政治指導者

うわべだけの成功 - リベリア

1月
19

大統領は平和を保っているが、汚職を減らすのに失敗している

サングラスをかけた小さな白人の男、そのアフリカ系アメリカ人同伴女性、そしてワシントンの有力者一団が、リベリアの首都モンロヴィアのロイヤル・グランド・ホテルの大理石風のロビーをさっと通り抜けるとき、ガードマンはあからさまに肩をすくめる。野心的な友人たちは、しばしばその国のノーベル賞受賞大統領エレン・ジョンソン=サーリーフに会うために突然訪れる。今回、8月26日に、かつてリベリアを野蛮さの決まり文句にした内戦終結10周年を祝うためにやってきたのは、慈善家に変わったアイルランド人歌手のボノ、アメリカの元国務大臣コンドリーザ・ライス、そして7人ものアメリカの上院議員だった。

「私は、ここで徐々に明らかになっている成功を理解し始めている。」ボノは語った。たぶん彼は、行政官が入試制度を賄賂や家族のコネではなく本当の点数に基づいての公正なものに変えた後の今年の入試で、その国の2.5万人の受験者が誰も合格しなかったことを聞かなかったのだろう。リベリアでの教育は、混乱している。悲しいことに、その大統領の最善の努力にもかかわらず、他のことの多くがそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

さあ、ショータイムだ - ケニアと国際法廷

1月
19

ケニアの大統領ウフル・ケニヤッタとその副大統領ウィリアム・ルトの審理は、国内と国外での司法と政治的安定に影響しうる

ケニアを内戦の間際に導いた暴力的な選挙の5年後に、申し立てられた指導的犯罪者の何人かがついに審理にかけられている。9月10日の、その最初のものは、3月に副大統領に選ばれたカレンジン族の指導者であるウィリアム・ルトだ。1か月か2か月後に、彼の上司であり、別に審理にかけられる、キクユ族の指導者であるウフル・ケニヤッタ大統領の番が来るだろう。

その二人の男たちは、たっぷり1,300人の死者を出した2008年初めのお互いの共同体を民族浄化と殺人の活動で対抗したことで、告訴されて裁判を受ける。しかし、彼らは、幾分かは審理されているハーグの国際刑事裁判所(ICC)に対して民族的そして部族的感情をかきたてることによって、この3月に行われた議会と大統領選挙に勝つために、去年手を組んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次はなんだ? - マリの新大統領

12月
08

マリの新たに選ばれた大統領は、彼の前任者よりもうまくやらなければならない

西側政府、特に1月に聖戦士詰め合わせがその国を乗っ取らないようにするために軍隊の急派を率いたフランスからの激しい圧力の下で、幸いにもほとんど遺恨なく、大統領選挙がついに決着した。元財務大臣のスマイラ・シセは、元首相のイブラヒム・ブバカール・ケイタに決選投票の末敗れたと認めた。(よく知られた呼び方の)IBKが2週間前の1回目投票で40%対20%の投票で勝った後に、他に立候補した25人のうち22人は、彼を支持することを約束した。最終投票の翌日、シセ氏は、最初は投票操作を主張したけれども、ケイタ氏を首都バマコの彼の家に訪ね、祝福した。一方、彼は新大統領を、活発だが合法な野党として、待ち構え続けるだろうと宣言した。運が良ければ、マリの政治は、少なくともしばらくは、鎮まってしかるべきだ。

ケイタ氏は選挙戦の中で自身を、恥をかいてきた国に名誉を回復するだろう断固とした指導者として紹介してきた。当時の文民政権の悪政にうんざりした怒れる兵士たちによる去年3月のクーデターは、その国の広大な北部2/3が反乱軍の手に落ちた後に起きた。それはひいては、元宗主国のフランスによる軍事介入を促進し、その反乱軍をその国の岩だらけのサハラの縁に追いやり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もしミット・ロムニーが勝っていたら?

