ゴールド・フィールズ

愚者の金 - 南アフリカの積極的差別是正措置

6月
10

黒人の経済的権利付与はうまくいっておらず、それはすぐに終わることもない

マンペラ・ランペレほどアパルトヘイトの恐ろしさをよく知っているものはほとんどいない。彼女の恋人で黒人意識運動の創始者スティーヴ・ビコは、1977年に警察による拘留中に撲殺された。南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)のように、今では野党政治家のランペレ博士は、政府は白人優越主義者による半世紀の支配の傷をいやそうとすべきだと信じている。しかし、彼女はそれについて行われている方法を好まない。

3月に、ランペレ博士は、政府が彼女がかつて会長を務めていた鉱山会社のゴールド・フィールズに、ANCとつながりを持った共同事業体にその事業の株を売るよう強いたと主張した。その共同事業体の73人の人々の中には、ANCの議長と2006年の強姦についての審理でジェイコブ・ズマ大統領を弁護した弁護団の一人が含まれていた。ゴールド・フィールズはその主張を否定したが、2010年の取引への独立調査をけしかけているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会的進歩の欠如に対する怒り - 南アフリカ暴動の背景

11月
25

産業暴動は、1880年代後半にセシル・ローズがデビアスを創設して以来、安い黒人移民労働者の背中の上に立てられた産業と鉱業会社に強い焦点を当てているが、労働組合もまた労働者の怒りに耐えている。

30年にわたって、鉱山労働者全国組合(NUM)は、約50万人(うち30万人以上は金とプラチナ部門で働いている)を雇う産業で支配的な組合だった。しかし、労働者が彼ら自身を代表しようとしている無謀なストライキの波は、NUMと伝統的な労使関係への増加する不満を強調している。

NUMはまた、プラチナ部門で急速な増加をして労働者の不満に入り込んでいる、やや新しい成り上がりの鉱山建設労働組合連合との競争にも直面している。それはまた金にも向かおうとしているという報告がある。

NUMの報道官レシバ・セショカは、暴動の鍵となる教訓は、団体交渉を強化する必要だと語る。「さもなければ、20人や30人の集団に別れた労働力を持つことになり、別々に関与することを要求する。それはより大きな問題になるだろう。」

彼は、暴動に対する会社の姿勢を非難し、彼らが伝統的な組合を解体しようとし、その役員に多く支払いすぎると告発する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

部門大改造を急き立てる鉱山ストライキ - 南アフリカの暴動

11月
24

その国での騒動は、すでに政策の不確実性と急上昇する費用に直面している産業で、労働関係を改善する長く遅れてきた変化の必要を露出する

へそを曲げた労働者たちが急激な給与上昇を求めるのでその操業の約40%が停止中のアングロアメリカン・プラチナムは先週、すでにそれに24億ランド(2.77億ドル)を費やさせている南アフリカの無謀なストライキを終わらせるための努力として新たな戦術を始めた。

そのルステンブルグ鉱山で暴動が勃発して以来厳しい扱いをしてきた後で、アンプラッツは1.2万人の解雇された鉱山労働者に復帰するよう提案し、一方先週仕事に戻った人々に2,000ランドの一度きりの「危険手当」を約束した。

しかし、世界最大のプラチナ生産者が操業を再開できるようになる代わりに、スト参加者は更なる反抗で反応した。道路はバリケード封鎖され、警察はデモ参加者を散らすために催涙ガス、放水車、そしてゴム弾を使った。

それが、8月に勃発した産業闘争の波における最新の暴力的な話で、その部門の問題が解決からは程遠いことを思い出させるものだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキは他の所のリスクに新たな側面を提供する - 南アフリカ鉱業

11月
07

その暴動の前ですらも、会社はリスクをとることを控えていた

南アフリカの鉱業部門を通して衝撃波を送った産業ストライキの盛り上がりの間に、アングロゴールド・アシャンティの社長マーク・クティファニは警告を発した。

「我々は皆、刃の先に立っている。」彼は語った。「私は資本を脅し始めているのではないが、はっきりともし我々がその問題を解決しなければ、いかにして私は株主に対して南アフリカに投資し続けなければならないことを正当化するのか?」

クティファニ氏は、世界で3番目に大きな金の生産者であるアングロゴールドが、その国で働いているその3.5万人の労働者のほとんどが9月後半に道具を置いて、南アフリカの操業を停止するよう強いられた後に話した。それは、18年前のアパルトヘイトの終了以来、その産業で最大の危機の引き金を引いた無謀なストライキの波の最も劇的な拡大だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

感染の恐れ - 南アフリカのストライキ

10月
21

ストライキと賃金上昇は、どちらもより必要とされる投資家を妨げる

南アフリカの鉱業にとって、事態はひどく見える。9月26日に、世界で3番目の金生産者アングロゴールド・アシャンティはその鉱山で持続するストライキに反応して、その国中で営業を停止すると言った。その3.5万人の従業員のほとんどは、働くのをやめている。南アフリカでその金の1/3を生産するその会社は、ストライキをしている労働者は依然として何の公式な要求も提示していないと語った。より良い労働条件とより高い賃金への要求がありそうだ。

最近、まるで鉱業での緊張が和らいでいるように見える。大きなプラチナ会社のロンミンの所有者は、9月18日に南アフリカのマリカナ鉱山の労働者が46人の死者を出した6週間の無謀なストライキを終わらせる取引に調印したので、深い安堵のため息をついた。鉱山労働者たちは、2,000ランド(240ドル)の一度限りのボーナスとともに、11%-22%の昇給を得た。そのストライキの真ん中にいた岩石掘削作業員は、月に1.1万ランド以上を得た。彼らが要求した1.25万ランドまではいかなかったが、十分に近い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ゴールド・フィールズ を購読