シルヴィオ・ベルルスコーニ

仲間たちと議会

11月
02

産業人たちが政府であまりに影響力を持つようになっている

1994年に、イタリア人たちは、硬化した経済を生き返らせるために事業家としてのその技能を使うことができると望んで、シルヴィオ・ベルルスコーニに投票した。彼は、何もないところから、不動産とメディアの帝国を打ち立てた。彼は、その国の偉大なサッカークラブの一つA.C.ミランを再活性化した。彼は確かに、腐敗した政治家と内向きな官僚たちの古い番人よりも、その国を運営するのにより良い仕事をしただろうか?そう、「記念碑を探し求めるのならば、周りを見るとよい。」ベルルスコーニ氏は2001-11年の10年間で8年間イタリアの首相だった。その間、イタリアの一人当たりGDPは4%下がり、そのGDPに対する債務の割合は109%から120%に上がり、税金はGDPの41.2%から43.4%に上がり、その生産性は停滞した。その事業技能をイタリア経済の復活のために使うよりもむしろ、ベルルスコーニ氏はその政治的技能を彼の事業利益を守るために使ったのだ。

その偉大な人たらしは極端な例だ。そして、運が良ければ、イタリアの長いベルルスコーニを主題にした悪夢は終わりに近づいている。しかし、権力と事業の連合という、ベルルスコーニ氏のイタリアの中心にある問題は、世界中で増している心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遠すぎる橋? - 遺跡保護

4月
14

 

会社はイタリアのバラバラになった宝物を生き返らせる役に立ちたいと思っている―高い値段で

有名なポーランド人映画監督ロマン・ポランスキが2007年に(今は行き詰っている紀元79年のヴェスヴィオ山の噴火についての大予算の叙事詩であ る)映画ポンペイを作る契約を結んだ時、ポンペイ遺跡の母国であるイタリアは、撮影のための彼の一番の選択肢だった。しかし、そのプロダクションは、現実 的なイタリア人役人が例によって映画クルーが考古学遺跡を踏みにじることに反対し、スペイン政府がイタリアに安いオファーで勝ったために、最後にはスペイ ンに移った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

トラブルを抱える別の問題

5月
05

最初はユーロ、そしてシェンゲン。ヨーロッパの壮大な統合計画は傷ついているようだ

多くのヨーロッパ人にとって旅行をするときに統合の利益は最も明らかになる。多くの国境では、仕事であれ娯楽であれ、為替やパスポート提示はもはや必要ではない。しかし、両方の大きな統合計画は脅かされている。金融危機や国債危機はユーロを危険にさらし、今ではアラブの春が何千人もの北アフリカのボート難民をもたらし、シェンゲンの国境のない地域の土台を揺るがしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
シルヴィオ・ベルルスコーニ を購読