チベット

そのサイはいかにしてその毛を手に入れたのか - 進化

12月
19

ケサイのような氷河期の大動物は、もともとはチベットのものかもしれない

いま、ゾウやサイは熱帯の種だ。けれども、最近まで、彼らは北極海まで北をさまよっていた。最後のケサイは約8,000年前に死んだ。毛の生えたマンモスは更に3,500年生き、人類が彼らのシベリアの避難所に到達した時初めて倒れた。しかしながら、誰も知らないのは、これらの動物がいつどこで、そのような高緯度に生息することができるようになるべくその名を表す毛を進化させたか、と言うことだ。もっともよい推測は、260万年前に氷が世界を掴み始めるにつれて、彼らが徐々にそれを成長させたというものだった。

しかし、ケサイの場合、ロサンゼルス郡自然史博物館の王晓明と北京の中国科学院古脊椎动物与古人类の邓涛は同意しない。彼らは、ケサイは氷河期のツンドラが完全に形成されてから到達したと考えており、他の動物も同じだったかもしれないと疑っている。彼らの見方では、サイに毛が生える突然変異を起こさせたのは、地球規模の気候変動ではなく、むしろ地理的な高地への旅だったのだ。彼らは、動物たちがプレートの地殻変動によって持ち上げられ、世界の最上階のスイートであるチベット高原の住人になった時、その変化が起こったと信じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

格子でロックされた - チベットの治安

9月
02

北京からの専門家の助けで、チベットはその監視制度をきつくしている

北京からの何十もの高官が、チベットの首都ラサでの3年の任期をまとめている。7月の初めに、交代チームが彼らの仕事を続けるために到着する。北京に戻る予定の人の中には、ラサでの新監視制度の立ち上げで賞賛されそうなZhi Haijieがいる。

それは、2012年の4月に、Zhi氏が副党書記として務めたラサの城関区で始められた。高官は、それを「社会管理の格子制度」と呼ぶ。その主要な狙いの一つは、格子として知られる地域内の共同体労働者によって集められた諜報を使って、高官が潜在的なトラブルメーカーを監視するのを簡単にすることだ。ほとんどの本来からの町とその周りのいくらかの田舎地区を含んだ城関は、175の格子に分けられている。(どのラサの隣近所も今いくつか持っている)その格子の小さなサイズは、詳細なリアルタイムの情報を集めることを促進することを意図している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

勇敢な新しい提案 - チベット政策

9月
01

高官の中には少なくともチベットについての政策に疑問を持ち始めているものもいるという歓迎すべき兆候

中国外部で共産党のチベット政策が機能していると考えているものはほとんどいない。経済的開発と政治的抑圧の組み合わせは、チベット人を中国の支配に甘んじさせ、その亡命中の精神的指導者ダライ・ラマへの彼らの忠誠を捨てさせるつもりだった。代わりに、特に若者の間で、不満は依然として充満している。そして、中国のすべてのチベット人地区で、チベット人たちは依然として、時にはおおっぴらに、ダライ・ラマの肖像を掲げている。2011年3月以来、特に中国人がチベット自治区(TAR)と呼ぶものと接する省のチベット人地区で、100人以上のチベット人たちが焼身自殺を図っている。ほとんどは、幾分かはダライ・ラマの帰郷を要求してそうしている。圧倒的な治安の存在とダライ・ラマの非暴力への関与は、その不穏さが簡単に抑えられことを意味する。だから、中国の指導者たちが未来への暗い結果について懸念しているということを示唆するものはほとんどないのだ。彼らのチベット支配は大きく威圧的な軍隊の不定期の展開によってのみ維持される、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たなる進路 - チベット

8月
27

チベットでの異なったやり方への提案は、中国の中にその政策がうまく行っていないことを知っているものがいることを示唆する

中国高官の中のチベットについての伝統艇な知恵は、現在のダライ・ラマが亡くなれば、チベット問題は解決するだろう、と言うものだ。中国はその山がちの地域にきつい支配をしており、それがすべてのカードを持っていると信じている。それは、ダライ・ラマの次の化身を選ぶことができ、それがそうなのだ。

だから、チベットウォッチャーたちは、今月香港の雑誌に掲載されたチベットについての主導的な中国人学者のインタヴューを、驚きの関心を持って迎えた。そのインタヴューの中で、この世代でほとんど初めて、ある上級政府顧問が、継続する政治的抑圧を伴った経済開発という中国のチベット政策が機能しておらず変化が必要だと示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

極地 - チベットの気候

7月
03

世界で3番目に大きな氷地域が組織的調査を経験しようとしている

温度変化によって地表にもたらされるすべての変化の中で、氷が溶けて水になることはもっとも際立っている。それは二元的だ。そして、地下に、上空に、あたりにいる生命にとって、それはすべてを変える。

それが、気候学者が地球の北と南の極に興味を持つ主な理由だ。氷の満ち欠けは、何が起こっているかの明白な兆候を提供し、そしてそれは今観察できるのとほとんど同じくらい簡単に10億年前の岩の中で読むことのできる兆候だ。しかし、極地はたった二つの例だ。他のものは歓迎されるだろう。そして一つある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高原からのつぶやき - チベットのブログ

9月
03

あるチベットのブロガーが敢えて党の方針に挑んでいる

最近のブログ投稿で、ツェリン・オーセルは、チベット人ではなく漢族の訪問者をチベットの首都に歓迎して、ラサで民族分離を実行していると当局を非難した。「世界はアパルトヘイトを行った政府のボイコットを忘れたのか?」彼女は腹を立てた。チベットでの抑圧の年代史家として、オーセル女史は長い間中国で最も大胆なオンラインの発言者で、とてもまれな人だ。

オーセル女史が(漢族の)夫と一緒に住んでいる北京の治安機関による近くでの監視にもかかわらず、彼女の頑固な決心はチベット人居住地区の状況にまれな窓を開き続けている。これらは、2008年のラサでの暴動以来、かなり外国人記者が立ち入り禁止になっている。その46歳の作家は、彼女のブログ「見えないチベット」やツイッターを通して高原からの小さなニュースのためのソーシャルメディアを研いでいる。彼女の投稿は中国語でなされており、非チベット人の間での認知を上げるのに役立っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
チベット を購読