スタンダード・バンク

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ほかの人が到達していない気持ち良い部分 - 南アフリカの酒造業

11月
13

その大陸のもっとも新しい国でのSABミラーの冒険

イアン・アスルワース=エルヴェイが南スーダンの最初の醸造所を立ち上げるというミッションを引き受けた時、彼はテントの中に入った。9か月間、そして一晩320ドルでだ。

SABミラーの子会社である南スーダン・ビヴァレッジのその南アフリカ人管理者は、ほとんどすべてがまだ建設されていない場所へ入ることの困難を払いのける。

「私は、南スーダンが世界中のほかのどんな発展途上国と比べてもいかなる大きなリスクをもたらすとは考えていない。」彼は語る。「物事はここではただより簡単に簡単になっているのだ。」

南スーダン人は、アルコール禁止の北のハルトゥームの体制から分離することに2011年1月に投票した。

現在、南アフリカはほかのアフリカに対する最大のアフリカの投資家だが、その南スーダンの拡大は未知の領域への珍しい襲撃を記録する。

「過去10年間にわたって南アフリカからの安定した流出のしたたりがある。」シティのサブサハラアフリカのストラテジスト、レオン・マイバーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

銀行は新たな市場を追い求めてカネを追いかける - 南アフリカの金融拡大

11月
08

その大陸は世界で最も早く成長している経済のいくつかの故郷だ

スタンダード・バンクの子会社であるCFCスタンビックが今年南スーダンにその最初の支店を開いた時、それはその大陸中で拡大のペースを加速する南アフリカのより深遠な例を記録した。

アフリカでもっとも新しい国の南スーダンは、その大陸でもっとも未開発で最貧の国の一つだ。それは、独立を成し遂げて16か月後にも、その北の隣国スーダンとの急な武力衝突に入る売る緊張に、依然として悩まされている。

しかしながら、それは、特に石油といった原材料に富んでいる。CFCスタンビックのジュバ支店が公式に開店した時、スタンダード・バンク・アフリカの頭取のクリス・ニューソンは、南スーダンの天然資源の潜在力は「強い成長を駆動し、エネルギー部門、社会資本開発、そして農業で投資を惹きつけるよう期待された」、と語った。

その開店は、資産においてアフリカ最大の銀行で20%が中国のICBCに所有されているスタンダード・バンクが、南アフリカを除いてその大陸で17か国にその存在を拡大したことを意味した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リンポポ川の北で機会が差し招いている - 南アフリカからのアフリカ投資

11月
07

通信会社、小売、そして醸造業者が投資の跡を示している

それほど遠くない過去に、南アフリカのほかのアフリカへの最高位の輸出品は、アパルトヘイト後に傭兵や民間安全保障コンサルタントとして仕事を見つけた元特殊部隊の隊員だった。彼らが戦っていなかったとき、少なくとも国内や国際的な悪口が彼らのやっているような事業を禁止するよう法の変更を促進するまでは、彼らは確かに大陸の問題を抱えた場所のバーで時間をつぶすのが見られた。

今では、その大陸でもっとも浸透したホテルのロビーで、南アフリカのスーパーマーケットのマネージャーに出くわすことの方がよりありそうだ。

中国、インド、ブラジル、そしてほかの新興国のように、南アフリカはその大陸の好況を利用しており、比較的成熟した国内市場を越えて拡大しようとしているそこの会社は新たな利益源を北に見つけている。その国の経済は、1994年の白人少数派から黒人多数派支配への移行に続いて、国際的な制裁が解除され開放された後の数年間で事業が復活するにつれ、徐々に成長し始めた。アフリカ中からの経済的移民や事業家たちが群れを成してやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの中国人 - 協働への試行

4月
26

アフリカ人は、中国が彼らの昼食を作ってくれるのか、それとも食べるのかを問うている。

Zhu Liangxiuは、ナイロビのバーでケニアのラガーをがぶがぶ飲み、中国の警句を暗誦した。「人は同じ川に2度入ることはできない。」Zhu氏は香港近くの仏山出身の靴製造者で、彼の2度目のアフリカへの旅の最中だ。彼はこの場所が好きになり始めたというが、彼の声には失望が見て取れた。

3年前の彼の最初の旅で、Zhu氏はノート1冊の注文を受け、アフリカ人は彼と取引したいだけではなく、彼の会社を楽しんでいることに驚いた。「私は多くの国に行ったが、ここほど温かく歓迎されたところはない。」と彼は語る。知らない人が、彼の母国の、発展途上国に対する大きな関与を祝福した。中国はアフリカの一番大きな交易相手で、3分の1以上の石油をその大陸から買っている。多くの新しい学校や病院のために金が支払われた。地元の人たちは、中国は貧困を終わらせるために他のどの国よりも良くやっている、と誇りを持ってZhu氏に語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スタンダード・バンク を購読