アブバカル・シェカウ

ボコ・ハラムとの戦い - アフリカのイスラム国

2月
11

ナイジェリアでのジハーディストの反乱が地域紛争に変わっている

非難をそらすことは、世界中で政治家に尊ばれる技能だ。しかしながら、多くの人は、ナイジェリア北東部の危険な反乱集団であるボコ・ハラムへのスケープゴートを終わることなく見つける、そのアフリカでもっとも人口稠密な国の大統領グッドラック・ジョナサンから、依然として一つや二つのことは学ぶことができるだろう。ジョナサン氏のもっともありふれた言い抜けは、ボコ・ハラムがナイジェリアだけでは解決できない地域的な問題だ、というものだ。

彼のいいわけは、不幸なことに、事実に変わっている。ボコ・ハラムは今、その毒を隣接諸国に振りまいている。ナイジェリア国境近くのカメルーンの村から約80人のカメルーン人が誘拐されたのは、チャド湖周辺の諸国でそれが影響力を増していることに光を当てた。

更に北のニジェールでは、かつては退屈な漁村だったキリキリで、意訳すれば「西洋の教育は禁止」となるボコ・ハラムから逃れた難民たちが当座のハットに詰め込まれている。毎日数十人が、その数少ない所有物を頭の上に載せてボートからおりて歩いてくる。治安は急速に悪化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生死に関わらず - ナイジェリア一の指名手配犯

12月
16

ボコ・ハラムのもっとも暴力的な派閥の指導者は死んだかもしれない、再び

過去4年間で約3,000人の死につながった、北部ナイジェリアにイスラム主義の国家を打ち立てる作戦を行うゲリラ集団のボコ・ハラムの首領アブバカル・シェカウには、長い間謎の雰囲気が取り巻いている。彼について知られていることのほとんどは、彼がインターネットに投稿した説教から拾い集められている。彼は、2010年に北東部の州バウチの刑務所にその最初の攻撃を仕掛けて以来、ボコ・ハラムのもっとも暴力的な派閥の声となっている。迷彩服と防具に覆われ、カラシニコフを脇に抱え、攻撃的にカメラを指さして、彼はナイジェリア中にシャリア法を適用することを要求する。

8月19日に、ナイジェリアの治安部隊は、過去3年ボコ・ハラムを率いてきたシェカウ氏が死んだかもしれないと宣言した。彼らは、6月30日の北東部での銃撃戦のさなかに撃たれ、東のカメルーンに逃れた後に、7月25日から8月3日の間に死んだかもしれない、と語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全国への脅威 - ナイジェリアの危機

10月
21

北ナイジェリアをテロ化しているムスリム過激派集団ボコ・ハラムとは、誰で何なのか?

カノの知事宅の拡声器は、何百人もの役人が祈るために駐車場に小さなマットを敷きタール舗装の上に並べたところに来るよう呼び出して、毎週金曜日にイマームの声で活気づく。彼らは地元のモスクを訪れていたものだが、もはやバグダッド型の緑地地帯の外側を冒険するほど安全を感じていない。そばの道は、ヒトの高さの障害物でふさがれている。入口は、住民すらも鉄条網を上に貼った壁で守られた家にたどり着くために証明書を示さなければならない数少ないしっかりと運営されたチェックポイントを通り抜ける。警察官は要塞化されたトーチカで交差点を見ている。その道には、誰かが爆弾を積んだ車を駐車させないように、コンクリートを詰めたドラムが並んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アブバカル・シェカウ を購読