都市開発

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農場に膝まづく - サン・ホアキン渓谷

10月
06

カリフォルニアの回復は、その中心地の慢性的な問題をなおしてはいない

ロサンゼルスのビーチと魅力やシリコンヴァレーの技術的革新から一般的に想像されるカリフォルニアから離れたところに、東と西の山脈に包まれた主に農業の平地の450マイルの広がりのセントラル・ヴァレーがある。その渓谷の地理的隔絶は、別の形の切断を生んでいる。ここでは、あなたはカントリー音楽を聴き共和党に投票するといった、事実上その州の他の所では絶滅した習慣に直面する。

しかし、この孤立はとても立派なものとは言えない。2011年のあるカリフォルニアの人間開発報告は、セントラル・ヴァレーのもっとも人口稠密な部分であるサン・ホアキン渓谷に、西ヴァージニアとほぼ同じ得点を与えた。平均寿命は低く、犯罪率は高く、そして(改善しているにしろ)空気はひどい。シンクタンクのミルケン研究所による2010年の報告は、その国で教育を受けていない都市10のうち、3つのサン・ホアキン渓谷の町を見つけた。そして、長くその渓谷を悩ませる失業は、そこを掴み続けている。地元の人たちは外部者に彼らが「西のアパラチア」に住んでいるといわれるのを嫌うが、同じ口でそれが本当だと認める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

市長と富

9月
18

町の指導者たちはますます事業手法を採用し事業を促進している

ニューヨーク市長は、することほぼすべてに事業への尊敬を払う。彼の執務室は取引場の「ブルペン」をモデルにしている。彼の行政は(例えば24時間の公的電話相談を供給すると言った)町のサーヴィスから長期的計画まで、すべてを改善するために事業手法を使う。彼は、ニューヨークを会社として、市の職員を人材として、そして市民を顧客として見ており、だいたいニューヨーカーはそのために彼が好きだ。

マイケル・ブルームバーグは人気のある市長であるのと同様に、成功した事業家だ。しかし彼だけが、町のCEOとして自身を見なしているわけでは決してない。ますます多くの市長が、その仕事を、事業友好的な環境を促進し、その町を世界に売ることだとみている。ヒューストンの市長アニース・パーカーは、会社に「コンシェルジェ・サーヴィス」を提供していることについて自慢する。サンフランシスコ市長エド・リーは伝統的な商工会議所の補完として、技術商工会議所を作っている。ポートランド市長サム・アダムスは、その町の輸出を倍にする計画を持っている。ロサンゼルスの元市長アントニオ・ヴィーライゴーサは、彼の任期中の最大の後悔は、彼がその町をラテンアメリカやアジアに促進するのにより多くの時間を費やさなかったことだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地球規模の野望vs環境の懸念 - フランスの都市計画

8月
18

計画されたローランギャロスの拡大についてのけんか

全仏オープンの決勝進出者が6月8日と9日にそのクレーコートで対戦するとき、彼らはローランギャロス競技場の時代の終わりを目撃するかもしれない。そのグランドスラム大会を組織するフランステニス連盟(FFT)は、その場所を拡大することができるかどうかの裁判所裁定を待っている。しかし、その計画は大きな現地のけんかを巻き起こし、金持ちの現地の人々、環境活動家、職業スポーツ家、そしてパリを世界的な町にしたいと思っている人々の敵対する念願を露出している。

他のグランドスラムの会場は、すでに更新している。メルボルンとウィンブルドンは、それぞれセンターコートに開閉可能の屋根を持っている。全米オープンは、フラッシング・メドウズに巨大なアーサー・アッシュ競技場を持っている。その首都の地味な16区の縁にあるローランギャロスは、パリの入り口で魅力を放っているが、狭苦しい場所にある。1928年に建てられたそのセンターコートは、屋根がない。ラファエル・ナダルが勝った去年の決勝は、雨のために2日にわたって行われた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

水辺にて - 都市復興

8月
09

かつて荒廃していた南ボストンの一部は、革新のあふれる場所になっている

「70年代に子供だった頃、これは嫌なにおいがしていた。ボストン保全センターのジム・ルーニーは、その巨大なセンターがたつ南ボストンの水辺について話す。腐った卵の匂いがし、ものがそこら中に浮き、中が見えなかった。いやな水だった。」さらに、1,000エイクスまたは400ヘクタールのその地域は、高架の高速道路によって、町の他の部分から切り離されていた。そこには、貧弱な公共交通しかなく、道路はほとんどなかった。かつてそこは、(近くに住んでいた)「南部人」が港湾労働者として働いていた、鉄道ヤードとドックを自慢していた。しかし、海辺の仕事の多くは遠い昔に無くなった。軌道は、アスファルトの海に覆われた。倉庫は空になり、その場所は巨大な駐車場になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ダウンタウンの危険を減らす - 南アフリカ都市部の更新

1月
29

ある大きな町の最悪の地域での都市浄化

日差しが、54階をみすぼらしい基礎の状態でやめにした中が空洞名のブルータリズムの円柱型高層ビルである、アフリカで最も高い居住ビルの天空を通り抜ける。内装を見ると、映画の「ブレード・ランナー」を思い出させるSF的な感じを与える薄明かりがぞっとさせる。しかし、外向きの窓は息をのむようなきれいな見晴らしを提供し、南アフリカの商業首都であるヨハネスブルクで最高のものに数えられる。

ポンテ・シティはヨハネスブルクの中央部が好況に沸いた民族分離の時代の1975年に当時流行のヒルブロウ都心地区の端に開かれた時、上流の住所だった。野心的な開発業者は、ビルの中にインドアのスキースロープを作ることを計画していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
都市開発 を購読