安倍晋三

日本とジハード – 砂の嵐

2月
11

離れた列島が、テロとの戦いから離れたままでいることに苦労している

中東歴訪中の日本首相安倍晋三は、イラクとシリアの過激派ジハーディスト集団イスラム国(IS)が22億ドルの身代金をすぐに支払わなければ二人の日本人人質を殺すと脅したニュースで、横から殴られた。その要求金額は、数日前に安倍氏がエジプトでISと戦う国々に与えると約束した金額と同じだ。

日本は中東の石油とガスにとても依存しているので、その地域での安定を育てる欲求が促されている。いかにその人質機器を扱うかは今、安倍氏のもっともきつい外交政策への挑戦だ。彼はその二人の開放のためにあらゆる手段を用いると誓った。しかし、身代金の支払いは、日本の同盟国アメリカの怒りを買うだろう一方で、日本は救出作戦自体を始める技術も、そして平和憲法のためにその法的裏付けも、持っていない。ISとのいかなる交渉でも、日本はテロとの戦いに屈しない姿勢を保持しなければならない、とある政府高官は語るが、人質解放の方法を探らなければならない。過去には、日本は身代金を支払った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始める時だ - 日本の起業家たち

1月
01

安倍晋三は日本の認められない起業家たちに新たな望みを与えている

「いまから始まる」インターネット会社のライヴドアの前社長堀江貴文は、今年の春に刑務所から出て2か月後にツイートした。堀江氏は、宇宙旅行事業を含んだ30には収まらない新会社に関与する。もしそのいずれかが大きくなれば、2011年に詐欺で有罪となった堀江氏は、失敗した日本の起業家が戻ってくることができることを示すかもしれない。

日本の大物事業家志望者の雰囲気は、ドットコムバブルが10年かそこら前に破裂してから最も楽天的になっている。より高い株式市場は、成功する株式公開の可能性を押し上げている。首相の安倍晋三は、起業家を強欲な山師以上のものとして扱った最初の日本の指導者だ。過去数年間で、出しゃばりな自己宣伝者の堀江氏が、その見方を持つ場合の証拠物件Aだった。しかし今、堀江氏は、彼が事業の世界に帰ってくることが歓迎されていると語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーっとしている - アベノミクス

11月
02

日本はついに経済特区を機能させることができるのか?

世界でもっともよく知られ、最も成功した経済特区は、中国の深圳だ。鄧小平が香港の北にある小さな農漁村を自由市場経済を試すために選んだ1979年の後に、それは急速に産業大都市に成長した。日本もまた、長く資本主義に変わっているけれども、その国の他の部分ではあまりに急進的な考えを試すために、経済特区を使っている。首相の安倍晋三はいま、それらを彼の経済復興のための計画の中心に置いている。何十年間も多くを成し遂げることができなかった後で、それらはついに日本が深圳のような変革をするのを助けることができるのか?

もしその地域の予想される大きさが何らかの指針になるのならば、それらは実に影響を持ちうる。最終的な場所は間もなく発表されるだろう。東京、大阪、名古屋の巨大な都市が候補になりそうだといわれている。日本語でいうところの「特区」を監督するために、新閣僚が選ばれることすらあるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

釣りの旅 - 日本と中国

10月
12

両国関係を尖閣か離すための試みが失敗する

7月29日に日本のトップ外交官斎木昭隆は、ある程度の望みを持って北京へ行った。日本が長く実効支配しているが中国が領有権主張している、東シナ海の岩がちの島々を政府が去年その民間地主から買って以来、二国間の緊張は高まっている。斎木氏の旅の前夜に、高官たちは中国が関係修復に熱心だと主張した。それは、日本の首相安倍晋三と中国の国家主席習近平との間の最初の首脳会談のための地盤を整えることを狙った、日本の高官による3度目の訪問だった。

しかし、中国の反応は萎えたものだった。斎木氏の訪問中に、国営新聞のチャイナ・デイリーは、北京が首脳会談を退けたという高官を引用した。外務大臣は、日本が尖閣と呼ぶ岩の問題は、「対話の呼びかけがない」ことによって解決されないだろうと宣言した。それはまた、安倍氏の最側近で、7月に同じように北京を訪れ、首脳会談についての楽観をたくさん持って帰国した飯島功が、中国の高官のだれかと会ったことすらにべもなく否定した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を取り合って - 日本と東南アジア

8月
09

安倍晋三は、東南アジアに押し込むための経済的と同様に外交的な理由を強いている

5月26日にテイン・セイン大統領が安倍晋三をミャンマーの首都ネピドーに歓迎した時、それは相互尊重のすべての乾杯と吐露だった。安倍氏は1977年以来その国を訪れた最初の日本の首相だった。どちらの指導者も、西側が野蛮な軍事態勢を避けた10年間でさえも、長きにわたって比較的良好だった外交と経済のつながりを固めるよう決心したように見えた。ミャンマーの野党指導者アウンサンスーチーにも会った安倍氏は、テイン・セイン氏が2011年に始めたその国の新しい改革への関与を支持するための「すべての可能な支援」を約束した。

