世界保健機関

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ふくらみの戦い - ラテンアメリカの肥満

10月
02

ウエストラインが広がるにつれ、ジャンクフードとの戦いもそうなる

アステカやインカまでさかのぼる豊かな料理の伝統を持つ国々として、メキシコとペルーは現代の食料の流行への好みをかなり発展させている。メキシコ人はほかのどの国よりも発砲飲料をがぶ飲みする。ペルーは世界で最も高いファストフード店の密度を持っている。世界最大の果物輸出国の一つチリは、それを多く食べない。加工食品が平均的なチリ人の買い物かごの半分以上を占めているのだ。痩せたブラジルですらも、お菓子のジャンクフードの摂取は30年で5倍になっている。

全てのウエストラインが同じようにこの砂糖、塩、脂肪の集中にあっているわけではないが、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国をわたって、その傾向はマフィントップのように目立つ。国連機関の食糧農業機関は、その地域が発展途上世界で最も体重の重い地域になっているという。その脂肪の蔓延が始まった1990年と比べて、飢えを通してよりも過食を通して、いまラテンアメリカでは、はるかに多くの健康な生活の年月が失われている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生きることの費用 - インドのAIDS

8月
25

インドの全大人にHIVテストをすることは、生命と金のどちらも節約するだろう

命を持っているものにとって、それは値の付かないものだ。けれども、政策立案者はより現実的なやり方をしなければならない。それは特に、もし不公平だとしても、世界のより貧しい部分に当てはまる。当局が、公共の財布への他の要求とその価値が比較できるように、保健計画の費用効果を理解するのは重要だ。

これにいかに取り組むかは、公共科学図書館誌に掲載された、ブラウン大学のカーティク・ヴェンカテシュとイェールのジェシカ・ベッカーによる論文によって例証される。

ヴェンカテシュ博士とベッカー博士は、インド政府が、定期的にその国の人々にAIDSの原因となるウイルスのHIVの検査を、知らないうちにそれに感染した人を治療するために、することが良い考えかどうかを自身に尋ねた。短い答えは、できるのならばした方がよいだろう、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誘拐の恐れ - ナイジェリア

3月
20

外国企業はその社員を北部ナイジェリアに送るよう怖れるようになっているかもしれない

ナイジェリアのほとんどの外国人投資家は、利益がリスクや面倒を越えていると説明する。しかし、死に絶えるのを拒んでいるイスラム主義者反乱の上のほとばしり出る誘拐は、彼らがその国の北部に乗り出す前に再考させるかもしれない。2月16日に、アンサルと名乗るイスラム主義集団が、バウチ州のその集合住宅から、7人の外国人建設労働者を捕らえた。3日後、ナイジェリアの北東部の州ボルノからやってきたと疑われる別のイスラム民兵が、北カメルーンの国境をまたいで7人のフランス人家族を誘拐した。アンサルは、ヨーロッパ諸国がアフガニスタンやマリといった「アラーの地に対して犯罪と暴虐」を犯している、と語った。「ブラックアフリカのムスリムを守る前衛」の頭文字のアンサルは、去年だけで800人強の死に責任のある集団のボコ・ハラム(「西洋の教えは罪」)から別れたものかもしれない。アンサルは、イスラム主義者の好戦性の中心になっている北部の町のカノ周辺を拠点にしていると考えられている。それは公式にはボコ・ハラムから距離を取っているが、そのイデオロギーの多くを分かち合っている。しかしながら、それはアル=カーイダへの戦術でより近いかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

網の利益 - マラリアとの戦い

7月
23
マラリアへの世界的な攻撃は依然としてより多くの資金を必要としている
 
それは、東アフリカの沿岸の村ではどこにでもある光景だ。木や大きなやぶからつるされた蚊帳が、夜間の涼を見せかけたものを求めて、外で寝る家族を守っている。合成殺虫剤で処理されたその蚊帳は、蚊を追い払い、その表面に止まったものを殺す。世界保健機関(WHO)によれば、2010年の世界的な犠牲者は依然として衝撃的な65.5万人だが、蚊帳やほかの干渉物への資金の増加のおかげで、死亡率は2000年のレヴェルから26%下がっているという。とりわけその病気に対する国連の特使レイ・チャンバースによって促進された報告によると、新たな一押しは大きな収益をもたらすだろうという。しかし、資金調達はやりにくく、約束された結果に到達することは依然として難しい。
 
