ベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーセズ

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裏に何があるのか - ギニアの鉱業

11月
19

ギニアは、世界最大の鉄鉱床の一つへの権利が、いかにしてアフリカ中での反不正努力へのテストケースだと証明しうるものだと認められたかを調査している

マハムド・ティアムは、誰かが彼のゴミ箱をあさっていると理解する。

彼のマンハッタンの住居は、2010年12月まで支配していた軍事政権の下で鉱業大臣を務めていた故郷のギニアから4,000マイルの所にある。ギニアの、選挙で選ばれた政府による、過去の独裁者たちによって取り決められた鉱業取引への厳密な調査は、その惑星のもっとも切望される鉱物の貯蔵のいくらかを巡るけんかを再開させている。ティアム氏は、政治、事業、そして流血の15年の物語の最新の縺れである、どんないかがわしい取引を探すことも、はるばる彼の玄関口につながっていると信じている。

6大陸からのライヴァルたちがギニアの富を求めて争うにつれて、1,000万人の人口を抱えた憂いに満ちた西アフリカの国の未来と同様に、何百億ドルもの金が一進一退の攻防を繰り広げる。その国の鉱物についての土壇場の対決は、天然資源が輸出の2/3を占めるが、繁栄よりもむしろ闘争を生み出す傾向にある、その大陸でのテストケースを証明しうる。一つの賞がほかのものの上で輝く。おそらく世界で最高の未開発の鉄鉱床の上にそびえる山のシマンドゥだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

難しい場所を好む起業家 - ベニー・シュタインメッツ

11月
04

ベニー・シュタインメッツは、天然資源の豊富な見通しのある辺境市場へ踏み込むという評判を持つ数少ない鉱業起業家の一人だ

今年の初め、シュタインメッツ氏は、ナイジェリアの陸上石油と発電部門が新たな投資に開放されるので、そのグループは何十億ドルもそこに投資する計画をしている、と本誌に語った。

「誰もが今電力部門に投資するためにナイジェリアに行くことができるが、知っているかい、彼らは終わっているのだ。そこにはストライキがあり、内戦の話、そして汚職がある。しかし、我々は難しい場所に投資する。(ベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーシズは)積極的なやり方でこれらの機会を追い求める。それを実地でやらなければならないのだ。」

天然資源子会社を含むベニー・シュタインメッツ・グループ〈BSG〉は、その会社によれば、過去3年間のそれぞれで35億ドル以上の収入を持つ民間所有のコングロマリットだ。だが、シュタインメッツ氏は低い地位を保っている。彼は、その受益者がシュタインメッツ家である財団を構成するそのグループの子会社の非役員の顧問として働いている、と本誌に語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ギニアの金持ちたちが25億ドルの取引を危険にさらす乱闘 - ギニアの鉱業

11月
04

アフリカの鉱業のヴェテランの言葉を借りれば、それは「大当たり」だった。2010年4月に、アフリカなどでのダイヤモンド取引で富をなした勇敢なイスラエル人億万長者のコングロマリットが、そのギニアでの鉱業利益の51%を25億ドルで売るという取引をした。

ベニー・シュタインメッツの標準でさえも、ブラジルの鉱業大手のヴァーレへのその売却は、かなりの収益のように見えた。彼の会社は、熱い緑に覆われ鉄鉱石でいっぱいの山であるシマンドゥの半分を採掘する権利にたった1.6億ドル費やしただけだった。

今では、しかしながら、いくつかの世界で最も切望される鉱床の故郷であるその熱帯の西アフリカの国でのそのグループの見通しは、脅かされている。ギニアは、その国の宝物を、当局が厳しく見るかつての独裁制のもとで行われた鉱業取引として、数十億ドルの乱闘を再燃させている。

本誌は、ある政府委員会が不正の調査を始めており、どのようにしてベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーセズ(BSGR)が、2年前に英豪系の鉱業会社リオ・ティントから取り上げられたシマンドゥの半分の権利を2008年に保全したのかの答えを要求していることを聞いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーセズ を購読