日本の行為はその素晴らしい言葉にあった。安倍氏はミャンマーの18億ドルの債務を帳消しにし、更なる5億ドルの援助融資を約束した。これは、商業首都のヤンゴンのすぐ南のティラワの経済特区を含んだ、過去18か月間ですでに合意された日本の関与の上に来る。日本は、今かなりいっぱいになったヤンゴンの古い港にとってかわる新しい港を含むだろう、2億ドルのティラワへの初期投資をしている。何十人もの日本の会社役員もまた、安倍氏とともに、彼が機会を探すよう促しているミャンマーにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国からの稲妻

6月
24

中国周辺で、熱は上がり続けている

その勃興により平穏さが増すと考えている新興国にとって、中国は警告すべき数の前線で侵略ではないかと疑われることに従事している。インドは、合意された国境のないジャンムー・カシミール州のラダックを中国から分かつ「実効支配線〈LAC〉」のインド側19キロの所に、中国軍兵士がキャンプを立ち上げているという。日本は、中国の海洋監視船が毎日東シナ海の紛糾している尖閣諸島の周りをまわっていると報告する。そして4月26日に、中国はフィリピンに、いくつかの場合は何十年もそこに至りあったりする南シナ海のかなりの島や礁から「すべての国民や設備を引き揚げる」よう要求した。これらすべての事例で、中国はいくらかの正当性を持って挑発に反応しているのだと主張する。しかしながら、それは、ますます不安を持つ隣国にとって慰めとはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今見るな - 日本の原子力の未来

5月
29

一連の災難が、政府にとって困った時にやってくる

去年の数日間、まるで日本が原子力エネルギーから完全に撤退するように見えた。地震と津波が2年前に忍び寄る核破壊を作り出した後で、民主党は2040年までに原子力エネルギーから脱却すると言った。それは素早く後戻りしたが、日本の50の商業原子炉のほとんどすべてがまだ操業停止中だ。

今年の2月に、当時与党に戻った自民党の指導者安倍晋三は、新政府は原子炉が今度の一組の新たな安全性テストを通過した後にそれらを再稼働させるだろうと語った。産業と政府との心地よい仲間であるその国の「原子力ムラ」は、歓迎した。しかし今、襲われた福島第一原発が、大衆に再び警告し始めている。4月15日に国連機関の国際原子力機関(IAEA)が、一連の危険な事故を調査するために流れ込んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フィールドワーク - 日本の農業

5月
12

より少ないより大きな農地とより少ない兼業農家で、農業は競争することができる

日本の本州の北西沿岸の石川県の番場睦夫の水田は、多くが他の人の土地によって分けられた農地のモザイクだ。農繁期には、専業農家の番場氏は、彼の米に毎日水をやるよう気を付ける。他の人たちはそうではない、と彼は批判的に言う。これらの兼業農家は、「その米が乾燥しひび割れする間に、エアコンの効いた室内にいる。」と不平を言う。彼らの収穫物は、地元農協が販売するときに、彼のものと混ぜられるので、彼を怒らせる。

空いた時間にトラクターに乗る兼業農家は、日本の光景のより愛された部分だ。しばしば高齢の彼らはほかの職を持っていたり、その家族が財政的に支えたりしている。どちらにしても、農業は彼らの単一の所得源ではない。そのような農民の純然たる数が、その部門の生産性を引き下げている。日本の150万の農民のうち、たった42万だけが専業農家だ。兼業農家は投資しない傾向にあり、しばしばひどい農業をする。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いかさまの通貨戦争 - 世界経済

3月
10

世界は日本とアメリカの金融的自己主張を歓迎すべきだ

世界最大の経済からの高官たちは、戦争を避けるミッションのために2月15-16日にモスクワで会う。爆弾や銃弾を伴ったものではなく、「通貨戦争」だ。財務大臣と中央銀行総裁たちは、G20の彼らの仲間たちが、その隣国の犠牲の下に輸出を押し上げ経済成長させるために、その通貨を切り下げることを心配している。

ブラジルに率いられた新興経済は、連邦準備銀行が新規発行した金で債券の山を買った2010年にアメリカが通貨戦争を扇動しているとして最初に非難した。その「量的緩和」(QE)は、投資家により良い利益を求めて新興市場に流れ込ませ、その為替相場を引き上げた。今、それらの非難は、日本に浴びせられている。新首相の安倍晋三は、成長を再開し、デフレを破るために、勇敢な刺激策を約束している。彼はまた、輸出を強めるためにより弱い円を要求している。それは(安倍氏が権力に向かっていることが明らかになった)9月以来ドルに対して16%、ユーロに対して19%鈍く下落している。

しかしながら、その不平はやりすぎだ。アメリカや日本の行動を非難するよりむしろ、他の国々は彼らを賞賛すべきだ。そして、ユーロ圏は彼らの例にかなり従うだろう。
 

剣を印刷機に変える

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

安倍晋三 を購読