ピアソン

脳が売れる - 神経科学を商業化する

10月
17

認知訓練は、科学者たちの疑いにもかかわらず、金の卵かもしれない

「我々の主要な目的は、利用者が訓練でき、精神的に強くあり続けることができる事務として我々を見ることだ。」ルモス・ラブスの創業者で主任科学者のマイケル・スキャンロンは語る。月に14.95ドルで、その会社のウェブサイト、ルモシティの購読者は、彼らの認知力を改善するよう設計されたオンラインゲームを選んで遊ぶ。もし画像が前のものと同じならば遊ぶ人がチェックする「スピード・マッチ」、マトリックス上のどの四角が陰になったかを覚える必要がある「メモリー・マトリックス」、そして算数問題を含んだ雨粒が地面に落ちる前にそれらを解く「レインドロップス」らを含んだ約40の訓練が利用できる。いかにうまく利用者がやるかによって、その利用者に毎日適切な難度の脳の訓練が与えられるよう、パズルは変わる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

オンライン語学者 - 語学教育企業

1月
10

技術が語学教育を変え始めている

記者のひどい中国語をただす先生は、物腰柔らかな、信ずべき、そして遠く離れたところにいる人だ。スカイプのおかげで、椅子から動くことなく多かれ少なかれどんな言語のネイティヴ話者とも面と向かっての授業が受けられる。技術はいつか語学学習を余計なものにするかもしれず、一方簡単にもする。

語学教育会社はゆっくりと技術を取り入れている。ベルリッツが最大のものだ。1878年に設立されたその方法は単純だ。生徒の母語を一言も発することのない先生の素で、4,5人を超えることのない生徒を教えることだ。ベルリッツはまた、学習者を特別な必要に合わせてグループ化する。例えば観光客やエネルギーの重役だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ピアソン を購読