Bitcoin

無からのカネ - ビットコイン

3月
21

慢性的なデフレがビットコインがその法定のライヴァルたちにとってかわることを妨げるかもしれない

最も熱狂的なファンにとって、ビットコインは薬物の有益な代金支払い法以上のものだ。それはまた、消費者向け金融の多くを崩壊させうる技術的脅威でもある。しかし、それはカネなのだろうか?ハッカーにより大量の通貨が繰り返し消失させられるにもかかわらず、ビットコイン経済は成長し続けている。流通しているビットコインの総価額は、1年前にはたった4.9億ドルだったのが79億ドルに増えており、日々の取引量はほぼ60%増えている。もしビットコインがお金っぽさでドルやユーロと張り合うことを望むのならば、それはマスターカード狂以上のものになる必要があるだろう。

経済学者は、カネとは3つの主要な機能で働くものだと説明する。それは、モノやサーヴィスと信頼して交換できる「交換手段」でなければならない。それは安定して価値を蓄えることができなければならず、それにより利用者は多かれ少なかれ購買力を損なわずそのいくらかをしまいこみあとから使うことができるようになる。そしてそれは計算単位として機能しなければならない。ある経済における価値を測るための統計的な尺度だ。アメリカのドルはその3つにすべてあてはまる。ビットコインはもう少し進まなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

隠された一面 - ビットコインの将来

3月
21

いかにしてその暗号通貨はカネにおけるインターネットになりえたのか

父親はその子供の葬式に間に合った。もし最近の報道を信じるのならば、それがビットコインの地での哀れな状態のようだろう。3月6日にニューズウィーク誌は、ビットコインの隠遁中の創造者であるサトシ・ナカモトを見つけ出したと報じた。そして3月11日に、現在の価格で4.9億ドル相当の顧客のビットコインを失うまでその通貨の取引を長く支配していた日本のオンライン取引所のMt Goxは、今度はアメリカで再び破産により財産保全された。

実際には、事態は少し違っている。ニューズウィーク誌がビットコインの父だとしたドリアン・サトシ・ナカモトはそのサトシではないとの証拠が増えている。より重要なことに、ビットコインの最善の日々は、完全に一人前の通貨としてではないにしても、今度は金融革新のプラットフォームとして、依然として先にあるかもしれない。インターネットがデジタルサーヴィスの基礎であるように、ビットコインの裏にある技術は、人々が所有し支払うための方法の革命を助けうる。見れば新しいプラットフォームかどうかわかるますます増えるヴェンチャーキャピタリストを含んだ、すべての種類のオタクたちは興奮している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

噛みつかれた - ビットコイン

2月
14

暗号通貨の王様にとって荒れた週

チャーリー・シュレムは、1月26日のマイアミでのビットコイン熱狂者の集まりで、メインの話し手だった。次の日、彼は違法薬物のオンラインの市場であるシルクロードの店に100万ドル相当のその仮想通貨を提供しようと企んだとして逮捕され告発された後で、それほど歓迎されない見出しを飾った。シルクロードは去年閉鎖された。その創業者だと言われるロス・ウルブリヒトは、それから起訴されている。いま、犯罪取り締まり人は、顧客がそのような闇市場で跡を追うことができる古い経済の通貨を匿名に近い仮想のものに交換することをできるようにする交換所に、その注意を向けている。

シュレム氏の逮捕は、ビットコインのファンに衝撃を与えた。その24歳の男は、その通貨のもっとも雄弁な提唱者の一人で、暗い側とつながりを持っていないとみなされていた。彼の交換所、ビットインスタントは、フェイスブックが自分たちの考えだと主張するインターネット事業家ウィンクルヴォス兄弟から金融支援を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

圧力にさらされるビットコイン - ビットコイン

12月
07

仮想通貨:それは数学的に優美で、ますます人気があり、かなり議論を呼んでいる。ビットコインの成功はそれを増大する緊張下においている

全ての通貨は、ある程度の合意による幻想を伴うが、仮想通貨制度のビットコインはその最たるものだ。それは、本質的価値を持たないデジタル代用貨幣に基づいた、中央銀行を持たないP2Pの通貨だ。中央当局の信頼に頼るよりもむしろ、それはその通貨の利用者によって暗号的に確認され合同で維持される取引帳簿に基づいた信頼の分配制度に依っている。取引は、信頼される第3者やほかのどんな仲介者の必要もなくほとんどコストなしでそのシステムの参加者間で直接起こることができ、ひとたび恒久的で完全に公開された記録に託されたら取り消しできない。保証はされないが、匿名性は適切な予防策と道具を使って可能となる。ビットコインがオタク、リバタリアン、薬物取引業者、投機家、金本位制主義者の間にそれほど訴えたのは何の不思議もない。

ビットコインは、金融危機のさなかの2008年に、中本哲史というペンネームで発表された論文とともに始まった。その論文中で概説された技術的設計は、次の年にオープンソースのソフトで実行された。それは、2012年に広く有名になり、それ以来見出しを飾っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ビットコイン・バブル - デジタル通貨

12月
07

それは過大評価されているように見えるが、たとえこのデジタル通貨が崩壊しても、他のものが後に続くだろう

ビットコインが盛り上がっている。中央銀行ではなく、自発的参加者のコンピューターネットワーク上で走る暗号ソフトウェアによって存在するようになるデジタル通貨に、投資家たちはのめりこんでいる。今週、ビットコインの価格は、1月に15ドル以下だったものが1,000ドル以上に上がった。