9月
30

起こらなかった勝利からの教訓

「私を非難するな、私はロムニーに投票したんだ。」共和党の間で人気のあるTシャツは示す。別の冗談は、保守的なブログ界隈で人気のあるもので、「彼らは、もし私がロムニーに投票したら…っていったんだ。」で始まり、それからその州に起こった恐ろしいことを付け加えるのだ。例えば、「彼らは、もしロムニーに投票したら、デトロイトは破産するだろうよ、って言ったんだ。そして彼らは正しかった!」このすべては、ほとんど下院でバラク・オバマを邪魔するくらい面白い。

しかし、もしミット・ロムニーが2012年に勝っていたらどうだろう?アメリカは彼のホワイトハウスでの1期目をいまほぼ200日過ごしていただろう。いかに物事が違って見えたかもしれないかを考えることは価値がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

二つの家族の物語 - トーゴの選挙

9月
26

グリーンへの一打が西アフリカの忘れられた角で芽生えるかもしれない

ジルクリスト・オリンピオほど、その国の政治制度に称賛を与えそうもなく見えるトーゴ人はほとんどいない。彼の父親で、トーゴの最初の独立後大統領シルヴァヌスは、その4年後のクーデターで権力を握り鉄拳で38年間トーゴを支配したエヤデマ・ニャシンベに率いられた襲撃隊によって、1963年に殺害された。彼の父親の殺害についての厳しい批判者の亡命中のオリンピオ氏は欠席裁判で2度死刑宣告を受けた。

しかし、西のガーナと東のベナンの間に割り込んだ600万人強のこの国で、2005年にそのクーデターの黒幕の息子フォール・ニャシンベに大統領職が受け渡されて以来、多くが変わっている。ゆっくりとだが目立って、彼は手綱を緩め始めている。3年前、彼は、7月25日にある予定の1年遅れの総選挙の前にニャシンベ氏を賞賛することによってその好意に応えているオリンピオ氏を含んだ全国統一選挙を作りだした。「我々はいま民主的制度の中にいる。」選挙でその大統領へ反対するために準備を整える一方で、彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金の卵を産んでいる - カザフスタンの首都

9月
16

宇宙船ヌルスルタンでのパーティーの時間だ

カザフスタンの首都アスタナは、7月6日に、その15周年をオイルマネーが火をつけたパーティーで祝った。それはたまたま、中央アジアのステップから引きあがられた夢のような大言壮語の典型を命じたその国の独裁的大統領ヌルスルタン・ナザルバエフの73歳の誕生日でもあった。

祭りの間、ソ連の灰から現れたその国を代表するつもりの高い白い円柱の浅浮き彫りから情け深い態度で見下ろしたその大統領の偶像としての、アスタナの建築的ランドマークの周りに、群衆が集まった。ナザルバエフ氏は西ヨーロッパの広さに散らばる1,700万の人口を持つこの国を、鉄拳で支配している。彼は、1991年のソ連崩壊前から権力に就いているたった二人の中央アジアの指導者のうちの一人だ。隣のウズベキスタンのイスラム・カリモフがもう一人だ。(彼らはお互い嫌っている。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

落ちる煉瓦 - タジキスタンの抑圧

9月
12

その大統領は、きちんと調整されておらず、連絡が取れず、散財している

エモマリ・ラフモンがその息子の結婚式で歌って踊るビデオが最近オンラインに現れた時、その政府はそれをタジキスタン大統領の人間的な側面をほめたたえるために使えたかもしれない。代わりに、それはユーチューブを遮断し結婚式の写真家たちを尋問し始めた。

それは単にラフモン氏がきちんと調整されていなかったからではない。大統領選挙がこの秋に近づくにつれ、21年間権力を握っているその独裁者は、ますます音信不通になっているようだ。西側にとって、これはアフガニスタンからの穴だらけの国境をすぐまたいだところに不安定の影を提起する。タジキスタンはすでに、アフガニスタンから引き揚げている少量のNATOの装備品の積み替え経路だ。それはまた、もしその地域の西側の他の変動的なパートナーが信頼できないとわかった時のための重要な代替経路でもある。

タジキスタンは、信頼できる観察者によって公平だと判断された選挙を一度も行っていない。しかし、今年の政府の批判者との抗争は、特に物騒になっている。3月にその一人の足取りが消えた。4月にあるイスラム教の反対人物が野蛮に打ちのめされた。5月に元産業大臣でいまは実業界にいるザイード・サイドフは、政党を立ち上げた後に8年になる汚職の罪で逮捕された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ランド・ポールの夢

7月
30

リバタリアニズムはメジャーに昇格できるのか?

