ブルガリア

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

美しきゲームへようこそ - サッカーへの悪者のガイド

9月
18

サッカークラブは簡単に泥棒機械として使われうる。これが手引書だ。物語は本物だが、ほとんどの詳細は隠されている

新しいサッカーシーズンが近づき、それとともに新しい選手、高価すぎるレプリカ商品、そして不快なクラブ所有者もだ。もしあなたがその一人ならば、あなたが自分の評判だけをきれいにしており、慈善のスポーツバカがそうすることに大金を失う意思を持つとほとんどの観察者は間違って推測するだろう。それは親切すぎる。あなたの新しい資産は、あなたの汚いカネを洗うのに役立つだけではない。それはさらにカネを稼ぎもするのだ。

サッカー道楽に入るにはよい時だ。銀行はそれほど気前がよくなく、融資について感傷的だ。税務官も、大きなグラスゴーのクラブレンジャースが発見したように、それほど寛大ではない。それは、税金の延滞によって破産を強いられ、そのあとで新しい所有者の下で再編成されている。しかし、厳しいときは、クラブが死に物狂いで、安くなっていることを意味する。多くの所有者がしているように、控えめな管轄で持ち株会社(またはその避難所)を立ち上げれば、あなたは自由になる資金洗浄と着服機械を持つ。当局はあなたを邪魔しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェールによってびっくりさせられる

9月
11

シェールガス革命はロシアの国家資本主義を狼狽させる

妖怪がロシアに付きまとっている。その妖怪はシェールガスだ。それは権力のサロンにしみこみ、ロシアの指導者たちとその取り巻きをひっくり返している。エネルギー会社は、ロシアの株式の価値の半分を占めており、ひとつの国に後押しされた会社ガスプロムがその国の輸出の10%を生み出している。ロシアの政治はまた、伝統的な石油とガスの上に建てられている。ウラジーミル・プーチンは、本質的にはロシアエネルギー会社の社長なのだ。合衆国で始まりいま世界中に広がっている頁岩層からの非在来ガス生産の革命は、ロシアの国家資本主義をその基礎から揺さぶっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

入ってくる - クロアチアの経済

7月
30

古い経済的心配を持った新しいEU加盟国

クロアチア中で多くの政党が計画されている。12年の退屈な仕事の後で、その国は7月1日にEUに参加する。外国の高官は、そのEUの28番目の加盟国のために祝杯を挙げ、花火を見るためにやってくる。1日後、大統領のイヴォ・ヨシポヴィッチは、その熱意を励ますために5つの非EU西バルカン諸国の大統領を迎える。問題は、ほとんどのクロアチア人がパーティーの雰囲気ではないということだ。

それはほとんど驚くべきことではない。2009年以来、その経済は引き締められるか停滞するかのどちらかだ。今年、GDPは0.3%縮小することが予想されている。2008年に、失業率は13.4%だった。今年、それは20%を越えそうだ。他の所と同じように、若年失業率が特に高い。不正は大問題のままだ。2008年に42億ユーロ(54億ドル)で頂点となった外国直接投資は、去年たったの6.24億ドルだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京はヨーロッパシフトを目指す - 中国の中東欧投資

11月
27

EUの新しい加盟国に言い寄ることは賢い投資だと証明するかもしれない

中東欧への中国の投資は、その他の新興市場へのものよりもずっと遅れていた。しかし、去年、北京は機会に目覚め始めたように見える。

ここ数か月で、中国は普通ではない「農産物融資」契約をウクライナと合意しており、その下ではキエフはメイズ供給の代わりに30億ドルの与信限度を受け取る。

今年、北ブルガリアのロヴェチのそばのバホヴィツァでEUでの最初の中国の自動車工場である長城自動車会社の工場で生産が始まった。それは、その地域でのより広い中国の自動車投資への道を切り開きうる試験計画だと広くみなされている。同月、中国は、リュウゴン機械が道路機械メーカーのフタ・スタロワ・ウォラを約1億ドルで買収することにより、ポーランドでこれまで最大の投資を完了した。

4月に中国首相の温家宝は、北京の求めで開催され、300人の中国人事業家を引き連れた、ワルシャワでの投資フォーラムの呼び物だった。14人ものその地域の首相と会い、温氏は、東ヨーロッパの社会資本と技術への合弁投資計画に100億ドルの特別与信限度枠と5億ドルの投資協力基金を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それは残念だ - 赤道ギニアとユネスコ

7月
31

ユネスコは悪口を言われる独裁者に提供された賞を与える

赤道ギニアの独裁者テオドロ・オビアング・ングエマは、本人は授賞式に出席しなかったが、彼が提供する科学調査へのユネスコの賞が、ついに手渡された。7月17日に、メキシコ、エジプト、南アフリカからの3人の科学者が、彼の金庫からそれぞれ10万ドルを受け取った。生命科学研究のためのユネスコ赤道ギニア国際賞は、もともと計画されたようには、もはや彼の名前を冠していない。しかし、国連の文化科学機関がその賞を進めるという決定に対しての怒りを抑えるのにはほとんど役に立っていない。

ユネスコは、2008年に最初300万ドルの賞を提案された。赤道ギニアの活動家と国際的人権団体からの圧力の下で、その役人たちは辞退した。しかし、今年の3月、ユネスコの理事会はそれを受け入れることを可決した。

その賞は強烈な困惑を惹き起こしている。ユネスコのブルガリア人の事務局長イリナ・ボコヴァは、その問題についてほとんど選択肢はなかった。その機関の構造では、彼女はその理事会の決定を実行することを強いられる、と彼女は語る。彼女は授賞式にも出席しなかった。しかし、その委員会で大きな投票ブロックを形成しているすべてのアフリカ諸国は、結束の感覚から、彼らの有毒な隣人の後ろで団結した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ブルガリア を購読