鉱山労働者全国組合

もはや何とか切り抜けることはできない - 南アフリカの経済

8月
11

ゆっくりとした成長と下落する通貨は、より深い不調への警告すべき症状だ

ほとんどのアフリカが繁栄し始めるにつれ、その大陸最大の経済は伸び悩んでいる。5月28日に発表された数字は、南アフリカのGDPが第1四半期に年率換算でたった0.9%しか伸びていないと示した。アフリカの経済的見通しを知らせるアフリカ開発銀行(ADB)と先進国のシンクタンクOECDからの新しい報告は、その経済的見通しの点で南アフリカを52か国中低い48番目に位置付ける。

しかし、南アフリカの2013年の2.8%のGDP成長という予測は、すでにあまりに楽観的に見える。失業と貧困を削減するために必要だと政府が言う、維持された5%の率は、世界が違うようだ。

第1四半期のGDPの数字の数少ない明るい点の一つは鉱業だが、その産出は再び下がっており、ストライキの恐れがその直近の見通しを曇らせている。南アフリカの総輸出のだいたい1/4が、景気後退に陥っているヨーロッパ向けだ。国内支出も弱い。ウォルマートが一部所有するスーパーマーケットチェーンのマスマートだけが、みすぼらしい売上を報告した最近の大きな小売業者だ。消費者の信認は9年来の低い値にある。銀行は、最近まで個人向け融資を沈ませないようにする役に立っていた無担保信用を削減している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会的進歩の欠如に対する怒り - 南アフリカ暴動の背景

11月
25

産業暴動は、1880年代後半にセシル・ローズがデビアスを創設して以来、安い黒人移民労働者の背中の上に立てられた産業と鉱業会社に強い焦点を当てているが、労働組合もまた労働者の怒りに耐えている。

30年にわたって、鉱山労働者全国組合(NUM)は、約50万人(うち30万人以上は金とプラチナ部門で働いている)を雇う産業で支配的な組合だった。しかし、労働者が彼ら自身を代表しようとしている無謀なストライキの波は、NUMと伝統的な労使関係への増加する不満を強調している。

NUMはまた、プラチナ部門で急速な増加をして労働者の不満に入り込んでいる、やや新しい成り上がりの鉱山建設労働組合連合との競争にも直面している。それはまた金にも向かおうとしているという報告がある。

NUMの報道官レシバ・セショカは、暴動の鍵となる教訓は、団体交渉を強化する必要だと語る。「さもなければ、20人や30人の集団に別れた労働力を持つことになり、別々に関与することを要求する。それはより大きな問題になるだろう。」

彼は、暴動に対する会社の姿勢を非難し、彼らが伝統的な組合を解体しようとし、その役員に多く支払いすぎると告発する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
鉱山労働者全国組合 を購読