アル=カーイダ

そのイスラム主義者たちは本当に追い詰められているのか? - ソマリアとそのシャバブ

9月
14

新しくてよりたたえられた大統領は、古い分断を埋めるのが難しいことを見つけている

ぱっと見ると、ソマリアの外国の支援を受けた政府はよくやっているように見える。過去2年間、それは、20年に及ぶ部族間紛争と断続的なイスラム主義者の支配の後で、アフリカ連合の平和維持部隊によるその国の主要都市の復興からの利益を得ている。そして、6月29日、その政府はソマリアの好戦的イスラム主義の祖父でアウェイズとしてよりよく知られるシェイク・ハッサン・ダヒールを監禁することによって、クーデターのようなものを摘み取った。その赤ひげの78歳は、徐々に力を失っているがあちこちで自爆テロによって依然として大混乱を引き起こすことができる、アル=カーイダにつながった運動であるシャバブの内紛の犠牲者かもしれない。

しかし、見た目は誤解させるかもしれない。大喝采で去年任命されたハッサン・シェイク・モハムド大統領は、彼の権威を分断化された国中に主張するために軍閥を雇っていることで非難されている。独立の専門家によって国連の安全保障理事会に提出される予定の報告は、その政府が第二の都市キスマヨに支配を得るために、敵対する民兵の指導者を使ったという。その報告は、西側政府から多額の資金を受け取っているモハムド氏が、中にはシャバブとつながっているものもいる「部族軍閥との互選」だと申し立てる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い兆し - ニジェールでの聖戦

9月
14

別の貧しいサハラ国家が、暴力的なイスラム主義者の攻撃にさらされている

2年以上にわたって、ニジェールは隣り合うリビア、マリ、そしてナイジェリアでの血なまぐさい紛争から守られていた。しかし、その国の最も危険な収監者の何人かを自由にすることになった脱獄に続く、最近のどちらも中央砂漠地域にあるアガデスの軍事基地とアーリットのフランスのウラン鉱山への自爆攻撃は、たぶん世界で最も貧しい国でのイスラム過激派の到来を知らせている。

聖戦士たちは、ニジェールの政府が彼らの仲間の反乱軍を隣のマリから追い出そうとするフランスが率いる作戦を支持した後で、その国を目標にした。ニジェールはアメリカとフランスから軍事支援を受けており、首都のニアメから無人機を運用できるようにしている。「我々は攻撃に備えていたが、この規模ではなかった。」現地の治安専門家モウサ・アクファーは語る。「我々は衝撃を受けた。これらは我々の歴史上最初の自爆攻撃だった。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

できるのならば、サハラを守れ - 国連とマリ

9月
12

西アフリカの一か所で追跡されて、過激派は近くのどこかに突然現れる。この記事はマリでの改善する絵を描く

フランス軍が今年の初めにマリの砂漠に黄褐色のブーツを踏み込んだとき、彼らはその西アフリカの国でひとつならず3つの問題に直面した。リビアの倉庫から略奪された武器の助けで、トゥアレグ分離主義者の同盟は、その国の北を支配していた。彼らに、アル=カーイダに結び付いた聖戦士たちが加わり、猛烈にイスラム主義者の国家を打ち立てることを決心していた。今のところ、マリ軍は、ある司令官のクーデター中にぼろぼろになっており、過去20年間にわたって多かれ少なかれ民主的だった政治制度の解体につながった。

6か月間がなんという違いをもたらしたことだろう。苦境の警告を無視して、フランス大統領フランソワ・オランドはその国を救うために4,000の兵士を急派した。彼らは素早く北部マリを保全し、多くがフランスの旧宗主国としての長い期間から知られていたほとんどの当面の問題に対処した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの角の苦闘 - ソマリアのシャバブ

8月
20

(書評)

ソマリアのアル=シャバブ:あるイスラム民兵集団の歴史と思想
Al-Shabab in Somalia: The History and Ideology of a Militant Islamist Group
By Stig Jarle Hansen. Oxford University Press

世界で最も危険な場所:無法国家ソマリアの内側
The World’s Most Dangerous Place: Inside the Outlaw State of Somalia
By James Fergusson. Da Capo Press

2005年に、40人弱のソマリ人がイスラム主義者のクラブを作り、間もなく自分たちをシャバブ(アラビア語で「若者」)と呼んだ。ひと世代にわたって混沌がソマリアに君臨し、軍事的支配者シアド・バーレが1991年に没落して以来、そこには本当の政府はなかった。しかし、1年以内かそこらで、シャバブは、いくらかの厳格な成功で秩序をもたらすことを求めたイスラム法廷の緩やかな連合の中で支配的な勢力になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ワゴンを取り囲む - 新疆の移住者

