カリフォルニア大学

昇進と自己宣伝 - 女性教授の嘆くべき不足

1月
03

女性は、自身を十分に引用しないので、地位を得るのに失敗するのかもしれない

学界の欠陥の一つは、その講義室や大学院は女性で満ちているが、その組織の上の方ではそうではないということだ。しばしば、これは科学に特有な現象だとみなされる。例えば、アメリカの国立科学財団によって2008年に発表された報告は、ほとんどの科学と技術の分野で男性の正教授は女性のそれに対してほぼ4対1の割合で数が多いことを見つけた。実際、その不釣り合いは森全体に当てはまる。アメリカ大学教授協会による2006年の別の報告は、芸術、人文、そして社会科学の学部でも同じ割合を見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

圧力にさらされるビットコイン - ビットコイン

12月
07

仮想通貨:それは数学的に優美で、ますます人気があり、かなり議論を呼んでいる。ビットコインの成功はそれを増大する緊張下においている

全ての通貨は、ある程度の合意による幻想を伴うが、仮想通貨制度のビットコインはその最たるものだ。それは、本質的価値を持たないデジタル代用貨幣に基づいた、中央銀行を持たないP2Pの通貨だ。中央当局の信頼に頼るよりもむしろ、それはその通貨の利用者によって暗号的に確認され合同で維持される取引帳簿に基づいた信頼の分配制度に依っている。取引は、信頼される第3者やほかのどんな仲介者の必要もなくほとんどコストなしでそのシステムの参加者間で直接起こることができ、ひとたび恒久的で完全に公開された記録に託されたら取り消しできない。保証はされないが、匿名性は適切な予防策と道具を使って可能となる。ビットコインがオタク、リバタリアン、薬物取引業者、投機家、金本位制主義者の間にそれほど訴えたのは何の不思議もない。

ビットコインは、金融危機のさなかの2008年に、中本哲史というペンネームで発表された論文とともに始まった。その論文中で概説された技術的設計は、次の年にオープンソースのソフトで実行された。それは、2012年に広く有名になり、それ以来見出しを飾っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農場に膝まづく - サン・ホアキン渓谷

10月
06

カリフォルニアの回復は、その中心地の慢性的な問題をなおしてはいない

ロサンゼルスのビーチと魅力やシリコンヴァレーの技術的革新から一般的に想像されるカリフォルニアから離れたところに、東と西の山脈に包まれた主に農業の平地の450マイルの広がりのセントラル・ヴァレーがある。その渓谷の地理的隔絶は、別の形の切断を生んでいる。ここでは、あなたはカントリー音楽を聴き共和党に投票するといった、事実上その州の他の所では絶滅した習慣に直面する。

しかし、この孤立はとても立派なものとは言えない。2011年のあるカリフォルニアの人間開発報告は、セントラル・ヴァレーのもっとも人口稠密な部分であるサン・ホアキン渓谷に、西ヴァージニアとほぼ同じ得点を与えた。平均寿命は低く、犯罪率は高く、そして(改善しているにしろ)空気はひどい。シンクタンクのミルケン研究所による2010年の報告は、その国で教育を受けていない都市10のうち、3つのサン・ホアキン渓谷の町を見つけた。そして、長くその渓谷を悩ませる失業は、そこを掴み続けている。地元の人たちは外部者に彼らが「西のアパラチア」に住んでいるといわれるのを嫌うが、同じ口でそれが本当だと認める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

縄目を解かれたプロメテウス - 幹細胞療法

9月
15

研究者たちは、まだ器官再生の古い夢を実現していないが、それは近づいている

ゼウスによって岩に縛り付けられた巨人のプロメテウスは、器官が毎晩再生するので、わしが彼の肝臓を大いに食べる毎日の虐待に耐えた。この光景に比べて、今週のネイチャー誌のウェブサイトの映像は、断然退屈だ。それは、ピンクの点の集まりをより暗い中央の塊に統合するのを示す。

