カリフォルニア大学

よろず屋、仕立屋 - 産業政策

10月
10
経済学者は産業政策の利点について考えなおしているが、いくつかの欠点は直し難い
 
危機は、人々に曇った考えを再調査させる方法だ。2008-09の金融溶融が政府に総需要を支える方法として支出を始めるよう強いるまで、財政刺激政策は知的不毛の中でつらい思いをした。豊かな国々が弱々しい経済回復に苦しむに連れ、今では産業政策の番だ。ある国の産出の構成について影響を与える政府干渉という考えは、非効率を生み、競争を減らし、ロビー活動を奨励し、誰も欲しがらないものを作る工場を国に追わせるために経済学者から嘲られてきた。しかし、危機の結果として、産業政策はよくしゃべる擁護者を集めている。
 
世界銀行の主席経済学者のジャスティン・リンは、この種の政策は発展途上国政府が構造変化のスピードを上げるために有益な方法だと信じている。ハーヴァード・ケネディ・スクール公共政策大学院のダニ・ロドリックは、重要な中間財を現地で生産することを要求する中国の規則は供給者産業の育成に役立ったと説明する。彼はまた、輸出動機づけは中国企業に競争的な世界市場に足場を得るのを助けたと信じ、活発な産業政策が中国の最近の成功に大きな功績があると思っている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

不条理王子 - アフリカ文学

7月
18

コンゴのアラン・マバンクの常軌を逸し品性を欠いた小説

アラン・マバンクは、パリ中心部のレ・アールにあるアフロ-キューバ・サルサバーのジップスで愛想よくお披露目会を行った。色あせたデニムのジャ ケットをはおり、彼のトレードマークであるフラットキャップをかぶり、彼は控えめに彼の広がるキャリアと、パリの黒人コミュニティのメンバーとともに行っ たグアドループからギニアに至る三大陸をまたぐ旅行についてのニュースを分けあった。バーテンダーであるか新進作家であるかにかかわらず、彼らは、過去 10年以上にわたって、アフリカのサミュエル・ベケットとして知られるようになったフランス在住コンゴ人の書いたどのページにも入り込むことができた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

カリフォルニア大学 を購読