リンドン・ジョンソン

一般教書演説 - 「中産階級経済」

1月
26

バラク・オバマは2016年への基調を整えようとする

大統領の年次一般教書演説はある規則の下での儀式だ。例えば、連合はいつでも「強い」。大統領与党はいつでも彼を応援し、野党はそうしない。しかし、主要な規則は、大統領は彼の議題が他の人たちを説得することによってのみ実行することができる、とは決して認めないことだ。1月20日のバラク・オバマの6回目の演説も例外ではなかった。実際には、それは世界でもっとも力のある男の弱さをかつてないほど示した。

オバマ氏の演説は楽天的だった。アメリカは今、金融危機の「ページをめくることができる」と彼は語った。失業率が下がり、赤字が縮小し、燃料が安くなったことを受けて、彼は「我々は、地球上の他のどの国よりも我々自身の未来を自由に書くよう、景気後退から回復している。」と結論づけた。卒業率の上昇を指し示して、彼は政府が「我々の子供たちがより競争の激しい世界に準備する」為の応分のつとめを果たしている、と論じた。彼は「中産階級経済」を主張した。これは、明らかに、「勤労家庭が絶え間なく変わる世界の中でより安心を感じられるよう助けることを意味する。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ポール・ライアンのグランドヴィジョン

9月
09

共和党の副大統領候補は豊かな人のための計画を持っているかもしれないが、そうでない人はどうなるのだろう?

共和党員と民主党員は大統領になるための仕事に取り組むのに違った方法でやる傾向にある。ジョン・ケネディ以来、民主党は、ビル・クリントン、バラク・オバマ、そして私が思うにはジミー・カーターも、といった、派手な若い男に弱点を持っている。彼らはその候補者を高齢の政治家によってバランスを取る。リンドン・ジョンソン、ジョー・バイデン、ウォルター・モンデールだ。(アル・ゴアは若かったが昔からやっていた。)共和党は逆をやる。ブッシュ=チェイニーは例外だが、彼らは高齢の政治家を大統領候補に選び、精力的で若く、そしてしばしばイデオロギー的なタイプをNo,2に選ぶ。ドワイト・アイゼンハワーが副大統領候補に選んだ時、リチャード・ニクソンは熟した39歳で、ダン・クエールは41、サラ・ペイリンは44、そして今42歳のポール・ライアンは伝統的な共和党副大統領の完全な絵だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
リンドン・ジョンソン を購読