コンゴ共和国

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

古い兵士たち? - 戦争の起源

9月
28

最新の研究は、人間は、結局遺伝子では戦士ではないことを示唆する

社会生物学の分野の発明家であるエドワード・ウィルソンは、「戦争は我々のまさに性質に埋め込まれている」とかつて書いた。これは、社会生物学者だけではなく、人類学者や人間行動についての他の学生にも、一般的にもたれている信念だ。彼らはそれを、その隣人(そして実に可能性を考えると地球を半分行ったところの人々)とともに戦争に行く現代の男たちの性質の基本にするだけでなく、依然として農業以前の「狩猟採集」生活をして生きている人々のあり方の観察の基本にもしている。

これを、人間に最も近い親類のチンパンジーのときどき暴力的な行動のフィールド研究に付け加えると、戦争をすることがともかくも人間の遺伝子の中にあるという考えは、かなり妥当なように見える。それは、人々が時に示す自己犠牲的な利他主義の極端な水準の説明として進歩すらしている(もし隣の部族があなたの部族を完全に消し去るために来たら、仲間を救うために自分の命を諦めることは、実際には進化論的な意味があるかもしれない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

不条理王子 - アフリカ文学

7月
18

コンゴのアラン・マバンクの常軌を逸し品性を欠いた小説

アラン・マバンクは、パリ中心部のレ・アールにあるアフロ-キューバ・サルサバーのジップスで愛想よくお披露目会を行った。色あせたデニムのジャ ケットをはおり、彼のトレードマークであるフラットキャップをかぶり、彼は控えめに彼の広がるキャリアと、パリの黒人コミュニティのメンバーとともに行っ たグアドループからギニアに至る三大陸をまたぐ旅行についてのニュースを分けあった。バーテンダーであるか新進作家であるかにかかわらず、彼らは、過去 10年以上にわたって、アフリカのサミュエル・ベケットとして知られるようになったフランス在住コンゴ人の書いたどのページにも入り込むことができた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シリコン・サヴァンナ

7月
08

ケニアはアフリカと世界を変えているブロードバンドの動きの出発点だ

Posted By gno-eagrai 続きを読む
コンゴ共和国 を購読