国際司法裁判所

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ではなく、法を作る - 海洋紛争

9月
15

海洋境界についてのけんかをいかにして解決するか

よちよち歩きの子供がバスタブの中のゴムのアヒルとけんかするように、国々が再び彼らの間にある海上の島々の支配についてのけんかをしている。最新のけんかは日本と中国の間で無人の列島を巡って膨らんでいる。もし所有権が変わるのならば、それは国々の間での新しい海洋国境を作り出すだろう。

海洋紛争は、すぐには無くなりそうもない。半分以上の世界の海の国境(国々が出会う想像上の線)は引かれていないままだ。幸運なことに、すべての紛争が最後に民族主義者の感情やさらに悪いものの引き金を引いているわけではない。むしろ、間を埋めるためのゆっくりとした争いが続いており、高給の弁護士が古い地図について議論し、条約を分析し、取引を徹底的に検証している。

かつては岸からの大砲の射程で定義された沿岸水域についての主権は1982年以来国連の海洋法に関する国連条約(UNCLOS)によって指針が与えられている。署名したものは、その海岸から12カイリ(22キロ)まで「領海」として主張でき、その中では彼らは法を施行できるが、国際海運に干渉してはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

引き裂かれる作り話 - 北東アジアでの歴史戦争

9月
02

日本と韓国との間の生き返ったいさかいは合衆国を不安にする

またその時期がやってきた。傷口を開く愛国者たちが歴史的悲しみの上に貼られた絆創膏をはがし、それを力いっぱい引く、北東アジアでの第二次世界大戦の終戦記念日だ。今年、一等賞は韓国大統領の李明博に輝いた。

8月10日に李氏は日本海にあるいくつかの小島である竹島を訪れた。ここでは、壊れやすい海と鳥の生命の福祉は、1945年の敗戦後に朝鮮の支配を放棄した日本によるその岩の対抗領土主張に直面した愛国者の敏感さの後に来る。その小島の二人の恒久的な住人であるタコ漁師と彼の妻に、沿岸警備隊、携帯電話の電波塔設置者、韓国人観光客、そして異国風の木の植樹者といったわき役が参加する。その目的は、島を単なる岩と区別する役に立つ領域主張だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
国際司法裁判所 を購読