7月
29

民族闘争に悩まされる地域で、移民が支配的な村落の増加が緊張を増している

かつて南シルクロードと呼ばれたものに沿って、渦を巻く塵旋風と時折現れるねじれた気によって中断された特徴のない砂漠の風景を通って、何時間も運転すると、興味深い光景が最後には旅行者に立ちはだかる。まるで上海郊外のかけらが荒れ地の中に植えられているように、鮮やかな赤い屋根を持ったアパートの区画が次から次へと現れるのだ。続くのは、中国の極西の軍隊式の専門用語である入植地で、自身を38団と呼ぶ。それは、数年前までは砂以外には何もなかった場所にある、何千人もの人々の故郷だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中心は持続しているが、ただそれだけだ - ソマリア

6月
30

モガディシュの新政府はまだその気概を示していない

植民地時代の終わりに、ソマリアはサブサハラアフリカで民族的な意味では疑いなくもっとも同種の国だった。それに最も近いのは、たぶん4/5がツワナ族で平和で安定しているボツワナであり、そこから一つの大きな部族が居住しそれが運営する国は、小さな部族のごった煮よりもより安定する可能性があるという示唆を受ける人もいる。

しかしながら、ソマリアは、紛争、貧困、そして非統治の典型になった。しかし、その民族的同種性は誤解させる。同じく単一の言語と地域を分かち合っているけれども、それは500以上の部族と支族に別れており、それらは悪名高く気難しく競争的だ。これは、彼らのかなり遊牧民的な生活様式とあいまって、多くのソマリ人に中央政府の命令を受け入れることをひどく気が進まなくしている。

首都のモガディシュから本当の権威をふるった最後の男は、1991年に追放された軍事独裁者のシアド・バーレだった。彼の没落は20年にわたる内戦のきっかけだった。去年の9月に議会によって選ばれたその国の直近の大統領ハッサン・シェイク・モハムドは、民主的な方法を使う一方でよりよくできるのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦の言語 - イスラム過激主義

3月
17

イスラム過激派は、特にオンラインで、ますます多言語の房になっている

アラビア語は長い間イスラム過激派のゆるぎない言語だった。その話者はほかのどの言語集団のりもはるかに多い数がいる。アラブの地はもっとも成果の上がる求人場所だ。アラビア語なしでは、初心者は訓練キャンプや戦場で苦労するかもしれない。そして流暢さは信心深さを意味する。コーランの言語はまた、学びと知恵を含む。

しかし、かつて単一言語の世界だった聖戦は、ますます多言語になっている。アル=カーイダは長い間、自発的な独立したテロリスト組織を作り出すことを提唱している。素材は、ムスリム少数派やゆえに潜在的なシンパを持つ世界のどんな部分の言葉でも作られている、と暴力過激主義の専門家トーマス・ヘグハマーは語る。翻訳は、聖戦士の指導者たちが更なる活動をしたいと思っている国の言葉に表れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

2月
05

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

こだわれ、しかしいきづまるな - フランス、マリ、そしてアルジェリア

2月
03

フランソワ・オランド大統領は正しい呼びかけをしているが、身動きが取れなくなってはならない

マリは、災害が突然現れ国境を越えて毒をまき散らすと脅すまでは、その不運な住民を除いてはほとんど誰も多くを心配していない、かなりおさめやすい国の一つだ。1月16日に、マリの同志に同情を持つ聖戦士たちが、マリに隣接する最も離れた南部アルジェリアでガス田施設を急襲し、アメリカ、英国、フランス、そして日本を含んだ国々の40人もの外国人労働者を人質にとった時、それはまさにそれをした。これは、聖戦士たちの脅威が増加しているサハラ地域に関心を集中させている。

アルジェリアでの攻撃は、実際にはフランスによる勇敢な行動への反応だ。マリでは、ほぼ1年前にアル=カーイダにつながった反乱軍がその国の北半分を乗っ取って以来、悪い血が凝結している。それから、今月の初めに、聖戦士たちはさらに南に進み、首都のバマコを危うくしていた。それは、旧植民地領域に重心を傾けるのに慎重だったフランスの社会主義の大統領フランソワ・オランドに、マリの弱くて手に負えない政権を助けるために軍隊を送るよう促した。1月14日に、フランス軍はマリの兵士たちと並んで反乱軍がバマコに最も近付いているディアバリーの町を取り戻す行動に出た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アル=カーイダ を購読