スペースX

軌道に乗ったオービタル - 民間宇宙旅行

6月
16

競争が天体トラック輸送業にやってくる

2012年5月25日、スペースXというあるカリフォルニア企業が、国際宇宙ステーション(ISS)への最初の民営の供給事業を行った。それは、そのような業務を民間部門に外注するというNASAの決定の証明だった。だが、潔癖屋は、何かが残っていると論ずることができるかもしれない。正しい市場には競争があるが、スペースXだけしかそれをすることができなかったのだ。

それは変わりそうかもしれない。4月21日に、ヴァージニアにあるNASAのワロップ飛行センターで、ヴァージニアのオービタル・サイエンスという別の会社によって作られた別のロケットが、何回かの遅れの後に、発射台から打ち上げられた。4月17日に試みられた発射は、データケーブルが離れて中止された。4月20日の別の挑戦は、強風のために中止しなければならなかった。けれども、今回は何もおかしなことはなかった。発射の数分後、そのアンタレスロケットは無事軌道に乗り、喝采と安堵のため息が漏れるのを促した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

秘密を守れますか? - 知的財産

4月
15

ある考えで特許を取るためには、それを公表しなければならない。多くの会社は秘密を好む

知的財産を守る議論を呼ぶやり方は、それで特許を取ることだ。これは、発明者にその考えについての法的保護を与える。もし他の人がそれを使いたいと思えば、彼らはそれに対して支払わなければならない。その欠点は、彼はその考えを公表しなければならないので、それほど法がしっかりしていない国でそれを盗むことを簡単にすることだ。

だから、たくさんの会社は、彼らの最も価値のある考えをラップに包んでいる。悲しいことに、それは確実でもないのだ。コンピューターセキュリティ会社のマンディアントから先月発表された報告が明らかにするように、ハッカーたちはずるく、中国は外国の秘密を守るためにたくさんのハッカーを雇っている。会社がどれだけの取引上の秘密を持っているか、またはそれにどれだけの価値があるのかは誰も知らない。顧客リストのようないくつかのものは、日々の営業の間に生み出される。特許は一般的にたった20年しか続かないので、秘密にされるものもある。もしコカコーラがその秘密のレシピで特許を取っていたら、それはその権利をとうの昔に失っていただろう。そしてそれはその神秘性をすぐに失っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙人へのスペクトル - 民間宇宙産業

4月
14

アメリカの通信規制者は、商業的ロケット技師に支援を与えることを狙う

アメリカの主たる通信監視機関の連邦通信委員会(FCC)は、地表から離れられない会社の間に音波を割り当てていたものだ。それはまた、衛星のいくつかへの周波数も監視している。今、それはさらに宇宙に向かっている。その委員長のジュリアス・ゲナチョウスキは、民間ロケット発射に使うことができる特別なラジオ周波数を作り出す計画を間もなく発表することが期待される。

この事業は今、離陸し始めている。そのドラゴン宇宙船が国際宇宙ステーションに再補給しているスペースXはすでに、そのファルコン9ロケットの5基の発射を準備している。そして来月、別のアメリカ企業オービタル・サイエンスが、そのアンタレスロケットの試験発射をする予定だ。民間宇宙産業が発展するにつれ、その支持者は、それが天空に宇宙飛行士からその遺物を宇宙に託したいと思う人々の灰まですべてを運ぶだろうことを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

軌道で膨らんだ - ふくらますことのできる宇宙船

2月
07

宇宙ステーションを作るのに巨大な風船を使う計画

国際宇宙ステーション(ISS)は、空の人類の別荘だ。すべてのそのような家と同じように、それは(1,500億ドルかかり、さらに増えている)ぜいたく品だ。そして、地球上の多くのほかの計画のように、所有者はそれを弄ぶのに抗することができない。1月16日に、NASAがISSが拡張されると発表したことは、その精神だった。これは、地球ではよくあることかもしれないように、温室でも屋根裏改装でもない。そうではなくて、それはBEAM(ビゲロー拡張可能活動モジュール)だ。

アメリカのホテル事業家で宇宙マニアのロバート・ビゲローは、宇宙ステーションが鉄ではなく織物で作られるべきだという考えを何年も押している。それは、それらが打ち上げの時に折りたたみ、軌道でふくらますことができることを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スペースX を購読