しかし、何か巨人的なものが実に起こっている。ピンクの点は幹細胞で、その映像は肝臓のように見え、そのように行動するものである肝臓の芽の発展を示すのだ。その映像を作った日本の横浜市立大学の武部貴則と谷口英樹は、機能する人間の肝臓組織を作り出している。

研究者たちは、長い間、再生医療として知られる熱望である、幹細胞が傷ついた組織を修理したり、それにとってかわるために使われるかもしれないことを、長い間夢見ている。ES細胞は特に、他のどの細胞にもなりうることを意味する「多分化能」だ。そして今、多分化能性を、まだ胚から出ておらず、故にかつてはそれらを取得することに結び付いていた倫理的地雷原を迂回する細胞の中に誘導することができる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

チェックポイント・チャーリー - がん療法

8月
19

新階級の薬が、がんに対する苦闘で展開されている

腫瘍学の辞書は、軍事的な比喩で満たされている。がんとの闘い、攻撃的腫瘍、魔法の弾丸、と言った具合だ。そして、これらは実に単なる比喩だが、それらは基礎となる姿勢を反映している。手にしている武器が何であれ、患者の主要を直接攻撃し破壊するのは、臨床医の仕事だ、と言うものだ。現実の戦争でのように、これらの武器は、伝統的(外科手術)、化学的(抗がん薬)、または原子力(放射線療法)かもしれない。その腫瘍の目標を探し出し除去するために特別に仕立てられたウイルスの形で、生物学的代理人の話すらもある。

それはすべて、戦略が進むのと同様良いことだ。しかし、孫子が観察したように、最も賢い将軍は、100戦100勝するものではなく、自身が戦うことなく敵の軍隊を負かすものだ。そして、それをする一つの方法は、誰か他の人を自分の代わりに戦わせることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裸の野望 - 性産業の禁止

6月
02

アイスランドは世界最古の事業を違法にすることを決める。それは成功できるのか?

超リベラルのアイスランドはオンラインポルノを禁止したいと思っている。それは単に、性産業全体を廃止する最新の一歩に過ぎない。2009年に、それは(犠牲者として取り扱う)売春婦を買った者に罰金刑と懲役刑を導入した。2010年に、それはストリップクラブを違法にした。2月に、その政府はわいせつ物がオンラインに満ち溢れているのを気にすることを決め、アイスランド人の中にはそのほとんどを意味するととっているものもいる、暴力的なまたは下劣なポルノを禁止するという考えを持ち出した。商業的な性を合法化にしろ犯罪化にしろ管理するのに完全に成功した国はない。しかし、世界中で、特に豊かな民主主義国で、政策立案者は、アイスランドが成功するかどうかを見守っており、もしそうするならばそのあとに続くかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

孤独の魅力 - 独り身

9月
15

一人で住むことが世界中で増えている。これは悪いニュースか?

ニューヨークの30代独身についてのかつて人気があったアメリカのテレビ番組「セックス・アンド・シティ」のプラダを身に着ける主人公は、中東の女性のロールモデルではなさそうだ。その二つ目のスピンオフ映画は、一部がアブダビで撮影されたが、当局はそれが撮影されることやそこで上映することすらも止めた。

しかし、独身の生活様式は、湾岸でさえも広がっているようだ。婚約者に金融支援を提供するアラブ首長国連邦の結婚基金による最新の統計によると、30を超える女性の約60%が未婚で、それは1995年の20%から上がっており、政府報道官のサイード・アル=キトビが「とても心配すべき」という傾向だ。

もしそれで快適になるのならば、UAEはただ一か国ではない。独身はほとんどどこでも増えている。調査会社のユーロモニターは、世界は、2020年までに、20%の上昇になる4,800万人の新たな独身生活者を加えるだろうと予測する。これは、独身が世界のほとんどの場所で最も早く増加する家計集団になるだろうことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

カリフォルニア大学 を購読