オックスファム

製図版に戻れ

9月
15

デザイン会社は彼らの技能をヴォランティアや公共部門のために応用している

その事務所はスターバックスとユースクラブとの間の十字路のように見える。自転車は棚に高く積み上げられている。角には卓球台がある。若者たちが長い松のベンチに座り、コーヒーをすすり、ラップトップを読みふけっており、男たちはひげ伸ばし競争に参加しているように見える。しかし、くつろいだ雰囲気に騙されてはいけない。これは、世界で最も成功したデザインコンサルタント会社の一つIDEOのロンドン支社なのだ。それがシリコンヴァレーで1991年に創業された時、その創業者の一人デヴィッド・ケリーは、学校のバスに入ることのできる人より多くを雇いたいとは思わなかった。いま、IDEOは600人以上の従業員を持ち、8つの国に事務所を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

汚い事業 - 武器取引規制

7月
13

新たな条約は、武器の不法取引を抑制するのに、恥に頼るだろう

輸入武器にあおられた紛争は、2007年に、アフリカに、ほぼ援助で与えられた金額を取り消す、年間少なくとも180億ドルの費用をかけさせていると推計される。だから、来月ニューヨークでの国連の武器取引条約(ATT)で何が起こるかということは、武器の流れをせき止めることが世界で最も困難な場所での暴力の抑制に向けて大きな一歩になると信じる人々によってしっかりと経過を追われるだろう。条約交渉は7月2日に始まる予定だ。

その交渉は、コスタ・リカのオスカー・アリアスによって率いられたノーベル平和賞受賞団体と武器管理運動の傘の下の圧力団体連合とともに2003年に始まった努力の頂点だ。彼らの狙いは、武器の世界的取引を規制する国際条約を確保することだ。幾分かは当時の外務大臣ジャック・ストローの個人的関心のおかげで、英国は外交力を貸した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

災害が近づいている - イエメンの飢餓

5月
01
ほかの困難とともに、イエメンは忍び寄る飢饉に直面している
 
アニサはたった18歳だが、すでに二人の母親で未亡人だ。彼女は漁師だった夫と13歳の時に結婚した。彼は「海に落ちた」と彼女は言い、帰ってこなかった。彼女の膝の上で揺られながら、アニサの下の娘のアミナはその3歳の誕生日にただ用心している。彼女は幼児というよりも赤ん坊に見える。きれいな汗の層が彼女の大きすぎるおでこを覆っている。彼女は飢えで膨らんだおなかを汚れたTシャツから突き出し、早く息をしている。ほかの多くの貧しいイエメン人と同じように、アニサとアミナは、回復することのできないかもしれない一連の衝撃に傷ついている。
 
イエメンの33年にわたる支配者のアリ・アブドラ・サーレハを蜂起により追い出し、軍隊と部族派閥の間の戦いが国を引き裂こうとしていた2011年の前ですらも、イエメンの貧しい人々にとって生活は厳しかった。アニサの村のラバトは、農業が何年にもわたる干ばつと燃料価格の高騰に打ちのめされてきた沿岸のアルフダイダ県の内陸の小村だ。若い男たちは危険で低賃金の漁船の仕事を探してはるか旅に出たり、サウジアラビアへの密輸をやってみたりする。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

希望の光 - ソマリアの未来

3月
05

ソマリ人が地域政府を作る助けをするという国際的な計画は、その悲劇的な国にとってこの何年かで最高のニュースだ

20年にわたる戦争とテロは、ソマリアを人が住むには世界最悪の場所の一つにした。去年、少なくとも8万人の人々が飢饉でなくなり、230万人が継続的に食料援助を必要としている。ソマリアの幸運が簡単に方向転換するかも知れないということをだれも想像できない。多くの西側政府は長い間絶望的に距離をとってきた。1993年に、後に「ブラック・ホーク・ダウン」の映画に記録された、敗走にさらされたアメリカもそれに含まれている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マラリア流行中

9月
28

いかにして抗マラリア運動の加速が世界的援助の全く新しいモデルを開いたのか

地球上でもっともマラリアが流行っている町で、私は、天井のファンが回っている二つの蚊帳の奥にある机にマシュー・エメル博士を見つけた。私は自己紹介し、エメルに自分は地球からマラリアを根絶するための運動を報告しているのだと話す。もし私が、それがなぜ重要なのか、そしてそれがどれほど難しいのかを知りたければ、それにかかるとどれほどひどいことになるのかを見ることは良い考えだ。そして私は北ウガンダの51.5万人の人口があるアパッチ地区では、平均的な人はマラリアに感染した蚊に1日4回刺されると読んだ。エメルは頷く。彼は、他のより印象的な統計があると語る。彼の少ないスタッフは最悪の週には5,000人の人々を診るかもしれない、といったことだ。そして2007-08の間に治療者の中にはアパッチ地区の全子供の70%とそこの全人口のほぼ1/3を含んでいたという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

並行する危機 - ソマリア

9月
05

どのようにソマリアでのイスラムテロリストの活動を鈍らせるアメリカの成功した作戦が、多数を殺すだろう破壊的な飢饉の一因となったのか

彼らのやぎが皆いなくなり、その最後の牛が膝を折って死んだ6月後半から7月初めまでに、男たちは今や去るべき時だと話した。Daynunay村では、ハジ・ハッサンとその子供たちが、少ない衣類、プラスティックボトル、幾らかの古い調理鍋といったなけなしの家財を包み、東に250キロのモガディシュへ出発した。彼らが通り過ぎたどの村でも、その小さな集団は大きくなり、最初は数百人の列に、そして何千人に、さらに数えきれないほどになり、故郷を捨てて南部ソマリアを横断した。水はほとんどなく、葉しか食べるものがないので、幼い者や高齢者はすぐに亡くなった。ハッサンの孫のひとりは倒れたところに埋められた。Quansax Dheereから300キロ歩いた50歳のバゲイ・アリは「ただ座り込み、死んだ」7人の人々を見たと語る。Baoliからの500キロの旅の途中で彼の子供たちが弱り始めた時、60歳のバシャル・アブディ・シャイス彼らを肩に担ぎ、運んだ。「彼らが死んだのを認識した時、私を途中で彼らをおろし、そこに埋めるだろう。」彼はその途中で2人の息子と3人の娘を失った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

慈善は海外活動を始める - 援助の新しい素

8月
22

大きな発展途上国が援助の世界を揺らしている

1951年から1992年の間に、インドは約550億ドルの海外援助を受け取リ、歴史上最大の援助受益者になった。今ではそれは自らの援助機関を立 ち上げる寸前のようだ。外務省の報道官は、政府は、アメリカの国際開発庁(USAID)や英国の国際開発省(DFID)に相当するインド開発協力局 (IAPD)を作るための「活発な議論」を行っていると語る。他の省庁の官僚は彼らの足を引っ張っているが、デリーのシンクタンクRISのグルプリート・ シンは、政府は1ヶ月以内にこの機関を発表し、今後5年から7年の間に113億ドルの予算をつけるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

オックスファム を購読