似ている。廊下と小さな獄房はシミひとつない。制服を着た服役者は、警護の後ろでそろってゆっくり歩き、部屋に入る前にお辞儀をする。

かつて国連の調査官として英国の牢獄を訪れた副所長の信海博憲は、見たものにショックを受けた。彼は依然として、在監者が自由に混ざり話をするのを見て驚いたのを思い出すことができる。「日本人の刑罰の哲学は違っている。」彼は説明する。日本では、話すことは、休憩時間を除いては禁じられている。無給の仕事は、選択ではなく義務だ。

日本は、ほとんどの先進国よりもはるかに低い率でその国民を投獄する。10万人につき、英国では149人、アメリカでは716人なのに対して、55人だ。その国の法務省はまた、低い再犯率も指し示すことができる。しかし、その国の188の刑務所と拘置所は、特にその厳しいルールと秘密主義(2月21日に政府は突然3人の死刑を執行したと発表した)への妄執について、そして広く孤独な幽閉を行うことについての厳しい批判に、ますますさらされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

間違った年代物 - 南アフリカのワイン醸造

2月
21

ブドウ園の労働者は変化を要求している

新世界で最も古い南アフリカのブドウ園では、ケープの初期オランダ人植民者の白塗りの家は、渓谷とブドウ園を見渡すことのできるこぎれいなテイスティング室に変わっている。多くの場所に立っているかつては畑での労働時間の初めと終わりを知らせた奴隷鐘は、今では骨を折った男女たちの記念碑と観光客の写真の背景になっている。

現在の労働者の中には、これらの奴隷の子孫もいる。多くが依然として貧しく、掘立小屋に住んでいる。ケープの農場労働者はその国で最も低賃金の部類に入る。ほぼすべての農場所有者が白人で、労働者は有色人種だ。ローリーが1日の仕事を終えて家に送り届けられる低賃金労働者を満載して大通りを地響きを立てて下るとき、観光客はフランシュホックの町の古風なワイン農場の中で晩酌をちびりちびり飲むことができる。

この社会的経済的な変化のなさが、南アフリカのもっとも手におえない問題の一つであり、増加する不満のもとだ。去年、それはヨハネスブルグの近くの鉱業地帯で爆発した。より最近には、暴力的なデモは西ケープ州のブドウと果実生産地域でほとんど毎日起こっており、警察がその国の主要な南北幹線を封鎖して石を投げるデモ参加者に対してゴム弾を発砲している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ギャング戦争 - 南アフリカ

8月
28
政府は現在のギャング暴力の大発生にどのように取り組むかについて自信がない
 
ケープフラットとはよく名づけたものだ。その町の一つであるマネンブルグの通りは、まっすぐで、平らで、ものさびしい。コミュニティ・センターの外の壁は、有刺鉄線が巻いてある。中では、慈善団体の子供のラジオ基金によって運営されるワークショップに参加している。
 
彼らはその地域を徘徊するギャングを、その名前を暗唱して、よく知っている。アメリカンズ、ハード・リヴィングス、ジャンキー・ファンキー・キッズといった具合だ。その子供たちの日中と夜中は、銃声にちりばめられている。彼らが銃声を聞くとき、その音がどれほど近いかを見るためにテレビの音を小さくし、屋内にとどまる。無実の人々がしばしば一斉射撃を浴びる。
 
南アフリカの西ケープ州でのギャングの暴力は、7月にその州の首相で全国的野党の民主同盟(DA)を率いるヘレン・ツィレが軍隊を送るよう要求するような度合いに達している。7人の子供たちを含んだ少なくとも23人が、過去5か月で殺されている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
治安 を購読