東芝

強い円で武装して - 海外で買い物する日本企業

12月
22

なぜ日本株式会社は外国で騒ぎを続けているのか

ティックル氏とバンプ氏はハロー・キティとともにベッドに潜り込む。その弓状に飾られた猫の持ち主、サンリオは、英国のコーリオン社から「ミスター・メン」の代理店網を獲得した。30億円と推定されるその取引は、その日本のデザイン・権利会社に、30の国々で幼児を喜ばせ、1億冊の本に変わっている86の陽気なキャラクターたちをもたらす。

株式会社日本は海外での買い物騒ぎの最中だ。企業買収などのデータを集めているディーロジックによれば、日本企業は2011年に記録となる800億ドルを使い、620の外国企業を買収した。それはかつての記録である2008年の750億ドルの466の買収という記録を上回るものだ。1980年代に日本株式会社が海外買収をしたとき、それは強さの兆候だった。日本企業は成長していたのでその翼を広げていた。今回、それは弱さの症状だ。

今年、日本は悲惨だった。3月の地震と津波は工場を破壊し、サプライチェーンを分断しすべての種類の重要な部品の不足をもたらした。強い円は利益を打ちのめした。タイでの洪水は電機や車の部品の流通を遮った。企業統治の醜聞は国中の青いスーツを黒い雲で覆った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サムライはソフトに向かう - 日本の革新

7月
19

日本のソフトよりもハード好みは霞んでいる。

「サムライはソフトウェアを書かないだろう。」ディナーパーティーで酒が進むに連れて、日本の大手電機会社の重役は吠えた。彼の見方は日本では広く持たれている。モノづくりは男らしい。中世の刀鍛冶から今日の機械やマイクロチップまで、真の男は、見ることのできるものを作るのに不断に精を出して働く。サーヴィスは女々しいものだ。

しかし、伝統的なサムライの髪型(ちょんまげ)のようにそのような姿勢はますます時代遅れになっているように見える。ビジネスソフトを書くことは今日本でビジネスとして成長している。その国の大きな電機会社はその部門を受け入れている。外国企業すらも日本に来て才能あるプログラマーを探している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
東芝 を購読