グルーポン

起業する年配者

3月
06

新しい事業を始めるのは、たとえ今ではそう見えるにしても、若者の専権事項ではない

「スーツを着たなまけもののやつ」は、レナード・コーエンが自分でその最新アルバム「Old Ideas」を表現したものだ。コーエン氏は確かに、ステージの内外でスーツを着るのが大好きだ。しかし、怠け者は少し厳しいようだ。彼は、その生まれ故郷カナダでの普通の退職年齢を12年超えた77歳だ。しかし、彼がギターを置く兆候は無い。彼は2008-10年をツアーに費やし、その75歳の誕生日をバルセロナでのステージで迎えた。「Old Ideas」は広い賞賛を勝ち取った。コーエン氏は、次のアルバムのためにたくさんの曲を書いたという。

1960年代に、ポップは若者の仕事だった。ザ・フーは歳老いる前に死にたいと望んだ。ボブ・ディランは、「やせっぽちのバラード」でジョーンズ氏のような中年の堅物を叱った。しかし、今では年齢は成功への何の障害にもなっていない。ローリング・ストーンズは60代になっても依然としてツアーに出ている。ボブ・ディランは、声はともかくとしても、その作曲能力はそのまま生き延びている。ポール・マッカートニー卿は歌い続けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サムライはソフトに向かう - 日本の革新

7月
19

日本のソフトよりもハード好みは霞んでいる。

「サムライはソフトウェアを書かないだろう。」ディナーパーティーで酒が進むに連れて、日本の大手電機会社の重役は吠えた。彼の見方は日本では広く持たれている。モノづくりは男らしい。中世の刀鍛冶から今日の機械やマイクロチップまで、真の男は、見ることのできるものを作るのに不断に精を出して働く。サーヴィスは女々しいものだ。

しかし、伝統的なサムライの髪型(ちょんまげ)のようにそのような姿勢はますます時代遅れになっているように見える。ビジネスソフトを書くことは今日本でビジネスとして成長している。その国の大きな電機会社はその部門を受け入れている。外国企業すらも日本に来て才能あるプログラマーを探している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のデジタルゴールドラッシュ - インターネットビジネス

5月
18

インターネット会社はまた盛り上がっている。それは買い時なのか、売り時なのか。

38番埠頭は、サンフランシスコの湾岸に位置する巨大なハンガーのような構造物だ。かつてはカリフォルニアのゴールドラッシュ時代に中国系移民がつるはしとショベルを持って鉄道建設のために上陸してきたが、その埠頭は今ではインターネットで金持ちになる競争に加わっているスマートフォンやコンピュータの起業家たちの本拠だ。彼らのオープンプランの事務所から、ノイズトイズやアディリティ、そしてトラズラーといったイキで奇妙な名前で新興企業を経営する若い人たちは、猛烈にプログラムを打ち込んでいないときには、近くに停泊している変わったヨットを見つめることができる。

「革新のスピードは我々が今までに目にしたことがあるようなものではない。」と、38番埠頭で若い会社に場所を貸すヴェンチャーキャピタルの1部門のドッグパッチラブを運営しているライアン・スプーンは語る。多くの他の起業家たちのように、借り手たちは、フェイスブックや、ファームヴィルと言ったとても有名なオンラインゲームを作ったジンガのようにしばらくの間インターネット界で脚光を浴びることに邁進してきた会社の後を追いたがる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ツイートするかしないか

4月
08

ソーシャル・メディア・サイトは大流行だ。しかし経済に対する付加価値はなんだろう?

経済は苦しんでいるかもしれない。しかし一つの分野は成長している:ソーシャルメディアだ。それはFacebookで始まり、5年前にはほとんど存 在しなかったくらくらするような一連の会社によって拡大した:Twitter, LinkedIn, Groupon, Yammer, Yelp, Flicker, Ning, Digg-そしてリストは続く。それらの会社はほとんど非公開だが、ウォールストリートや投資家から熱烈な関心を受けた。Facebookは750億ドル の価値があるとされ、Grouponは250億ドルに近い評価をされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
グルーポン を購読