リバタリアン、金本位制主義者、薬物取引業者に長い間好まれて、ビットコインはいくらかの驚くべき新たな愛好者を惹きつけている。ドイツはそれを「口座の単位」として認識している。連邦準備銀行議長のベン・バーナンキは、仮想通貨についての上院委員会に、その考えが「長期的な見通しを持つかもしれない」と語った。ビットコインでの支払いを受け付ける店や企業は少数だが増えている。仲介業者なしに利用者間で直接資金のやり取りができるのでそれを好むものもいる。匿名の資金移動の潜在性や、ビットコインの流通量に固定上限があり、そのために中央銀行が流通量を増やすことによってその価値を膨らませるようなやり方ができないという事実に惹きつけられる人もいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自由を取る - デジタルマネー

8月
11

仮想の資金洗浄家の生活は難しくなっている

ニューヨークでリバティ・リザーヴ(LR)と現在と過去のその7人の従業員に対して起こされた刑事告訴は、デジタル通貨の世界を揺らしている。被告は、クレジットカード偽造者、ID泥棒、ハッカー、薬物密売者のための「サイバー犯罪世界の金融ハブ」として活動したと申し立てられた、資金洗浄活動をしたとして罪に問われる。当局は、2006年から2013年の5月の間にLRが5,500万の取引を行い、60億ドルを洗浄したと推計する。それは、国境を越えた資金洗浄の歴史で最大の事例になる。

LRのウェブサイトが閉鎖され、規制者が仮想通貨は反資金洗浄ルールにより精を出して従うべきだと警告するので、サイバーに熱中するものたちは、どのデジタルマネー事業が次に賢察の視界に入るかについて謎を残されたままだ。違法薬物のオンライン市場であるシルクロードで広く使われる仮想通貨のお気に入りであるビットコインに注意が向くのは避けられない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

5月
20

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな正貨 - デジタル通貨

5月
12

規制者はビットコインのようなデジタル通貨の新形態に干渉しないようにすべきだ

小部族はしばしば独特の貨幣形態を使う。最近まで、西アフリカのアシャンティは、たぶんもっとも奇妙なものを持っていた。金属ディスク、石、または貝の便利さを避け、彼らは金属を使って、その部族の首長の王座を表す小さな椅子の形に、入念にかたどった。しかし、最新の流行の通過、ビットコインはさらに奇妙だ。2009年に発明されたこのコンピューター化された貨幣は、デジタルコードの列としてのみ存在するのだ。

ビットコイン族は、依然として小さなもので、主にコンピューターオタク、薬物取引業者、金本位制主義者、そしてリバタリアンからなっている。しかし、今年の初めの20ドル以下から今週のある時点の200ドル越えまで、ビットコインの価値の大きな変動により、その通貨はより広い注意を惹いている。その価格はまだ地面にぶつかっていないかもしれない。しかし、ビットコインに何が起ころうとも、それは、いかに広く受け入れられたデジタル通貨が有益になりうるかを示す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

匿名マネタリスト - ビットコイン

10月
23

壮大な破壊の後で、オンライン通貨が驚くべき復活を遂げている

「私に国の貨幣供給の管理をさせてくれ。そうすれば、私は誰がその法を作ろうと気にしない。」そういったのは、ロスチャイルド銀行王朝の創設者アムシェル・ロスチャイルドだった。彼は、まったく発行当局を持たないオンライン通貨のビットコインについてどう考えるだろう?去年の投機的なバブルと崩壊の後で帳消しになったが、そのオンラインの秘密通貨は、特にその法を周航する能力のおかげで、依然として強くなっている。

ビットコインは2009年にサトシ・ナコモト(中本哲史?)として知られる謎の人物によって考えだされた。それは、世界最初で、今のところたった一つの脱集権化されたオンライン通貨だ。中央銀行の代わりに、ビットコインは強力なPCを持った人が発行することができる。それは、極端に難しい数学的問題を解くことによってそれらを作ることができる。その問題は、ビットコインの全体としての供給があまりに早く増えることのないよう自動的に難しくなる。それらは、取引が暗号によって認証され、オンラインで取引される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Bitcoin

8月
02

Bitcoin (Wikipedia 2011/6/24現在)

Bitcoinは2009年にナカモトサトシによって創りだされたデジタル通貨だ。その名前は、その通貨を利用するために作られたオープンソースのソフトウェアと、そのソフトウェアを運用することによって作られたP2Pネットワークのどちらにも用いられる。

Bitcoinは、取引をたどるためにP2Pネットワークのノードの至る所に広がる分散型データベースを使って中央当局や発行者を避けている。Bitcoinはそれが持ち主によって1回だけ使われることや、それを持っているものだけが使えるといったことを確保する、基本的セキュリティ機能を提供するためにデジタル署名や仕事による試験(proof-of-work) を使っている。

BitcoinはしばしばBTCと短縮されるが、wallet fileの型でPC上に保存するか、または第三者のウォレット・サーヴィスに置いておくことができ、どちらの場合でも、Bitcoinはインターネットを通して、Bitcoinアドレスを持っている誰にでも送ることができる。P2Pの技術と中央管理の不在は、どんな公共機関(政府にしろ、それ以外にしろ)も、流通しているBitcoinの量を操作することを不可能にし、それ故にインフレを軽くすることができるという特徴を持つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Bitcoin を購読