マラリアに対する最新の攻撃は、前例のないものだ。去年、WHOに基づき1998年に創設されたロール・バック・マラリア・パートナーシップ、2002年に設立された世界エイズ・結核・マラリア対策基金、そして2005年にジョージ・ブッシュによって設立された大統領マラリア・イニシアティブを含んだ組織の一群が、それと戦うために記録的な20億ドルを費やした。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

この国に医者はいるのか - 医療労働力

6月
15

医療労働者の供給を支えるために、彼らに仕事を見つけさせろ

サラヴジート・カウアーは毎年何百人もの看護師に会うが、彼女は彼らにあまりに近づきすぎるべきではないことを知っている。「もし彼らが1年を終了すれば、私は彼らについて幸福だ。」インドで最大の民間病院制度の一つで看護部長をするカウアー女史は語る。

世界保健機機関は1,000人に対して2.5人の医者と看護師、そして助産婦をつけることを推奨する。アメリカと英国は12人以上いる。インドは1.6人しかいない。世界が高齢化し、太るにつれ、医療労働者への競争はただ激化するだけだ。

豊かな世界では、大きさと性質によって不足は変わる。アメリカは機能障害の最善の例かもしれない。医者になるためには、大学での4年間を計算に入れずに最低7年を費やさなければならない。80%以上の卒業生は平均149,103ドルの債務を抱えて医学校を卒業する。それは医学のより儲かり専門化された科へ就く動機づけを強調し、例えば皮膚科医よりもあまり儲からず多く働かなければならない一次医療医の不足につながる。アメリカ医科大学協会は、まさに慢性病を管理しなければならないかもしれない型の医者である一次医療医が2020年に4.5万人不足すると予想する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ンゴジに敬意を表す - 世界銀行

4月
09
世界がバラク・オバマに実力主義の意味を示す黄金の機会だ
 
世界銀行からのエコノミストが金と助言を施すために貧しい国々を訪れるとき、彼らは繰り返し政府に身びいきを排し、最高の使える候補者にそれぞれの重要な仕事をやらせるよう教える。それはよい助言だ。世界銀行はそれを取り入れるべきだ。次の総裁の任命に際し、その銀行の総務会は、もっとも影響力のある出資者のアメリカの候補者を拒絶し、ナイジェリアのンゴジ・オコンジョ=イウェアラを選ぶべきだ。
 
世界銀行は、世界最高の開発機関だ。その総裁は政府での経済と金融での経験を必要とする(それは結局銀行なのだ)彼か彼女はまた、開発分野での広い経験を持っているべきだ。オコンジョ=イウェアラ女史は、これらの性質をすべて、そしてコロンビアのホセ・アントニオ・オカンポはいくらか持っている。バラク・オバマが押しているアメリカ人公衆衛生教授ジム・ヨン・キムは対照的に、せいぜい一つだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

熱い熱帯地方 - 忘れ去られた熱帯の病気

2月
13

世界で最も不快な病気は時期遅れの注意をひいている

世界的な保健運動は壮大な目標を好む。1月30日にビル・ゲイツは、世界保健機関(WHO)の長、13の製薬会社の重役たちなどと合流し、2020年までに10億人以上の人々を悩ます世界の10のもっとも不快な病気を撲滅するか管理することを約束した。メジナチュウ、睡眠病、(医者が住血吸虫病と呼ぶ)ビルハルツ住血吸虫、などが組織を腐らせたり、臓器を破損させたりする。たとえそれらは死に至らしめなくても、それらは子供たちの成長を妨げ、大人のエネルギーを奪う。

新たな努力は、困難を攻撃する勇敢な一揃いの野望としてやってきた。ミレニアム開発目標の一部として、世界の指導者たちは、2000年に、2015年までにHIV、マラリア、そして結核の被害を抑制することを約束した。それは散財をもたらした。貧困国の保健計画への寄付は2001年から08年の間に倍以上になった。マラリアの1/4以上下がった。しかし、経済危機がこぶしをきつくした。ワシントン大学のクリストファー・マーレイは2009年から11年の年間の支出伸び率はたったの4%だったと計算する。世界銀行からの資金を除いて、ほとんどが中所得国への融資だが、供与はほとんど伸びていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

世界保健機関 を購読