ロンミン

部門大改造を急き立てる鉱山ストライキ - 南アフリカの暴動

11月
24

その国での騒動は、すでに政策の不確実性と急上昇する費用に直面している産業で、労働関係を改善する長く遅れてきた変化の必要を露出する

へそを曲げた労働者たちが急激な給与上昇を求めるのでその操業の約40%が停止中のアングロアメリカン・プラチナムは先週、すでにそれに24億ランド(2.77億ドル)を費やさせている南アフリカの無謀なストライキを終わらせるための努力として新たな戦術を始めた。

そのルステンブルグ鉱山で暴動が勃発して以来厳しい扱いをしてきた後で、アンプラッツは1.2万人の解雇された鉱山労働者に復帰するよう提案し、一方先週仕事に戻った人々に2,000ランドの一度きりの「危険手当」を約束した。

しかし、世界最大のプラチナ生産者が操業を再開できるようになる代わりに、スト参加者は更なる反抗で反応した。道路はバリケード封鎖され、警察はデモ参加者を散らすために催涙ガス、放水車、そしてゴム弾を使った。

それが、8月に勃発した産業闘争の波における最新の暴力的な話で、その部門の問題が解決からは程遠いことを思い出させるものだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

感染の恐れ - 南アフリカのストライキ

10月
21

ストライキと賃金上昇は、どちらもより必要とされる投資家を妨げる

南アフリカの鉱業にとって、事態はひどく見える。9月26日に、世界で3番目の金生産者アングロゴールド・アシャンティはその鉱山で持続するストライキに反応して、その国中で営業を停止すると言った。その3.5万人の従業員のほとんどは、働くのをやめている。南アフリカでその金の1/3を生産するその会社は、ストライキをしている労働者は依然として何の公式な要求も提示していないと語った。より良い労働条件とより高い賃金への要求がありそうだ。

最近、まるで鉱業での緊張が和らいでいるように見える。大きなプラチナ会社のロンミンの所有者は、9月18日に南アフリカのマリカナ鉱山の労働者が46人の死者を出した6週間の無謀なストライキを終わらせる取引に調印したので、深い安堵のため息をついた。鉱山労働者たちは、2,000ランド(240ドル)の一度限りのボーナスとともに、11%-22%の昇給を得た。そのストライキの真ん中にいた岩石掘削作業員は、月に1.1万ランド以上を得た。彼らが要求した1.25万ランドまではいかなかったが、十分に近い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

穴の中で - 南アフリカの鉱山

9月
14

命取りになったストライキは、政府の美辞麗句によって悪くなったたくさんの経済的問題を強調する

与党アフリカ民族会議(ANC)の創設者の一人、ソル・プラーチェは、1914年に黒人鉱山労働者を「昼夜を分かたずほんのわずかな手当てのために、一般的な「落盤」に命をなげうつ地下の英雄たち」と表現した。それは昔のことだ。8月16日、北の町であるマリカナの近くのプラチナ鉱山で、今ではANCの管理下にある警察が34人のストライキ中の鉱山労働者を殺害し、78人にけがをさせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ロンミン を購読