ホンジュラス

非特許領域 - 特許都市

11月
05

ホンジュラスの特許都市はその立案者の支持を失っている

貧しい国に国際的に運営される飛び地を植え付けるという考えの特許都市のファンは意気消沈している。彼らのもっとも見通しのある事業の指導的な知的 支持者が、透明性についてのけんかの中で撤退している。9月4日に、アメリカの活動家で起業家のマイケル・ストロングは、ホンジュラスでの小さな計画の予 備的取引に署名した。それは、より大きなものを支持していたニューヨーク大学の経済学教授のポール・ローマーの裏をかいた。

ローマー氏の計画は、透明性委員会に特徴づけられた。町の行政官たちへの擬似的な司法チェックだ。特許都市は植民地時代の香港のような場所の成功をまねすることを狙い、直接的な民主的監視なしに事業友好的な体制を提供するものだ。

ホンジュラス政府は12月に透明性委員会を立ち上げることに合意した。それは、経済学者のジョージ・アカーロフと、シンガポール電力の元上級重役の Ong Boon Hweeを含んでいた。しかし、それはまだその組織の法的な権力を与える布告を出していない。ローマー氏は、彼が「欺きの公然たる行動」と呼ぶものを残念 に思っている。今のところ、ストロング氏は、職と安い住宅を作り出すことを狙った「それほど不自然でない」計画のための、彼自身の取引にこだわっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ホンジュラス を購読