中央アフリカ共和国

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たなグレーゾーン - 中央アフリカ共和国

8月
22

アフリカの中心の別の国は、統治できなくなるのかもしれないのか?

長く困難を抱えた中央アフリカ共和国(CAR)は、その3月のクーデターがフランソワ・ボジゼ大統領の10年にわたる支配を終わらせた反乱軍の手におえない一団の下で、危機により深く流れ込んでいる。反乱軍連合のセレカは、その高官の中の意見の相違で苦闘しており、人権を重大に侵害しており、クリスチャンとムスリムとの間の緊張が持ち上がっている。人道グループは、移行の監督と支援を助けるために、よりしっかりした国際的介入を要求している。しかし、西側政府がほかの所に携わり、アフリカ連合は自分自身でCARに取り組むことに慎重なので、混乱は持続しそうだ。

去年の12月に始まった迅速な攻勢で、現地の言葉サンゴ語で「連合」を意味する党派の寄せ集めのセレカは、首都バンギの入り口に達した。それは、ボジゼ氏が2007と08年に結ばれた和平協定の条件を破っているとして非難した。1月に、近くのガボンの首都リーブルヴィルで、クーデターを防ぐための最後の努力として、3年の権力分立協定が合意された。しかし、ボジゼ氏はそれを真剣に受け取ることを拒絶した。これが、3月24日にセレカがバンギを乗っ取るのを促し、関わらずに監視するよう想定された南アフリカ軍を13人殺した。ボジゼ氏は逃れた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ぐらつく協定 - 中央アフリカ共和国

3月
07

大統領と反乱軍との平和協定は長く続かないかもしれない

ほんのひと月前、数週間で中央アフリカ共和国のほとんどを席巻した反乱軍は、首都のバンギを落とすところで、フランソワ・ボジゼ大統領を転覆するとみられていた。今、いくつかの隣国と南アフリカからの軍隊の土壇場の介入のおかげで、ボジゼ氏は今のところ反乱軍からの代表を含んだ全国統一政府を作ることに合意して、頑張ることができている。協定の一部として、彼はその任期が2016年に終わった時、やめることに合意している。しかし、誰も平和がそれまで続くとは信じていない。

セレカ(現地語のサンゴで「同盟」を意味する)と呼ばれる派閥のごった煮の反乱軍は、ボジゼ氏が、政府を分け合いその軍を国軍に統合すると約束した2007年と08年の平和協定の条件を破ったと非難して12月初めに攻撃を開始した。その同盟は、その戦士たちがバンギから車で北東に1時間の所にあるダマラの町の郊外で止まるまでに、事実上その国の北部、中部、東部の主要都市のほとんどを占領した。

地域の指導者とアフリカ連合からの圧力にさらされて、交渉は近くのガボンの首都リーブルヴィルで行われ、土壇場の妥協につながった。反対派の指導者ニコラ・ティンガエは首相になり、反乱軍と野党や市民社会の代表を含んだ32人の厄介な内閣を率いる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

崖っぷち - 中央アフリカ共和国

1月
09

アフリカで最も悲惨な国の一つは、かつてないほど不安定なようだ

間違いなくアフリカで最も貧しい国である中央アフリカ共和国〈CAR〉は、今にも反乱軍に乗っ取られるところだ。北で始まった作戦の1か月後に、彼らは国中の一連の町をとり、首都のバンギから1時間の所にあるダマラでその進軍を止めている。CARの包囲された大統領フランソワ・ボジゼは、近くのガボンの首都であるリーブルヴィルでの反乱軍との交渉に参加するかどうか考えている。その考えは、選挙を保留して全国統一暫定政権を作り出すことだろう。反乱軍は、交渉の前提として彼の辞職を要求している。アフリカ連合はボジゼ氏とCARに息つく場所を与えるという妥協を勧めている。アフリカの外ではほとんどの人がかまっていない。

終わりなくクーデターや反乱によって打ちのめされている内陸のCARは、1960年にフランスから独立して以来悪政が続いている。集合的にセレカ(地元の言葉サンゴ語で「同盟」を意味する)として知られるバラバラのごった煮である反乱軍は、ボジゼ氏が、それによって反乱軍が政府に参加しその軍隊を国軍に統合するはずだった2007年と2008年の平和協定の条件を破ったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
中央アフリカ共和国 を購読