バイエル

困難の世界 - 2013年リスク予測

2月
01

2013年の事業にとってどのリスクが一番大きく現れるのか?

トーマス・マンによる「魔法の山: The Magic Mountain」の中で、ある若いビジネスマンがスイスアルプスにあるダヴォスの療養所に患っているいとこを訪れる。そのビジネスマンは自身気分がすぐれなくなり始める。そのサナトリウムの持ち主でもあるそこの主治医は、彼に休むよう助言する。彼は最後には7年間果てしなくとどまる。

リスクについての報告を読むことは、ほとんど同じ効果を持ちうる。より多く読めば、より多くのリスクを見つけることができる。やがては神経の疲れで倒れる。今週、特に不安をもたらす説明の2冊が出版された。(今月ダヴォスで会った)世界経済フォーラム(WEF)による「グローバル・リスクス2013」と、コンサルタント会社のユーラシア・グループによる「トップ・リスクス2013」だ。

強いウイスキーを浴び、「慢性的労働市場不均衡」と「気候変動緩和の予期せぬ帰結」についてこれらのページをかき分けることは、にもかかわらず価値のあることだ。これらの報告は、より良い計画やよりはっきりとした考えによって避けられうる危険について警告を発するだけではない。それらはまた、ある男にとっての崖は別のものにとってのはしごであるというビジネスの基本法則のために、機会も示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
バイエル を購読