ニコラ・サルコジ

売春をして - フランスと売春

7月
24

新しい政府はもっとも古い職業を廃止したいと思っている

初心者にとって、森の中の道路のわきに閃いている地面の上の棒に結び付けられたみすぼらしい青いビニール袋は、単なるゴミかもしれない。しかし、木の下にいる女性のその太ももまである白いブーツときついショーツは、何か違うことをあらわしている。売春はパリの高級な部分から追われているので、女性たちはその取引を他の所で営んでいる。首都の外の森から、繁栄する事業が歩道で広く昼間に始まり夜遅くまで続くかなり移民の多い18区のバルベス大通りに至るまで広がっているのだ。

先月社会主義者の女性大臣ナジャット・ヴァロー=ベルカセムは、その取引を全部禁止したいと宣言して、騒ぎの原因となった。「問題は、(答えがイエスである)我々が売春を禁止したいかということではなく、いかにしてそれをする手段を自分たち自身に与えるか、だ。」と彼女は言った。1年前、国会は、フランスの「廃止主義者」の見方とその「売春なき社会」を作り出す欲望を再確認する決議を可決した。売春それ自身は違法ではないが、売春宿は、客引きや(3月にドミニク・ストラス=カーンにかけられた罪である)売春あっせんのように、違法だ。今、その大臣は顧客も同様に犯罪化するというより厳しい考えを提起している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

予期せぬ利益 - ソマリアの危機

8月
17

イスラム民兵はモガディシュから引き上げているが、戦い続けることを断言する

それはアフリカ連合(AU)軍の勝利だった。4年の間、彼らは弱い移行期の政府と同盟しているソマリ人の兵士たちの助けを得て、首都のモガディシュ を支配しようを競っていた。8月5日に彼らはそれを成し遂げた。彼らの強力な攻撃は、アル=カーイダにつながっているシャバブ民兵の陣地を取り囲んで脅か した。先月、それは多くの陣地を失った。夜を隠れ蓑にし、それはトラックに乗って破壊された海辺の地区から引き揚げた。モガディシュの中心のバカラ市場は 聖戦士民兵から自由になり、商人はよりのびのびできる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

トラブルを抱える別の問題

5月
05

最初はユーロ、そしてシェンゲン。ヨーロッパの壮大な統合計画は傷ついているようだ

多くのヨーロッパ人にとって旅行をするときに統合の利益は最も明らかになる。多くの国境では、仕事であれ娯楽であれ、為替やパスポート提示はもはや必要ではない。しかし、両方の大きな統合計画は脅かされている。金融危機や国債危機はユーロを危険にさらし、今ではアラブの春が何千人もの北アフリカのボート難民をもたらし、シェンゲンの国境のない地域の土台を揺るがしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ニコラ・サルコジ を購読