INSEAD

新品 - 新興国企業のブランド戦略

8月
18

新興市場の会社は世界的ブランドを打ち立てようとしている

アメリカ人は、中国が彼らの国を乗っ取ろうとしているという計画について心配するのをやめることができる。最悪のことはすでに起こっている。7月25日に、中国のコンピューター会社レノヴォがナショナル・フットボール・リーグのスポンサーとなる契約を発表した。アメリカは筋肉の硬直したラインバッカーを提供し続けるかもしれないが、中国人は彼らの取っ組み合いを可能にする賢いラップトップやデスクトップを提供する。

レノヴォは、不十分な給料を補完したいと思った中国科学院の11人の技術者によって1984年に設立された。それは、中国でその事業を打ち立てるのに何年も費やした。しかし、それから、それは2005年に世界的シーンに乱入し、それがIBMのシンクパッドPC事業を買った時、アメリカ議会を混乱させた。その会社は、今では世界で2番目に大きなPCメーカーで、間もなくヒューレットパッカードからトップの地位を奪おうとうかがっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中位校の困難 - ビジネス教育

10月
24
エリートとはいえないようなビジネススクールは時間切れなのか?
 
アメリカ経済が景気後退に悩まされた2009年に、MBAプログラムへの関心は記録的な高さに達した。誰もそれほど驚かなかった。ビジネススクールへの応募は、人々が嵐からの隠れ家を探すので、景気後退の1年目にしばしば増える。だから、それに続く2年間に応募が落ちるのは、おそらく誰も驚くべきことではない。それは延長された停滞期間がさせたものだ。
 
しかし、少なくとも非公式には、ビジネススクールの中には、今世紀にはいってからの中でも特にレヴェルの低いアメリカ人学生と共に、2年続けての応募の現象は、単なる経済への反応以上のものだと心配しているところもある。彼らは、ビジネス教育の定着したモデルは、全ての学校にとってではないかもしれないが、確実に中位にランクされる伝統的な2年間のMBAを提供するアメリカの機関にとっては、困難になるかもしれない。長い寄宿型のプログラムを提供している2/3の学校が2011年に応募が減少した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

サムライはソフトに向かう - 日本の革新

7月
19

日本のソフトよりもハード好みは霞んでいる。

「サムライはソフトウェアを書かないだろう。」ディナーパーティーで酒が進むに連れて、日本の大手電機会社の重役は吠えた。彼の見方は日本では広く持たれている。モノづくりは男らしい。中世の刀鍛冶から今日の機械やマイクロチップまで、真の男は、見ることのできるものを作るのに不断に精を出して働く。サーヴィスは女々しいものだ。

しかし、伝統的なサムライの髪型(ちょんまげ)のようにそのような姿勢はますます時代遅れになっているように見える。ビジネスソフトを書くことは今日本でビジネスとして成長している。その国の大きな電機会社はその部門を受け入れている。外国企業すらも日本に来て才能あるプログラマーを探している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

世界へのチューター

6月
16

ビジネススクールは激しい勢いで世界に広がっている。それは大部分はいいことだ。

ビジネス界の人々はビジネス学会を批難するのが大好きだ。(もし英国人なら)口ばかりでズボンがない、(テキサスの人ならば)帽子ばかりで牛がいな い、と。しかしグローバリゼーションということになると、教授たちはズボンや牛を豊富に持っている。過去10年、ビジネス教育はビジネスそれ自体よりも徹 底的に世界化してきた。これはそれが本来の状態であるということだけで重要なわけではない。(ビジネススクールは大きなビジネスで、世界のエリートのト レーニング場である。)それはまた、他の学会もビジネススクールが導いたところについていこうとしているという意味で重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
INSEAD を購読