サルヴァ・キール

最後の手段に向かう - 南スーダン政府

10月
02

その大統領が友人と敵のくびを切るにつれ、政治はより有毒になる

7月23日に南スーダンのテレビで読まれた声明の中で、カウボーイハットへの好みを持った元ゲリラ司令官のサルヴァ・キール大統領は、彼の内閣を解散し、副大統領をくびにし、与党の議長を退けた。これは、不正と人権侵害を嘆き、その国が方向を変えていると警告する、西側の支援者からの公開書簡によって曇らされた、その国の2度目の誕生日のたった2週間後にやってきた。一方、スーダンとのけんかは、キール氏の予算のほとんどを賄う石油生産を止めている。北は、彼は否定しているが、彼がその領域内で反乱軍を支援していると非難する。

その大統領からのそのような劇的な反応があると予想した観察者はほとんどいなかった。その首切りの裏には、与党内の権力闘争がある。スーダン人民解放運動は、スーダンとの22年間の内戦を戦ったゲリラ軍から成長した。それは、文民支配への移管に苦労しており、キール氏のディンカ族と副大統領リエック・マチャルによって率いられるヌエル族との間のものを含んだ民族分断に引き裂かれている。彼はおおっぴらにその最高職をほしがり、キール氏は4月に彼の翼を刈り込んだ。全面立ち退きが今、ヌエルが特に狙われた影響を無効にする。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい国が廃墟から立ち上がっている - 南スーダン

6月
24

世界で最も若い国は、きちんとした政府と社会を打ち立てるのに苦労している

店と居酒屋は、利用できるたった一つの消費財であるボトル飲料を備えた一列のブリキの掘っ立て小屋を占め、一方十余りの萱葺きのハットに続く道はまだ泥道だ。ひと目見ると、南スーダンが北に残った国から独立する直前の2年前に前回記者が訪れた時と、リリヤの村はほとんど変わっていない。しかし、より近づいてみると、その国の南東部の青々と森の茂った丘のふもとでいくつかの明るい追加が目に入る。家の群は、井戸からタンクに汲み上げられた水道の蛇口を分け合っている。新しい青と白の学校の建物と職業訓練センターが、耕された畑の中に建っている。

しかし、そのような進歩は、見えるほどには達していない、と地元の聖職者のチャールズ・セビットは語る。村人は貧しすぎて、悪天候で太陽光発電が妨げられた時に水をくみ上げるポンプの発電機用の燃料を買うことができない。そして彼らは、そこから教師の給与が支払われる授業料を払う余裕がない。いずれにせよ、ほとんど字の読めない親たちは、子供たちを畑で働かせるか、牛で支払われる持参金を望んで嫁に出すことを好む。多くの教室は一度も使われていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ないよりまし - スーダンの協定

10月
25

二つのスーダンの間の取引は第一段階だが、多くがまだ間違いうる

今後数日で、内陸の独立した南スーダンから平原スーダンとの抗争中の国境(それは1年前まで両国を取り囲んでいた)を渡って、紅海のスーダン港まで走る2本の石油パイプラインに沿って、高圧で化学品が押し込まれる。「パイプの暖め」として知られるこの段階は、二つのスーダンの詰まった経済的動脈の命を回復し始めて当然だ。それが本当の平和と調和につながるかは別の問題だ。

9か月前、南スーダンは、北が南に石油輸出経路として使うのに課す料金についての議論で、石油生産をやめた。二つの国はほとんど戦争をはじめそうだった。その恐れは、二人の大統領が石油が再び流れるように9月27日に隣のエチオピアで協定に調印して以来、薄らいでいる。しかし、特に二国間の国境をどこに引くかについてなどの、さまざまなほかの違いが依然として関係に付きまとっている。その指導者たちは、国連安全保障理事会がその足を引っ張ろうとしていると考えられた側にはどちらでも課すと脅している国際的な制裁の見通しを避けるのには十分な程度に合意している。外交官たちは、それを「最小主義者の取引」と呼ぶ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

不幸せな誕生日 - 南スーダン

7月
22
1年前に作られた世界で一番新しい国は、かなり悪いスタートを切っている
 
ノーベル平和賞受賞者デスモンド・ツツは7月9日の南スーダン最初の誕生日の主賓で、そこで彼は平和を求める説教をした。戦いをやめれば富はついてくる、彼はその若い国の指導者にその北の元同国人と融和するよう要求して語った。礼儀正しい賞賛だったが、帰り道に、その退職した南アフリカ高位聖職者は、軍のための募金バケツを振るヴォランティアたちに話しかけられた。
 
北から別れて1年後、南スーダンの見通しは陰鬱だ。両国に支払うことを意味した石油は、1月の北によって要求された石油を市場に運ぶパイプラインと港の通行料についての口論の間に、南部人によって止められた。その閉鎖は両国を無力にした。南では、インフレが20%から80%に上がっている。産業を欠いており、全体的に輸入に頼っているその国は、その通貨の下落の影響を鋭く感じている。大きな雇用者の国連は、その危機を考慮して地元職員にドルで支払い始めている。政府は今のところドルを採用するという要求を無視している。問題を悪くしているのは、残りのスーダンとの国境紛争が、生き残るのに苦闘している17万人の難民を南に送っていることだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

