欧州委員会

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェールによってびっくりさせられる

9月
11

シェールガス革命はロシアの国家資本主義を狼狽させる

妖怪がロシアに付きまとっている。その妖怪はシェールガスだ。それは権力のサロンにしみこみ、ロシアの指導者たちとその取り巻きをひっくり返している。エネルギー会社は、ロシアの株式の価値の半分を占めており、ひとつの国に後押しされた会社ガスプロムがその国の輸出の10%を生み出している。ロシアの政治はまた、伝統的な石油とガスの上に建てられている。ウラジーミル・プーチンは、本質的にはロシアエネルギー会社の社長なのだ。合衆国で始まりいま世界中に広がっている頁岩層からの非在来ガス生産の革命は、ロシアの国家資本主義をその基礎から揺さぶっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フランスの独自性

8月
22

大西洋横断自由貿易協定は、映画製作者への補助金に対して必要なく停止を命ずる

ベレニス・ベジョは、サイレント映画時代についての受賞映画『アーティスト』の中で、まったく言葉を発することなしにスターダムに上がった。しかし、今週、欧州議会で、彼女はアメリカとの大西洋横断自由貿易圏の計画に反対する声だった。ヨーロッパの映画製作者は、ブリュッセルが幾分かは彼らをハリウッドとの競争から守る補助金と割り当てを許す文化的例外を諦めるのではないかと恐れる。フランスの公的資金がなければ、『アーティスト』は決して作られなかっただろう、とベジョ女史は宣言した。彼女は、文化的例外を失うことは「本を燃やし、博物館を閉鎖し、親指を切り、第1子を犠牲にし、ベルリンの壁を再建する」ようなものだろう、としたドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースからの手紙を読み聞かせた。

メロドラマは自然に人々を撮影することになる。より困らせるのは、フランスが始める前にその世界でもっとも野心的な貿易交渉を容易に殺そうとするように見える自殺的行為だ。音響映像サーヴィスが全部交渉から除外されなければ、今週末のルクセンブルグでの通商担当大臣会議で、欧州委員会がアメリカとの交渉を始める任務に拒否権を発動するだろう、とフランスは主張する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

排出権取引制度よ、安らかに眠れ? - 炭素取引

6月
02

ヨーロッパの炭素市場改革の失敗は、世界中に反響する

世界最大の炭素市場は、喫水線より下に穴が開いている。4月16日、欧州議会はヨーロッパの旗艦環境計画排出権取引制度(ETS)を支持する試みを拒絶する投票を行った。すでに低かった炭素価格は、急落した。現れている世界の炭素取引網とヨーロッパの気候政策全体は、沈むかもしれない。

ETSは長い間混乱している。2013-20年に約160億トンに相当する、または欧州連合の総炭素排出の許可が会社に割り当てられ、彼らの間で取引できるようにするのは、キャップアンドトレード方式だ。幾分かは景気後退によりその許可への産業需要が減っているために、そして幾分かはEUが初期段階であまりに多くの手当てを与えたために、炭素市場には巨大な過剰能力がある。その余剰は、15-20億トン、またはだいたい一年分の排出量だ。価格はすでに2011年のトン当たり20ユーロ(30ドル)から2013年初めにはトン当たり5ユーロに下がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それを蓄えろ - ヨーロッパの金融取引税

3月
18

取引税の計画は、取り下げられるべきだ

出しゃばりな立法についての泣き言をいう、変動利付抵当と数ある場所の中で特にアメリカに精通した銀行員を捕まえておくどんな考えも、一か八かやってみなければならない、そうだろ?間違いだ。2月14日に公表された金融取引税(FTT)への欧州委員会への提案は、悪い設計の名作だ。

フランス、ドイツ、イタリアを含んだ11の欧州連合加盟国のグループは、資本と負債の取引に0.1%の税を、そしてデリヴァティヴの取引に0.01%を課したいと思っている。これらの国々は、英国やルクセンブルグといった金融ハブを含んだほかのEU加盟国が反対しているので、彼らだけで進んでいる。

金融取引への税の考えは新しいものではない。英国は1694年以来株式購入に印紙税を課している。ノーベル賞受賞経済学者のジェームズ・トービンは1972年に外国為替取引への地球規模の税を提案した。金融取引の上の収入の小さな部分をすくい、その施しから大きく利益を得ている産業から納税者のために金を取り戻すという考えは、自然の正義の感じを持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歓迎されざるルネサンス - ヨーロッパの汚い秘密

1月
18

ヨーロッパのエネルギー政策は、すべてのありうる世界の中で最悪のものを届けている

石炭の生産と使用がアメリカで急落する一方で、ヨーロッパでは「我々はある種の石炭黄金時代を迎えている」と国際エネルギー機関のアニー=ソフィー・コルボーは語る。石炭からの発電量は、いくつかのヨーロッパ諸国では、年率換算で50%も上がっている。石炭は、ほかのどの化石燃料よりもキロワット時あたりで生み出される温室効果ガスが多くて、はるかに最も汚染のひどい電力源なので、これはヨーロッパの環境への熱望に対して物笑いの種になっている。どのようにこうなったのか?

物語はまたアメリカのシェールガスから始まる。アメリカの電力会社がガスにシフトするにつれ、アメリカの石炭採掘業者は新たな市場を探さなければならなかった。彼らは、中国の石炭需要が減速し世界の石炭価格を下げた時に、そうした。2011年8月から2012年の8月の間に石炭価格が1/3下がり、トン当たり100ドルを切った。これらの価格によりヨーロッパの電力会社は石炭を買いたがるようになった。そのアメリカからの石炭購入は2012年の上半期に1/3増えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブリュッセルからの嵐 - トービン税と監査改革

10月
10
ヨーロッパ委員会は忙しくなる
 
ヨーロッパ人は、場合によっては自分たちを目覚めさせられることができる。今週欧州委員会から2つの構想が現れた。一つは監査専門家の改善で、もうひとつは金融取引税である。一つ目は投資家を守るためにはどうするのが最善かという事について、2つ目は政策立案者の優先順位についての真剣な疑問を引き起こす。
 
監査から見てみる。EU単一市場についての総合理事会から漏れてくる提案は、責任者の委員長であるミシェル・バルニエが、その業界が上から下まで改革が必要だと考えていることを示唆している。その提案は(これがそれを弱めるのかについての証拠は乏しいのだが)顧客にたびたび監査人を変えるよう強制し、実務家やボスがあまりに慣れ合わないようにすることを考察している。それはまた、特に重要な会社には2つの監査人が一緒に働くことを望んでいる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

トラブルを抱える別の問題

5月
05

最初はユーロ、そしてシェンゲン。ヨーロッパの壮大な統合計画は傷ついているようだ

多くのヨーロッパ人にとって旅行をするときに統合の利益は最も明らかになる。多くの国境では、仕事であれ娯楽であれ、為替やパスポート提示はもはや必要ではない。しかし、両方の大きな統合計画は脅かされている。金融危機や国債危機はユーロを危険にさらし、今ではアラブの春が何千人もの北アフリカのボート難民をもたらし、シェンゲンの国境のない地域の土台を揺るがしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
欧州委員会 を購読