疾病管理予防センター

うなずく知り合い - 無視された病気

2月
09

アフリカの二つのいやな子供の病気が科学的に調査されている

アフリカには、(AIDS、小児性下痢、マラリア、そして結核のような)あまりに多くの重大な病気があるので、それほど重要ではないものは簡単に無視される。しかし、これらの無視された病気は、苦しみと死の原因となり、そしてより細かく見れば、子供たちに影響するとき、成長する世代の人的資本を減らすことによって、その国の潜在力を食べつくす。

コンゾとうなずき病は、この階級の特にいやな奴らだ。どちらも神経性だ。そしてどちらも主に子供たちに影響する。しかし、それらはいま、検査することができ、悲しいことにすでに苦しんでいる人々の治療はできないが、検査をすれば予防の可能性はある。

南スーダンとウガンダで5,000-10,000人の子ともたちに影響しているうなずき病は、1960年代から似たようなものが南部タンザニアで知られていたが、2000年代初めに最初に気づかれた。コンゾはもっと古い。それは、当時ベルギー領コンゴ(現在のコンゴ民主共和国)で1938年に見つかった。それは、以来、中央アフリカの広い地域で散発的に起こるのが見られている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

招かざる - 西ナイルウイルス

9月
20

感染性の病気が外国から這いこんでいる

1999年に、ニューヨークのカラスが普通でない数で死に始めた。しかし、2羽のフラミンゴや1羽の鵜がブロンクス動物園で死んだことを含む、役人が犯人を見つけるためのさらなる手がかりのために数週間かかった。西ナイルウイルスがニューヨークを侵略したのだ。そのウイルスが西半球で記録されたのはそれが初めてだった。それ以来、西ナイルは毎夏繰り返されている。8月29日時点で、症例は1週間前よりも40%増え、1,590人に達し、うち66人が亡くなった。

蚊が、感染した鳥の血を吸った時に、そのウイルスを媒介する。それから、彼らの典型的な気前の良さで、彼らはそれを人に与える。80%は何の症状も見せない。残りは、発熱、吐き気、発疹するかもしれない。しかしながら、約150人に1人、脳炎といった深刻な病気に発展する。今年の勃発は、主にその規模で注目すべきもので、将来に同じような破壊を浴びせるという心配がある。ほぼ半分の症例はテキサスで、漠然とした聖書の中に出てくるような事件を知っている。その冬は温和で春と夏は暑かった。年間を通して、断続的に雨が降った。つまり、蚊にとって理想的な条件だったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

子供っぽいことを無視して - 十代の妊娠

8月
07

アメリカの十代妊娠率は40年来の低さになっている

テキサスは長い間、禁欲のみ運動の中心だった。2006-08学年度の間に990の学区で使われた学校教材に基づいた2009年のテキサス・フリーダム・ネットワーク(TFN)の報告は、禁欲以外の何らかの選択肢について教えようとしている学区はたった4%であることを見つけた。残りの多くは、避妊についての正しくない情報を中継するか、派手に恥をかかせたり恐れさせる戦術を始めている。性教育だけがたった一つの要素ではない。避妊へのアクセスも大きな懸念だ。テキサスは、その国で最大の10代妊娠率を持つ州の一つだ。

しかし、テキサスとその国中で事態は変わっている。疾病管理センター(CDC)の2012年6月の報告によると、1990-2008年の間で、10代妊娠率は、全国で40%下がったという。テキサスでも、その下落はほとんど同じくらいだった。それは、ここ40年以上で、全国的に最低記録水準だ。もし1991年の水準に出生率がとどまったのならば、1992年から2010年の間で10代にさらに340万の子供が生まれただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

30年戦争 - AIDS

6月
12

激しい攻撃により、AIDSを徐々に管理下に置いている

それは誕生日プレゼントではないが、それに近いものだった。5月12日、国際調査協力組織であるHIV予防の試みネットワーク(HPTN)は、そのもっとも重要な計画が、失敗したためではなく、成功したために終わりつつあると発表した。チャペルヒルのノースカロライナ大学のマイロン・コーエンに率いられた研究は、片方が感染し、もう片方は感染していない、ほとんどは通常のいくらかはゲイの、アフリカ・アジア・南北アフリカからの1,763組のカップルを見た。みんながセーフセックスを勧められ、無料のコンドームを与えられ、定期的なメディカルチェックを提供された。感染した方は、その人たちがAIDSの実際の症状を示しておらず、それゆえに普通はそのように扱われないとしても、反レトロウイルス薬を提供した。6年後、28の相互感染が確認され、一組だけが薬の処方を受けていたグループだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

AIDSの終わり?

6月
06

30年かかって、もし世界がそうするつもりならば、その病気はまるで今では克服できそうだ

1981年の6月5日、アメリカの疾病管理予防センターは、ロサンゼルスで異常な型の肺炎が発生したと報告した。数週間後、そこの科学者がカポジ肉 腫と呼ばれる珍しいガンの似たような一群がサンフランシスコに発生していることに気がついた時、彼らは何か奇妙で深刻なことが進行していると疑った。その 何かがAIDSだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
疾病管理予防センター を購読