代理人たちのための遊び場 - スーダンたち

7月
01
イランとイスラエルがスーダンのごたごたにより関与し始めている
 
スーダンと南スーダンの政府は、イランとイスラエルから支援を得ている。北と南の間の平和のためにはよい兆しではない。5月の初めに、国連の安全保障理事会は、両方のスーダンに、もし戦いをやめどのように石油収入を分け彼らの紛糾している国境を定めるかについて議論を始めなければ、制裁を課すと脅した。しかし、数週間以内に、スーダンの派遣団が、その政府が石油探査を含めた経済的つながりの強化を約束したイランへ行った。イランの大統領モハムド・アハマディネジャドは、どちらも国際的制裁に直面している彼の国とスーダンが「傲慢な大国と人類の敵」の犠牲者だと語った。
 
イスラム主義者に支持された軍事クーデターが1989年にオマル・アル=バシールを権力の座につけて以来、シーア派のイランはスンニ派が支配的なスーダンを北東アフリカの有益な味方だ、そしてスーダンの東側をエジプトへそしてガザ地区のパレスチナのイスラム集団のハマスへ武器を輸出する回廊だとみなしてきた。イスラエルは、そのルート上のイラン輸送部隊を2009年に爆撃した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

スーダンの戦争への巻き戻し

5月
11
南スーダンが北から独立を得てから1年もたたないうちに、紛争が再び吹き荒れており、そしてどちらの側にも責任がある
 
スーダンのヌバ山脈の奥深くにある裂けた地面と黄色い草の広い平原の上で、反乱軍司令官のナミリ・ムラド准将は双眼鏡を持ち上げ、目標である4キロ程度離れたところにある政府支配下の町タロディを注意深く観察する。「彼らは3台の戦車を持っている、見えるかい?」彼は携帯用双眼鏡を渡していう。「彼らは6台持っていたが、我々が3台破壊した。彼らは(重機関銃の).50calとI2.5も丘の上に持っている。しかし、我々には3,000人の兵士と2,000から3,000のさらに二つの旅団があり、彼らは1,700-1,800しかいない。我々はここをすぐに落とす。」彼は、彼らが前線に近づいたとき、我々の車によって巻き上げられた埃を凝視し、それから空を見上げた。「彼らはトラックが動くのを見た時、アントーノフとミグを送って我々を爆撃する。」彼は語る。「我々は今立ち去る。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

縁に近づいている - スーダン対南スーダン

5月
06
スーダンと南スーダンはどちらも戦う余裕のない戦争に向かってじりじり進んでいる
 
軍事増強は、二つのスーダンの紛糾中の国境のほんの数マイル南にあるルブコナのバラックで直接目の当たりにできる。それはふつう、南スーダン軍の第4師団だけの本拠だが、マシンガンを満載し第6師団のロゴの入ったピックアップトラックが影を落とし、第2師団が訪れた記者たちにショーを催している。どちらの部隊も普通ははるか南に拠点を置いている。朝早くに行進する兵士たちの息が酒臭い。軍の幕僚長や軍事諜報副部長を含んだ将軍たちは最新の出来事を議論している。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの次の大きな戦争 - 合意しないスーダンたち

5月
05
分割から1年もたたないうちに、二つのスーダンたちは紛争を起こしそうだ。中国が平和へのカギを握っている
 
部族を分断したり多すぎる多様な人々を不幸にも一緒に一塊にしてひどく引かれた植民地主義的な国境は、かつてはアフリカで多くの暴力をたきつけた。独立から半世紀後、たとえいくつかの国境が依然としてひりひりさせるとしても、本格的な戦争は珍しい。最後の開いた傷口は、主にキリスト教とアニミズムの南がムスリムの支配的な北から分離した2011年7月9日に近づいているようだ。200万人もの人々を殺した数十年に及ぶ戦争の後で、分割はアフリカ人と西側の仲裁者の両方にとって成功を表すように見えた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

すべての分離の母 - スーダンと南スーダン

2月
16
そして彼らは依然として自分たちの分離について争っている
 
二つのスーダンが正式に別々の国に分かれた6ヶ月後にも、彼らは依然として分離の合意についてやり合っている。しばしばその国境沿いでの暴力的な衝突を伴った緊張した交渉は、その主要な賞品が石油収入なので、両方の首都で「石油戦争」と描写されている。最近の南スーダンの北を完全に切り離すという脅しは、継続した紛争に戻ることを本当に可能性のあるものにした。スーダンの大統領のオマル・アル=バシールは、戦争は平和よりも近いと語った。
 
何十年にもわたる内戦の後で去年の7月に南スーダンが分離したとき、それはかつての全スーダンの石油生産日量およそ48万バレルの3/4を取った。しかし、石油が市場に出るための唯一の道は、パイプライン、精製所、輸出末端施設を持っている北を通るものだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽に包まれた彼らの日 - スーダンの分離

7月
18

南スーダンは7月9日に独立を獲得したが、これから完全に機能する国を作らなければならない。

南スーダンの情報相のバルナバ・マリアルは、彼の国の独立に思いを馳せて感極まった。それは彼の結婚式の時よりも大きいと語る:人生で最大の日だと。マリアル氏にとって、そして多くの彼の同国人にとって、1955年のトリットの町での蜂起に始まり、200万人が亡くなった2つの戦争の旅は、聖書の中の話のような選ばれし人々がステップ、沼地、そして丘からナイル流域の低地帯に出てきたようなものだ。

モーゼの役は、長い間、スーダン人民解放軍とその政治組織であるスーダン人民解放運動(SPLA/SPLM)の創設者のジョン・ガランによって演じられてきた。ガラン氏は、北スーダンの支配者との平和取り決めを確認した後、2005年にヘリコプター事故で亡くなった。彼の後継者のサルヴァ・キールは、ガラン氏のように多数派のディンカ族出身だが、彼ほど偉大な預言者ではない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
サルヴァ・キール を購読