アラサン・ワタラ

このような仲間と一緒に… - コートジボワールの恐ろしい過去

9月
18

コートジボワールの大統領は、正邪の感覚を課すのに苦労している

コートジボワールの中西部にあるマウント・ペコ国立公園の野営地で最近政府の兵士たちを楽しませた時、緑と青のパジャマのズボンをはいて、アマデ・オレミは彼らと何気なく冗談を言い合い、携帯電話の写真のためのポーズをとった。少なくとも100人はいると信じられている、オレミ氏の個人的民兵は、10年以上にわたってその保護された森林を占領していた。数時間後、政府の兵士たちが彼を捕らえ、引きずって青いヴァンの中に悲鳴を上げながら蹴りこんだ。「なぜ私だけが犯罪で告発されるのか?」彼は語った。「彼らは私なしで食べたいのだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸政策は違った方向に引き入れられた - 南アフリカの外交

11月
09

プレトリアは幾つかのありそうもない運動を擁護しており、ほかの地域国家と犬猿の仲になっている

自由、民主主義、そして人権をその外交政策の中心に置いたネルソン・マンデラの下で始まった国にだけれども、南アフリカは最近幾つかのありそうもない運動を擁護している。

分断されたアフリカ連合で、ジェイコブ・ズマ大統領は、去年コートジボワールで血なまぐさい選挙後の行き詰まりを終わらせるよう妥協を探って、ローラン・バグボを支持する陣営を率いた。

今国際刑事裁判所で人道に対する罪によって審理を待っているバグボ氏は、彼がフランスに率いられた新植民地主義の陰謀の犠牲者だとプレトリアを説得した。

しかし、南アフリカの位置は、国連に認められた結果によれば、投票で選ばれた(現大統領の)アラサン・ワタラとそれを対立させた。

ほかの地域大国の裏庭をもてあそんで大陸のタブーを踏みつけているそれはまた、プレトリアをナイジェリアや西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)と犬猿の仲にしている。

リビアのこととなると、南アフリカの位置はさらに混乱していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西アフリカの宝石はその輝きを取り戻せるのか - コートジボアール

6月
07

不快な内戦が終わってから1年後に、アラサン・ワタラ大統領は平和を恒久的なものにしようと苦闘している

誇り高いコートジボワール人が合意できる一つのことは、去年内戦がなかったということだ。フランス語圏アフリカの主要国はそのようなことを言わない。代わりに、政治家、兵士、そして国民は、彼らが単に選挙後の危機を我慢しただけだと主張する。

2010年11月の選挙での敗北のあとで、ローラン・バグボ大統領は優雅に去ることを拒絶し、彼の宮殿に退却した。続く4か月間で彼を引きずり出すには、迫撃砲の決闘、戦車の戦い、そして武装ヘリからの弾幕を必要とした。3,000人以上の人々が亡くなり、100万人が家を追われた。武装集団が国中に群がるにつれ、金融制度は崩壊した。これは、先の反乱の後でコートジボワールが半分を費やした10年を仕上げた。国連が無人の地となった緩衝地帯を警備した。しかし、まったく、それは小康状態以上のものではなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

4月
10

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

10月
11
ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

仕事に戻る - コートジボワールの回復

7月
18

新しい指導者はゆっくりと進んでいる。

アラサン・ワタラが、去年の11月の紛糾した苦い選挙の後、ついに大統領を宣言した2ヶ月後、政府は秩序を回復し、アビジャンはゆっくりと日常に戻りつつある。5ヶ月間の内紛により道に散らばった死体やがれきは片付けられた。商業首都の道路で運転手から習慣的に賄賂をとっていた警察は、くぼみを埋めたり街灯を直したりする労働者にとって替わられた。「これは良いスタートだ。」一人の労働者は語る。「我々は国中で光を灯している。」

しかし平和は壊れやすい。元IMF副部長のワタラ氏は、まだ立場が固まっていない。彼は、その先任者で彼が(国連などの保証を受けた)公式な差である54%対46%で破ったローラン・バグボを、彼に忠実な反乱軍が最後には田舎から襲ってきたということだけで、追放することができた。それはフランスを始めとした国連軍の力を借りたものだった。

コートジボワールは南北の断層線に沿ってまだ分割されている。ワタラ氏は、以前には新軍として知られていた彼の寄せ集めの武装集団を共和国軍、もしくはFRCIとすることを布告した。当面は、彼らが正規軍とみなされるようだ。ワタラ氏がこの2つのライヴァル軍を統合するのか、共和国軍を国軍の基礎とするのか、それとも最初から作り直すのかははっきりしない。これは少し不安を催す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アラサン・ワタラ を購読