ポール・チェーノフ

判決 - 法と心理学

11月
06

裁判官の宣告は一貫性がない。多ければ安全なのか?

裁判の前にやってくるのにもっともよいときは、それがやってこないことだ。しかし法廷の知識は、昼食後がその前よりも良いことを示唆する。イスラエルの仮釈放者への聴取の研究は、食事の直前には、成功の機会はほんのわずかだと示す。しかし、ほかの偏りもたくさんある。サイエンス誌に掲載された今年の夏の181のアメリカの公判裁判官の調査は、1年間の平均で、精神病質の生理学を説明することはより軽い宣告をもたらすことを示した。弁護側が単に裁判官に囚人が精神病だったと話すと、平均の宣告は14年だった。

ほかのすべての人間と同じように欠点のある意思決定者である裁判官は、彼らの仕事の最も難しい部分に刑宣告を見つける。退職したアメリカ人裁判官のポール・チェーノフは、有罪か無罪かを決めるのはより簡単だと語る。偏りは国や文化をまたいでみることができる。同じ犯罪で、男性犯罪者は女性よりも厳しい宣告を受ける。黒人犯罪者は白刃よりも長い刑に服する。魅力的な女性や善人面の男は短い宣告を得る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ポール・チェーノフ を購読