IATA

離陸への準備が十分とは言えない - アフリカの航空会社

8月
19

アフリカの低価格航空ファストジェットは立場を打ち立てるのに苦労している

最近、ウォルザー・オニンゴがケニアの首都ナイロビでの大学の仕事から故郷に戻るのは、飛行機で45分だ。その工学教授が湖畔の町キスムに到着するには、骨をゆするバスに8時間乗ることが必要だったものだ。今、彼は週末にさっさと帰る。彼は、そのバスが「することのない人々」のためのもので、時間を因数分解すると飛んだ方が安い、と語る。

片道バスチケットは15ドルだが、格安航空のFly540の到来で、彼は110ドルで飛ぶことができる。以前には、国営航空会社のケニア航空でのチケットは200ドル近かった。混雑した金曜の朝の便には、スーツを着た弁護士、大きな帽子をかぶった結婚式参加者や日帰りの葬式参列者がいた。午後の戻りの便は、徴税人に人気がある。最近まで、彼らの多くは穴の開いた高速道路を車でがたごと走ったものだ。

国際的航空会社団体のIATAは今週ケープタウンで年次総会を開き、アフリカ政府に、飛行機旅行の能力のほとんどで成長を押し上げさせるために、航路を自由化し燃料やチケットへのしばしば煩わしい税金を削減するよう要求した。「アフリカ大陸ほど飛行機産業の潜在力が大きなところはない。」IATAの事務総長のトニー・タイラーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

避けられない中間業者 - 旅行事業

9月
16

旅行事業のほかのだれもが飛行機から離れて金を稼いでいる。飛行機会社は反撃しようとしている

飛行機は利益の素晴らしい生成者だ―彼ら自身を除いては。よい時ですらも、彼らの利益は搭乗券のように薄く、近年、彼らはよりしばしばお金を失っている。過去40年間にわたって平均すると、世界の飛行機会社の利益率を一緒にすると、わずか0.1%だ。対照的に、飛行機製造業者、旅行代理店、空港、仕出し屋、そして維持管理会社といった、飛行機会社に依存しているほかの部分の旅行事業はとてもよくやっている。

旅行事業の中で最もおいしい利益率の中には、コンピューター予約サーヴィスを飾りたてた名前である「世界的流通制度(GDSs)」によって享受されているものもある。これらはもともと大きな飛行機会社のいくつかがその便を旅行代理店を通して流通するために作りだしたが、以来独立会社になっている。物理的もしくはオンラインの旅行代理人を通して予約されたほとんどの便は、GDSをとおし、それは旅行会社に往復で約12ドルの料金を課し、そのうちの数ドルを旅行代理人に渡す。飛行機会社の圧力団体であるテイク・トラヴェル・フォワードによれば、世界の飛行機会社は、今年30億ドルと予想される彼らの純利益の倍以上の年に70億ドルをGDS料金として払っているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

東に目を向けて - アフリカの飛行機会社

6月
22
アフリカを飛ぶのは簡単になっている
 
エアジンバブエを経営するのは簡単ではない。ロバート・ムガベ大統領がどこかに行きたいと思った時、彼は単にそのジェット機の一つから乗客を蹴り落とし、そして乗り込む。これは顧客関係や利益のためにはならない。先月、その飛行機会社は国際航空運送協会(IATA)の予約システムへの接続を、債務不払いによって一時停止された。しかし他のアフリカ地域では、空はかつてないほど混雑しており、飛行機会社はより効率的になっている。良いアフリカの飛行機会社は旧宗主国の巨人、ブリティッシュ・エアウェイズやエール・フランスと競争できる。新航路が毎月開かれている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
IATA を購読