アングロ・アメリカン

性、薬、そして望み

5月
20

いかに大企業は南アフリカでAIDSと戦ったか

ほとんどの経営者は、積極的な考え方の力を称揚する。しかしながら、南アフリカの新ヴァール炭鉱では、労働者は「消極的である」よう促される。これは、その炭鉱を所有する採掘大手のアングロ・アメリカンが、その従業員の間での陰鬱な姿勢を育てたいためではない。むしろ、それは彼らに元気でいてほしいのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

感染の恐れ - 南アフリカのストライキ

10月
21

ストライキと賃金上昇は、どちらもより必要とされる投資家を妨げる

南アフリカの鉱業にとって、事態はひどく見える。9月26日に、世界で3番目の金生産者アングロゴールド・アシャンティはその鉱山で持続するストライキに反応して、その国中で営業を停止すると言った。その3.5万人の従業員のほとんどは、働くのをやめている。南アフリカでその金の1/3を生産するその会社は、ストライキをしている労働者は依然として何の公式な要求も提示していないと語った。より良い労働条件とより高い賃金への要求がありそうだ。

最近、まるで鉱業での緊張が和らいでいるように見える。大きなプラチナ会社のロンミンの所有者は、9月18日に南アフリカのマリカナ鉱山の労働者が46人の死者を出した6週間の無謀なストライキを終わらせる取引に調印したので、深い安堵のため息をついた。鉱山労働者たちは、2,000ランド(240ドル)の一度限りのボーナスとともに、11%-22%の昇給を得た。そのストライキの真ん中にいた岩石掘削作業員は、月に1.1万ランド以上を得た。彼らが要求した1.25万ランドまではいかなかったが、十分に近い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

穴の中で - 南アフリカの鉱山

9月
14

命取りになったストライキは、政府の美辞麗句によって悪くなったたくさんの経済的問題を強調する

与党アフリカ民族会議(ANC)の創設者の一人、ソル・プラーチェは、1914年に黒人鉱山労働者を「昼夜を分かたずほんのわずかな手当てのために、一般的な「落盤」に命をなげうつ地下の英雄たち」と表現した。それは昔のことだ。8月16日、北の町であるマリカナの近くのプラチナ鉱山で、今ではANCの管理下にある警察が34人のストライキ中の鉱山労働者を殺害し、78人にけがをさせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山が私のものならば - アフリカの資源民族主義

2月
21

アフリカの政府は、外国の採鉱者からより高い地代とより大きな所有権を取るよう探っている

アフリカの資源が実際にどの程度巨大なのかということを推測するのは難しい。地質学者は、地球上のほとんどの地で鉱物を掘ってきたが、アフリカの大部分ではかなり調査が及んでいないままだ。しかし、巨大な鉱床が今のところ発見され、ものすごい中国の需要を背景にした商品価格の上昇は、世界の採鉱者にその大陸が次の大きなフロンティアであることを確信させている。異常に大きな利益はまた、鉱物資源の豊かな国々にその採掘物のより大きな割合を求めるよう急き立てている。

国内で鉱山を営業させているアフリカ政府はとても多い。世界最大の鉱物資源の宝庫、南アフリカは、2.5兆ドルの価値があると推計されるが、過酷な50%の鉱業の「素晴らしい利益」へのたなぼた税と、探鉱権の販売に対する50%のキャピタルゲイン税を課すことを考えている。これらは、鉱業部門への国のより大きな干渉の可能性を研究するために与党アフリカ民族会議(ANC)によって立ち上げられた、独立した専門家委員会によって出された提案の中にあるものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アングロ・アメリカン を購読