スティーヴン・エリス

いい男たちはしばしば悪い - 南アフリカの歴史

2月
02

いかに陰謀の過去が現在に影響しているか

「外部の使命:亡命中のANC 1960-1990」 スティーヴン・エリス著 書評

“External Mission: The ANC in Exile, 1960-1990” By Stephen Ellis

行間から明らかに痛みを伴い明白な、亡命中のアフリカ民族会議(ANC)の、スティーヴン・エリスによる歴史の真のメッセージは、いかに陰謀の過去が現在の与党に影響しているかということだ。それは、なぜ今南アフリカを動かしている亡命中のANCの諜報部門長だったジェイコブ・ズマ大統領とその僚友たちが、意見の多様性と異議への寛容性がどんな機能するきちんとした民主主義の中心でなければならないかの概念を受け入れることがそれほど難しいと考えているかを説明しようとしているので、不快な読み物になっている。

エリス氏はアムステルダム自由大学でデスモンド・ツツについての講義を担当し、長い間ANCを批判的に見てきた。1990年代後半に、彼は、アパルトヘイト体制による複数の虐待を主に調査したが特にアンゴラ、タンザニア、ウガンダ、そしてザンビアでのそのゲリラキャンプでの亡命中に自国民に対してANCによって行われた人権侵害の調査には特に熱心ではなかった南アフリカの真実和解委員会の研究者だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スティーヴン・エリス を購読