ムバダラ

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ムバダラ を購読