ヨウェリ・ムセヴェニ

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインのポーカー - ケニア、南スーダン、そしてウガンダ

7月
30

東アフリカはその新たに見つかった石油の富を投げ捨てている危険にある

去年の3月に、ケニア、エチオピア、そして南スーダンの元首たちは、これらの国全てのために仕え、大きく彼らを豊かにするだろう、全部で160億ドルかかる港と石油パイプラインの建設を始めるために、インド洋に面したケニアの町のラムのマングローヴの間で、会った。地元の役人によると、実際には4,000ドルしかかからなかった祝いの食事のために、納税者は35万ドル請求されたという。今のところ、とても利益が上がっている。しかし、それ以来ほとんど何も起こっていない。パイプライン建設の計画は停滞している。

ウガンダ大統領ヨウェリ・ムセヴェニのその立ち上げへの欠席は、すべてがうまく行ったわけではなかった最初の手掛かりだった。ウガンダは最近アルバート湖沿いで35億バレルの石油を発見した。それは、その地域の新しい油田をつなぐどんなパイプライン計画の一部にもなるべきだ。石油はまた、湖の反対側のコンゴでも見つかっている。そしてケニアの国境をまたいで、探査は見通しがあるようだ。ロンドン上場会社のタロー石油は、試井から1日281バレル(b/d)を汲み上げているという。近くのエチオピアも猛烈に探査している。すでに石油を生産している南スーダンは、ケニアとの国境沿いに更に多くの大きな油田を見つけることを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

舞台から離しておけ - ウガンダのゲイ

3月
20

ウガンダのゲイの権利は依然として笑える問題ではない

2月6日に、ウガンダの首都カンパラで働く英国人劇場監督デヴィッド・セシルは、車に投げ込まれ、最初に移民局に、それから警察署に連れて行かれ、雑居房に放り込まれた。彼はそこに5日間拘置され、それからエンテベ空港に連れて行かれ、追放された。彼の罪はホモセクシャルの主題に触れた「川と山」という喜劇の舞台を行ったことだった。彼はウガンダ人のガールフレンドと2人の子供を残した。

ホモセクシャルは、他の37のアフリカ諸国のようにウガンダでは違法であり、罪に触れることだ。ワシントンのシンクタンク宗教と公共生活についてのピュー・フォーラムによって2010年に発表された調査では、約80%のウガンダ人がホモセクシャルが道徳的に間違っていると答え、それは暴力に変わりうる意見だ。ゲイを公言しているウガンダの教師でゲイの権利活動家デヴィッド・カトーは2011年に殺された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

東のエル・ドラド? - アフリカのエネルギー

4月
16

やっとのことで、東アフリカはそのエネルギーの潜在力を認識し始めている

エネルギーの点では、東アフリカは長い間その大陸の貧しい仲間だった。西アフリカでの600億バレル、そして北でのそれ以上と比較して、去年まで、そこではせいぜい60億バレルの石油の埋蔵量が確認されると思われていた。その地域の輸入の1/3が石油関係なので、それは特に石油ショックに対して脆弱だった。世界銀行は、貧弱な統治の後で、高いエネルギー費用が東アフリカ経済の最大の足かせだと語る。

そのすべては変わろうとしているかもしれない。その地域最大の経済であるケニアは、その未開の北部での大油田発見の発表によって、3月26日に興奮状態に入った。英国の石油会社トゥロー(Tullow)は今、トゥルカナ地域と国境をまたいだエチオピア側の産出見込みを英国の北海の富鉱帯と比較する。水上の探査地区の望みもある、より多くの油井が今ケニア中で掘られるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ヨウェリ・ムセヴェニ を購読