スロヴァキア

バルカンのブレーキライト - ボスニアの製造業

4月
17

クラスター爆弾から産業クラスターへ

1992-95年の戦争中に、ゴラジュデの町はセルビア軍に包囲された。今、最もうるさい音は拡大中のベクト・プレシサ工場の建設音だ。357人の従業員を持つそれは、ポルシェ、BMW、アウディの自動車照明のためのプラスティック部品を作る。それはまた、ドイツ企業ヘラとの合弁事業で、スキーと街灯の部品をどんどん作り出す。ボスニアは、停滞した経済、高い失業率、そして機能していない政府に苦しんでいる。しかし、それは幾つかの驚くべき産業クラスターの故郷だ。東部ボスニアのゴラジュデは、その一つだ。他には、テシャニ、ビイェリナ、ヴィソコがある。そのような場所には、一般的に精力的な市長や起業家がおり、ドイツとの強いつながりを持つ。ゴラジュデはその三つをすべて持っている。

ほとんどがボスニア人ムスリムのその町は、戦争以来徹底的に再建されている。それは豊かではない。毎晩、人々がその石炭ストーヴに火を入れるにつれて、煙のとばりがゴラジュデにおりる。しかし、その地理的条件と労働力は、そこをドイツの拡大仕事場の一部にしている。ドイツ企業が部品を調達する近くの低費用諸国の後背地だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京はヨーロッパシフトを目指す - 中国の中東欧投資

11月
27

EUの新しい加盟国に言い寄ることは賢い投資だと証明するかもしれない

中東欧への中国の投資は、その他の新興市場へのものよりもずっと遅れていた。しかし、去年、北京は機会に目覚め始めたように見える。

ここ数か月で、中国は普通ではない「農産物融資」契約をウクライナと合意しており、その下ではキエフはメイズ供給の代わりに30億ドルの与信限度を受け取る。

今年、北ブルガリアのロヴェチのそばのバホヴィツァでEUでの最初の中国の自動車工場である長城自動車会社の工場で生産が始まった。それは、その地域でのより広い中国の自動車投資への道を切り開きうる試験計画だと広くみなされている。同月、中国は、リュウゴン機械が道路機械メーカーのフタ・スタロワ・ウォラを約1億ドルで買収することにより、ポーランドでこれまで最大の投資を完了した。

4月に中国首相の温家宝は、北京の求めで開催され、300人の中国人事業家を引き連れた、ワルシャワでの投資フォーラムの呼び物だった。14人ものその地域の首相と会い、温氏は、東ヨーロッパの社会資本と技術への合弁投資計画に100億ドルの特別与信限度枠と5億ドルの投資協力基金を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

列に並ぶ次の人 - スロヴェニアの経済

9月
08

なぜさらに次の国が救済を必要とするかもしれないのか

グルーチョ・マルクスは、彼をメンバーとして迎えただろうクラブに属したくはないと皮肉を言った。スロヴェニア人は、2007年のユーロ圏への加盟について間もなく同じことを考えるかもしれない。その国がその17か国の連合の中で(ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、キプロス、そしてスペインに次いで)6番目に助けを必要とするものになるかもしれないという懸念が増している。

それが必要とするどのような救済も、ユーロ圏の救済基金にとっては小さな変化だろう。スロヴェニアは、たった200万の人口しかおらず、360億ユーロ(440億ドル)相当のその産出はユーロ圏全体のGDPのたった0.4%しか認められない。そのような救済は景気後退に滑り落ちているときに心配すべきより大きなことを持っているユーロ圏にとってかするほどの一撃以上のものではないだろう。(算出は第二四半期に0.2%下がり、第三四半期にもまた落ちることが予想されている。)

そうだとしても、さらに次の国を中間帯に追い込むことは、問題だろう。もしスロヴェニアが屈すれば、それは、ユーロ圏で援助を必要とする最初の元共産国家になるだろう。そして再び、ユーロ圏に参加するという名誉のバッジは、不面目の印になるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スロヴァキア を購読