国の省庁を運営することを考えるとき、あなたの強い請願があなたの父親よりも風変りな人ではなくなっているとファンがしゃべりたてているのを聞くのは、ほろ苦いに違いない。しかし、それがケンタッキーからの上院議員で小さな政府主義者の星であるランド・ポールを賞賛する多くの共和党員の見方だ。彼らは彼を、普通の有権者への話し方といつ黙るのかを知っているという追加の才能を持っている、リバタリアンの間のカルト的な人物で、長きにわたる議員で、ホワイトハウスへの連続的な競争相手である彼の父親のロン・ポールの、価値のある相続人だと呼ぶ。父親のポール氏は、一切れの有権者の間で傾倒を吹き込んだが、それは究極的には彼の原理主義と狂気のオジサン的なやり方によって、縁に限られていた。若い方のポール氏は違っている、と推進者は言う。まったくより政治的な動物だ、と。

その州が2016年の最初の予備選を行うたった31か月前の5月20日にニューハンプシャーを訪れて、その1期目の上院議員は意義深い反応をひきおこした。彼は、ここ数年でパーティーイヴェントで見られた常連よりも多くの若者を含んだ、500人を超える共和党員に、資金調達ディナーで歓迎された。彼はまた、彼を「快いポール」と呼ぶTシャツを売る現地の共和党員にもあいさつされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サタ・パック - ザンビア

7月
14

アフリカで最も活発な経済の一つで、政治についての心配が増している

ザンビアの首都ルサカのレヴィ・ジャンクション・モールに目隠しをして連れてこられた訪問者は、彼がヨハネスブルグの中産階級の郊外にほうり上げられたと考えるかもしれない。そのきれいなショッピングセンターは、雑貨チェーンのピックンペイからコーヒーショップのマグ&ビーンまで、南アフリカの小売業者でいっぱいだ。少し離れたムウンバロードの商人は、より幅広い階級の買い物客のためのものだが、劣らずにぎやかだ。もしウラン濃縮工場の部品が必要ならば、ここで見つけられるかもしれない、とある地元の事業家は冗談を言う。

ルサカの賑わいは、ザンビアの栄える経済を反映している。GDPが過去10年で平均ほぼ年に6%上がっており、一方インフレは20%以上から7%以下に下がっている。つい最近まで、ルサカにはショッピングモールはなかった。そこにはいま10があり、更に計画されている。その潜在力は巨大だ。ザンビアには、中国がたっぷりほしがっているその主要輸出品の銅と同様に、可耕地、水、宝石が豊富にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

明るい新顔 - ケニアの新政府

6月
24

その国は見通しのある新しい政府を持つ、少しの例外とともに

ケニアの新政府が、その国の総選挙と大統領選挙のほとんど2か月後に、ついに発表された時、それはすがしがしく見慣れない見た目だった。はじめに、それは44の大臣から18に縮んだ。以前の権力を分け合った連立から古い退役兵の一団が去った。より明るい顔の一団がやって来て、その多くは事業界からだ。その中で、最も印象的なものは、世界貿易機関の将来の事務局長だと取りざたされていた元国連職員のアミナ・モハメドの外務大臣への任命だ。彼女は、その職に就いた最初の女性で、最初のソマリ族だ。さらに5人の女性が任命され、その中にはケニアの最初の女性国防大臣となるレイチェル・オマモが含まれる。

この、現地メディアのあだ名に従うと「専門家内閣」は、ケニアの新大統領ウフル・ケニヤッタが、ケニアが間もなく2ケタの経済成長を成し遂げるだろうと自慢するのを促した。その国が、その大陸の平均である5%から遅れているのを見ると、それは注目すべきだろう。ケニアシリングは選挙後の高値を維持しており、一方首都ナイロビの株式市場は上がっている。ある投資家の調査は、先月、ケニアをプライヴェートエクイティ取引でナイジェリアや南アフリカを越えて好まれたアフリカの国だとして強調した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

政治指導者 を購読