アングロ・アイリッシュ銀行

ティーショク(アイルランド首相)の頓挫 - アイルランド

9月
14

景気後退が戻ってきて、銀行員の悪事が発覚する

アイルランドの首相エンダ・ケニーにとって、銀行員たちの会話の録音が漏れたことほど、イライラさせる時間になったことはほとんどないだろう。6月30日にケニー氏の政府は6か月のEUの持ち回り議長国を終え、その間にEUは予算を仕上げた。そのうまく行った仕事は、アイルランドがヨーロッパで失った権威をいくらか回復するのを助けただろう。

悲しいことに、ケニー氏の成果は、納税者の費用に関わらず破綻した機関を前の政府が救うことを確かめるようアングロ・アイリッシュ銀行の役員が企んだ5年前のテープの暴露によって、影が薄くなった。アングロのテープの調子と中身についての大衆の抗議が起こった。アイリッシュ・インディペンデントに掲載されたその抜粋は、2008年9月に世界的金融危機が展開し、アングロが巨大な預金流出を食い止めるのに苦労していた時の、銀行の役員の間での電話の会話を物語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケルトの変容

1月
29

アイルランドは緊縮を通しての調整のモデルなのか?

「お祝いが待ちきれない。」ダブリン空港のポスターは、花火でばか騒ぎする人々の写真で宣言する。1年間続くお祭りといい気分にするイヴェントである「ギャザリング」は、アイルランド系海外居住者を祖国アイルランドに引き戻すという意味を持つ。これをさげすんで、感傷的な外国人から金を搾り取るための単なる策略だとみるものもいる。より強い批判は、アイルランド系は再び散らばっているというものだ。その経済的苦悩に対するアイルランドの伝統的反応である移民は、再開し、加速すらしている。

バラードはずっと別れの悲しみを喚起している。「多くの20歳の若者たちがさよならを言った。」1960年代にダブリナーズは歌った。1980年まで、典型的な移民は貧しい労働力だけではなく、不満を持った卒業生でもあった。それから、「ケルトの虎」の日々の経済的好況がその呪いを壊すように見えた。若い男女は母国で給料の良い仕事を得ることができた。アイルランドは外国に出て行った人の何人かを引き戻しており、外国で獲得したその技術とネットワークが好況を加速している。初めて、アイルランドは、特に東ヨーロッパから多くの外国人労働者を惹きつけている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より良いが脆弱だ - アイルランド経済

1月
18

外国投資を惹きつけるアイルランドの成功は、その欠点を持っている

2012年が落ち着きの感覚がユーロ圏金融市場に戻った年だったなら、2013年はヨーロッパが緊縮と改革のレシピがうまくいくかどうか示す必要がある時だろう。それへの強い証拠は、救済された国が再び自力で金融をできるようになるかどうかということだろう。だから、2010年にその救済計画に入り、2013年の終わりまでに債券市場に完全に戻ると予定されているアイルランドに望みがかけられている。

市場は、それができうるとの信号を出しているように見える。2020年に満期を迎えるアイルランド政府債の利回りは、2012年の始まりに8.5%だったものがその年の終わりには4.5%まで下がった。回復したアイルランド債券への需要により、政府は2012年に部分的に債券市場に戻ることができた。アイルランドの債券管理機関は、2013年に債券発行によって100億ユーロ(132億ドル)を調達する計画を立てている。それにより政府には190億ユーロの現金が残り、2014年のその必要を満たすのに十分な額となる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アングロ・アイリッシュ銀行 を購読