シナウェイボー

仮想関係 - デジタル外交

10月
15

各国外務省はソーシャル・メディアのコツをつかんでいる

中東でのアメリカのミッションへの先週の暴力的な攻撃の数分後に、その国のカイロの大使館はすでにツイッター上にあった。それは、アメリカ国民のための緊急番号をツイートした。それは、エジプトのムスリム同胞団がアラブつながりで抵抗運動を支援したと非難した。そして、それは、アメリカのリビア大使クリストファー・スティーヴンスの殺害に悔みのツイートをした仲間にお礼を言った。

ようこそe外交の新しい世界へ。またはより思い上がって「21世紀の政治術」へ。歴史的に、政府は外交を、ほとんどが閉じたドアの後ろで会う、抜け目なく慎重なものにした。今では、彼らは、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、そして中国のマイクロブログのシナウェイボーのような現地のソーシャルメディアサーヴィスも使っている。

このオンライン活動の多くは、政府が別の国の国民と直接コミュニケーションを図ることを意味する、「公的外交」だ。しかし、e外交は、ほかの目的にも簡単で安い道具である。災害への反応、情報収集、そして関係管理だ。外交官の中には、彼らの間で情報伝達するためにツイッターを使っているものもいる(多くは自分の電子メールを読まない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

みんなただそれといたすことはできないのか? - ポルノと愛国主義

10月
12

ある日本人女優が彼女に中国人ファンがどれほど葛藤しているかを思い出させる

蒼井そらが中国人ファンを興奮させている(そしてそれはたくさんいる)すべての場所で、これはより驚くべきものの一つだった。反日感情が中国中で燃え上がった時、そのかつてのポルノスターはオンラインで日中友好を魅力的な書で書いた。紛争中の尖閣諸島での反日デモで波打つ一つのプラカードは簡単に読めた。「釣魚島は中国に属する。蒼井そらは世界に属する。」

この奇妙なスローガンは中国の人々が日本について持ちうる複雑でしばしば相対する感情を強調する。歴史的犯罪のためにそれを憎むよう育った彼らはまた、日本がいくつかのことで中国よりもよくやっているとしてそれを賞賛している。電機製品、社会秩序、マンガ本、そしてポルノヴィデオだ。蒼井さんは、その政府とは違って、中国人、または少なくともその中の若い男性の心を傷つけることを何もしていない。彼女は、中国のマイクロブログのシナウェイボーで1,300万人以上のフォロワーを持っており、彼女が大衆の前に姿を現したことにより、珍しい親日的な観点でほとんど暴動に近いものを引き起こしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

岩の上での関係 - 中国と日本

9月
13

反日運動の勃発が敏感な時の中国指導者を不安にしている

中国共産党が10年間でその指導部の最大の改造の準備をするにつれ、高官はしばしば臨時の手早さで「調和して安定的な社会環境」を作り出す必要を詠唱する。8月19日に、多くの人々が日本に対するデモで通りに繰り出したとき、彼らの戦術はテストされた。その党は旧敵をたたくことを避けてはいないが、中国で反日感情が燃え上がることは不安の原因となる。

その抵抗運動は、中国民族主義者のお気に入りの原因によって引き金が引かれた。東シナ海での尖閣諸島の領有権を巡る日本との紛争だ。これは、その問題に同じように敏感な台湾からの集団による接近と同様に、両国の活動家によるその無人の岩への売り言葉に買い言葉の上陸によって、最近エスカレートした。その岩周辺の水域は豊かな漁場で、石油とガスの埋蔵があるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新中産階級が立ち上がる - 新興市場での政治

9月
12
マルクスの革命的なブルジョワジーはその声を再び見つける
 
過去4年間は、景気後退の打撃を受けた豊かな国々と元気な新興巨人との間で鋭い対照を見せた。今年、豊かな国々での経済的苦悩は、その政治にも溢れでた。ヨーロッパの政府はユーロ危機の泥沼にはまり、一方でアメリカはその国債の格下げを引き起こした。しかし、その苦悩は一面的なものではない。その経済的成果にも関わらず、中東は言うまでもなく、中国、インド、インドネシア、そしてブラジルのような国々は、西側の不安感とほとんど同じくらい深く、不満に悩んでいる。
 
インドでは、議会主導のマンモハン・シンの政府は、デリーでハンガーストライキを続けていた反不正のヴェテラン運動家アンナ・ハザレの支持者による大衆デモという、今までのところ最大の挑戦に直面している。今週、ハザレ氏は、政府が汚職に対する厳しい法律を通すことに合意したあとで、甘いココナッツ水を一杯飲んでストライキをやめた。その抵抗は、去年のデリーでのコモンウェルスゲームから、2Gの携帯電話の周波数免許の分配に至るまで、一連の大きな不正スキャンダルの帰結だった。「路上で見かけるのは、中産階級の変化だ。」金融省元高官のマハン・グルスワミーは語る。
Posted By gno-eagrai 続きを読む
シナウェイボー を購読