ジミー・カーター

ホップと変化 - 自家醸造

9月
22

ついに、政府はあなたを愛し、あなたに幸せになってほしいと思っている

ほとんどのアメリカ人はそれを認識していないかもしれないが、先月よりも、彼らの国は少しだけ自由に、そして多分少しだけほろ酔いになっている。7月1日に、ミシシッピで家でビールを作ることが合法になった。アラバマは5月に自家醸造者への起訴の脅しを解除した。いま、その50全ての州で自分のビールを作ることは合法だ。ベンジャミン・フランクリンは、(出典は怪しいが)ビールを「神が我々を愛しており、我々に幸福になってほしいという証明」だと呼んだと言われる。ジミー・カーターは、事実上連邦レヴェルで自家醸造を合法化する、物品税から自家製ビールを除外する法に、1978年に署名した。しかし、最も厳格な州が合法化の苦い薬を飲みこむまでに、35年かかった。アメリカの自家醸造者組合(AHA)のような組織は、緩和するよう何十年も州の議員に働きかけている。例えば、アラバマではその法を変えるよう立法府を刺激するのに5年かかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ごまかし(Shell)ゲームの終わり - 治外法権

5月
29

多国籍企業へのいくつかの良いニュース

ジョージ・ワシントンとジミー・カーターの政権の間、外国人不法行為請求権法(ATS)は眠っていた。その法令は、アメリカの地方裁判所に、「国際法または米国が締約国である条約に違反して行われた不法行為に限り、外国人によって提起される民事訴訟」の第一審管轄権を与える。190歳で、それは1979年4月6日に、二人のパラグアイ人がパラグアイで犯された不法行為について元パラグアイの警察官を訴えることを許すのにつかわれた時、生き返った。

それ以来、ほぼ150件の訴訟が、アメリカやほかの会社が世界中で犯した活動に対し、提起された。4人の現地原告がATSを使って、ミャンマーで石油パイプラインの建設中に犯されたと申し立てられた人権侵害で、ロサンゼルスの連邦裁判所にユノカルを訴えた。ある人権機関は、二人の中国人民主活動家のために、中国でヤフーの子会社によって犯された活動に対して同社を訴えるのにそれを使った。とりわけ、ダイムラークライスラーとリオ・ティントに対するATS訴訟は保留中だ。ほとんどのATS訴訟は退けられたり解決されたりしているけれども、解決の費用は高くなるかもしれず、負の広報効果がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ポール・ライアンのグランドヴィジョン

9月
09

共和党の副大統領候補は豊かな人のための計画を持っているかもしれないが、そうでない人はどうなるのだろう?

共和党員と民主党員は大統領になるための仕事に取り組むのに違った方法でやる傾向にある。ジョン・ケネディ以来、民主党は、ビル・クリントン、バラク・オバマ、そして私が思うにはジミー・カーターも、といった、派手な若い男に弱点を持っている。彼らはその候補者を高齢の政治家によってバランスを取る。リンドン・ジョンソン、ジョー・バイデン、ウォルター・モンデールだ。(アル・ゴアは若かったが昔からやっていた。)共和党は逆をやる。ブッシュ=チェイニーは例外だが、彼らは高齢の政治家を大統領候補に選び、精力的で若く、そしてしばしばイデオロギー的なタイプをNo,2に選ぶ。ドワイト・アイゼンハワーが副大統領候補に選んだ時、リチャード・ニクソンは熟した39歳で、ダン・クエールは41、サラ・ペイリンは44、そして今42歳のポール・ライアンは伝統的な共和党副大統領の完全な絵だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ジミー・カーター を購読